フォト

大会参加レポート

2017/11/30

11/26 爆笑ツインショック大会第三戦マカベ大会

00 斉藤さんのを拝借

本日は爆笑ツインショック大会に参加するためマカベトライアルランドへ。

天気は上々、気分はイマイチ?

というのも翌日と翌々日(月・火)に大切な仕事が入ってまして、ベッドに繋がれていても、這ってても取引現場に行かなくてはならない状況だったの。涙

そんなもんで、今まで以上に無理はしないように、欲を出さないように、するしかありません。

だったら、参加するな!と怒られそうですが、行かなきゃ行かないとモンモンとするわけでして、面倒なおやぢの心理状態です。汗

でもね、成績はともかく楽しい一日でした。来れば楽しいだよね。

02

大会主催者の坂野井さん、同伴していただいたH多さん、O月組長、ありがとうございました。

セクションは10個、そこを2ラップします。

セクションの難易度は、今までないくらい難物でして、5点の嵐。レベルで言えばNBレベル。

特にターンがタイトで、クラッチに頼るおやぢの走りには厳しいセクションでした。

表彰台クラスの人以外の順位は不明ですが、そのうちツインショックのHPにアップされるとおもいます。

そうそう、今回の参加者は最多で、77名。あまりの参加者の数に主催者は嬉しい悲鳴。表彰式はかなりトっ散らかってしました。これもご愛敬レベルですが。。。(笑)

https://youtu.be/NubVkLQX5bA

動画はこの日に参加したどなたかのものです。おやぢも身内も写ってませんが、参考まで。。。

03

こちらのマシンは同伴していただいたH多さんのブルタコ1974年式です。

ブレーキペダルとチェンジペダルが左右逆で、にわかには乗れたもんではありせん。

と、思ったら、結構乗れる。ただ、リアブレーキは鬼効きで、デリケートに踏めない左足では、身体だけ前にスッ飛んでいきそうでした。(笑)

次回は来年2月12日にフルーツ村だそうです。お楽しみに。

2017/10/03

10/1 代田村トライアルクラブ第3戦シライ大会

11

おやぢがメンバーになっている代田村トライアルクラブは年4回のコンペがありまして、本日3戦目の会場はシライオフロードパークです。

当番の101くんの張り切りで、メンバー参加12名に対して一般参加者が20名という、近代稀にみる盛況ぶり。
やっぱり人数は多い方が楽しいよね。

久々の大会で前夜はちょっと興奮気味、落ち着かせるために少々深酒をしてしまいました。
それでも目覚まし時計が鳴る前に起きたりして。。。(笑)

シライへは首都高速と常磐道谷和原ICで下りてから一般道ですが、2時間半はかかりますね。
途中、買い出しと減量をすれば+α。

12

現地には8時少し前に到着。まだ半分も来てなかったような。
そそくさを用意を済ませ、駐車場の近くにあった8secの下見を。。。
したところ、キャンバーターンの下りが怖い。
これって、クラシッククラス(ビギナークラス)といっしょ。ちょっと大変かも。
転倒したら下りの途中にある尖った岩が危険。
しかし、ここで転倒する人は居なかったようですが。。。

13

陽が上るにしたがい暑くなってきました。朝から汗まみれです。
こんなに暑くなるとは思わず、飲料水が控え目。む~ん

代田村のコンペは当番の人が班長になり、他の参加者を引率しながらのセクショントライになります。
おやぢの班は6名。
まぁ、それなりに腕に覚えのある方ばかりで、和気あいあい的な平和な班でした。幸

■□■□■□■□■□■□■□■□

01

1sec(0.1.0)
インがキャンバーの途中でそこから右キャンバーターン①、下って、左ターン、右キャンバーターンしてエンド。
①、アクセルを開け過ぎるとリアが滑って一巻の終わり。奈落の底へ。

■□■□■□■□■□■□■□■□

02

2sec(1.3.3)
インして岩の乗り、下って①、右ターン②、上ってデンガラデンガラ。右に下ってから左ターン③、斜面を上って、岩々を上ってエンド。
①、岩と岩の間を抜けるためステップを引っ掛けてしまいバランスを崩してしまう。
②、ギリギリでターンできるが、路面が荒れていて、かつ、上り斜面にフロントを通さなければならないためバランスを崩しやすい。
③、溝が深く、タイヤを取られるためにバランスを崩してしまう。

■□■□■□■□■□■□■□■□

03

3sec(1.5.3)
インして左ターンしつつデンガラデンガラ。岩を下りて右ターン。岩に乗り、①左ターンしてデンガラデンガラしてエンド。
①、ここから先はラインが数個あって迷う。迷っているうちに転倒しまてしまう始末。とほほ

■□■□■□■□■□■□■□■□

04

4sec(0.1.1)
インして岩に乗り右ターンして岩を下りる、左ターンしてステアケース。右ターンして丸太を越えた直後に左ターン①。
岩の斜面を上ってエンド。
①、滑る根っ子があって、ここでアクセルを開けてしまうとリアが滑ってバランスを崩してしまう。

■□■□■□■□■□■□■□■□

05

5sec(2.1.1) 個人的苦手セクション
インして右ターン、土の斜面を上り、左ターン。根っ子のステアケースを上り、右ターン。
土の斜面①を上ってエンド。
①、3ラップともここで足が出てしまったが、みなさんはクリーンしてます。しくしく

大会後に練習したら、クリーンでやんの!!チッ

■□■□■□■□■□■□■□■□

06

6sec(3.3.3) 本日のおいで難所セクション
インして岩に乗り、右ターン、岩に乗ってから左ターンしながら大岩の斜面を上り、ステアケースを上って、右ターンしてデンガラデンガラを下ってエンド。
どこもかしこも難所だらけ。下見の段階で『3点で出られれば良し』と判断。落ちたり、エンストしないように気を付ける。

■□■□■□■□■□■□■□■□

07

7sec(0.0.0)
インして四角い岩を越えて右ターン、左ターンしてステアケース。右ターンして大岩に乗ってエンド。

■□■□■□■□■□■□■□■□

08

8sec(5.0.1)
インして下り左ターン、右ターンして左キャンバーターン、下って①右ターンして岩を越えて②、デンガラデンガラ、左ターンして斜め大岩③を越えてエンド。
①、ここの下りが結構怖い。転倒したらただでは済まされない。
②、下りのため硬直した身体をほぐしてからでないと持っているパフォーマンスを発揮できない。
③、プレッシャーからか、アクセルが開かず、上り切れないか、右に落ちてしまう。

■□■□■□■□■□■□■□■□

減点38、クリーン7で32名中6位でした。(クラブ内では2位)
濃い人たちはココロのマーカーを置いて遊んでいたので、当てにならない順位ですが。。。

14

セクションの難易度は関東戦NBくらいでしょうか?

最終のGP戦は12月17日です。場所は道志の森キャンプ場です。
興味のある方はおやぢに声をかけてください。
よろしくお願いします。

15

16

2017/06/28

6/25 代田村トライアルクラブ第二戦嵐山釣り堀大会

102

本日は代田村トライアルクラブコンペに参加するために嵐山釣り堀へ。

ちょうどメッツカップとバッティングしてしまったのですが、役員として携わっている関係でこちらへ。

嵐山釣り堀は先日関東戦が開催されたYouTubeの様子を見るとそそられます。(笑)

101

当日の天気は雨のちくもり。現地のミクロな予報では9時頃からあがるみたい。

そんな期待通りに雨は上がりまして、現地に着いたころには傘が不要なほどになってました。

100

サクッと準備を済ませ、セクションの様子見。

「ウムムムッ」けっこう難しめ。場所によっては関東戦よりも。。。む~ん

来週は大切な仕事が3件もあるのに!!

とは言ってもセクションに入ってしまえば、そんなことは忘れてしまうだろうなぁ。。。なんて(笑)

061

セクションは8個、そこを2ラップします。

順位は代田村方式、クラスに関係なくの減点数勝負です。採点はグループを組んで相互採点です。

ワイワイしながら楽しいセクショントライになりました。つーか、楽し過ぎ。(笑)

103

200

おやぢの戦績は減点43点、クリーン2個のブービーでした。涙

1ラップでクリーンだったセクションで、2ラップでは5点も喰らったのが2ヶ所もあって、惨憺たる結果。しくしく

敗因は明らかにアクセルが開かなかったこと。情けないくらい。。。とほほ

猿練の大ヒューム管やBPの直角ステアケースと比較すれば、大したステアケースでは無いんですけどね。む~ん

関東戦に復帰するなら(するのか?)、このあたりを改善するために、たまには大会会場で目を慣らさなければならないということなんでしょうか。ノミの心臓なおやぢの性分として。。。

まぁ、おかげで無事に2件の仕事を終えることができましたが。

こんな反省させられる大会でした。

でも、楽しかったから良いのだ!(笑)

105

-------------------------------------

01

02

03

04

05

06

07

08

2017/05/23

5/21 代田村トライアルクラブ第一戦アルプスヴァン大会

Cimg0344

本日は代田村トライアルクラブ第一戦に参戦するためにアルプスヴァンへ。

まず最初に驚いたのは、入り口にあったコンピニが無くなっていたこと。そのことを知らず何も買い出しをしてなかったおやぢは、韮崎方向へ戻って昼食の買い出しをすることに。。。とほほ

天気は絶好のトライアル日和。つーか、暑過ぎ。

でもね、高所なので吹く風は爽やか、日なたに居ても苦にならない。

木陰にいたら、もう最高な季節でした。

Cimg03452016年チャンプの表彰式

本日の大会は8セクションを2ラップ。怖いセクションは無いけど、小難しいものばかり。

乾燥していることもあって、斜面はザクザク。慎重にターンしないとプッシュアンダーの嵐でした。

Cimg0351

結果は減点19、クリーン9の18人中6位でした。

クラスは初級、中級、上級とありますが、クラス分けは無くて単に減点数勝負。

だから、あまり順位にはこだわりません。それでも上級の人たちが上位を占めてしまいますが。。。

Cimg0359

O内さんは最高齢ということでベストパフォーマンス賞でシャンパンファイトに参加。

楽しんでいただいたようです。

次回は6月に嵐山釣り堀です。

晴れると良いなぁ。

帰路はいつもの裏道。都留ICで下りて、秋山海道から相模川高速沿道を走り、いつもの猿練のときの帰り道を使って3.5時間でした。

2017/05/07

5/5 2017爆笑ツインショック大会第2戦 白井大会

Cimg0201

本日は爆笑ツインショック大会に参加するためにオフロードパークシライへ。

トライアル日和を通り越しまして、まるで夏。

ただ、ベタベタしないだけ良かったけど、とにかく暑かった。

Cimg0212

Cimg0204

同伴競技者の中には暑くてリタイヤした人までいたくらいでした。

爆笑の大会は、シライの第5エリアを使いまして、10セクションを2ラップ。同時オープンの連続トライ禁止、相互採点はお約束です。

今回は大月組のみなさんは来なかったので、滝沢会長のグループに混ぜてもらいまして、楽しい、愉しいセクショントライとなりました。

Cimg0200

■□■□■□■□■□■□■□■□

01

1sec(0.0)

インして溝の中を右ターン・左ターンしてエンド。

■□■□■□■□■□■□■□■□

02

2sec(0.0)

インして岩々を越えて、左ターン、右ターンして岩を越えて、上ってエンド。

■□■□■□■□■□■□■□■□

03

3sec(1.1)

インして右ターン、下って、左ターン①、上ってエンド。

①深く左ターンして岩を越えて上るラインもあるけど、おやぢはそのまま左ターンして上ってエンドのラインをチョイス。パフパフの逆バンクの左ターンはフロントがプッシュアンダーしてラインを越えてしまいそう、たまらず足が出る。伊藤さんが同じラインでクリーンしているんだから、テクニックの差だなぁ。とほほ

■□■□■□■□■□■□■□■□

04

4sec(0.0)

インして右ターン、ちょっとラインを考えて岩を越えて左ターン、デンガラデンガラ走ってエンド。

■□■□■□■□■□■□■□■□

05

5sec(0.1)

インして赤マーカーギリギリに岩(石?)を越えて①、そのまま上って、赤マーカーを通過してエンド。

①越えた後、左ターンしたところに丸い石があって、フロントを取られて1点。しくしく

■□■□■□■□■□■□■□■□

06

6sec(0.2) 

インしてデンガラデンガラしつつ右ターン、岩を越えた直後に下って、右ターン、岩を上って①、右ターンしてエンド。

①2ラップでは集中力に欠け、右の木に激突。しおしお

■□■□■□■□■□■□■□■□

07

7sec(0.0)

インして上りつつ右ターン、四角い岩を下り左ターン、直後に岩を越えて、右ターンしてエンド。

■□■□■□■□■□■□■□■□

08

8sec(0.0)

インして右ターン、大岩を左ターンで回り込み、下って右ターン、段差を下りて、岩を越えてエンド。

■□■□■□■□■□■□■□■□

09

9sec(0.0)

インして洗濯板状のところを走り、ステアケースを上って、右ターンして洗濯板状のところを戻って来てエンド。

■□■□■□■□■□■□■□■□

10

10sec(0.0)

インして岩を下りて右ターン、左ターン、上ってエンド。

■□■□■□■□■□■□■□■□

小川選手が外れたので、結果は5点で4位?。

3セクションの2点は仕方ないにしても、他の3点はいただけない。自覚は無かったけど、疲れていたのかも。冷たい大岩の上で15分くらい横になって休憩したら、元気になりました。

まるで小学校の運動会に父兄として参加した100m走で、足がもつれて転倒したかのようでした。(笑)

5点で済んだから良かったものの、危なっかしいところは多々あったからなぁ。とほほ

******************************

ツインショック部門オープンクラス

Cimg0237

******************************

ツインショック部門ビギナークラス

Cimg0231

******************************

空冷モノサス部門オープンクラス

Cimg0230

******************************

空冷モノサス部門ビギナークラス

Cimg0227

******************************

次回の爆笑ツインショック大会は11月26日マカべで開催されます。

お楽しみに。。。

【帰路】

常磐道、首都高速スイスイ走りまして、早朝の往路2時間に対して、復路2.5時間でした。

2017/03/06

3/5 爆笑ツインショック大会inフルーツ村

205

本日は爆笑ツインショック大会に参加するため千葉フルーツ村へ向かいます。

絶好のトライアル日和でして、朝はウインドブレーカーが必要でしたが、陽が上がるに従ってジャージで十分なポカポカ陽気。

みなさんのオコナイが良かったんでしょうね。花粉が多そうだけど、風が無かったのは幸いでした。

206_2

000sumimitumaruさんから借用

参加者は41名。

セクションは11個(11セクションはオープン専用)。そこを2ラップします。

10時スタートの14時ゴール。余裕のあるタイムスケジュールです。

同時オープンの連続トライ禁止です。

11secへの移動でガケから落ちたら大変なので、主催者の配慮でオープン専用にしたそうです。

広範囲に伐採が進んでまして、引っかかる木が無いので、確かに危なっかしい。

204

今回の同伴競技者はO月組のみなさんと。

BPではいつもお世話になっているので、和気あいあいな雰囲気の中でセクショントライをすることができました。

ありがとうございました。

■□■□■□■□■□■□■□■□

207

01

1sec(0.1)
タイヤがある人口セクションの下にある斜面で、今回初めて走りました。

フカフカの斜面を右ターン・左ターンの連続で、苦手とするところです。

フキノトウが沢山あって、ちょっともったいない。

■□■□■□■□■□■□■□■□

02

2sec(1.0)
ここも1secと同様にターンがメインなセクション。最後の凹みを越えたところに張ってあるテープが嫌らしい。

土が落ち着くまで他のセクションをトライしていました。

■□■□■□■□■□■□■□■□

209

03

3sec(1.0)
おなじみな人口セクション。

出口手前にあるV字の溝の「どこを通るか?」がキモ。

浅いところだとその先のターンがきつい。深いところだと先のターンが楽。

上手く考えられたセクションでした。

■□■□■□■□■□■□■□■□

208

04

4sec(0.0)
3secのすぐ隣にあるセクション。

最初の赤マーカーのところの右キャンバーターンからの左ターンは浅いとオフキャンバーになるので、アクセル操作がデリケートになる。深いとターンがきつい。

前者が正解なんだろうけど、角がまるまったタイヤだと自信が無いので、リアを振ってしまった。。。

■□■□■□■□■□■□■□■□

05

5sec(0.0)
駐車場わきのセクション。

枕木を端から乗るか、横から乗るか?が悩みどころ。横からだと斜めになるので、リアが滑ったら厄介。杭があるので、そこを狙えば滑ることは無いけど、ピンポントなので、自信が無い。

ので、端から乗るのですが、ラインを行き過ぎてしまうとそれも厄介。

■□■□■□■□■□■□■□■□

06

6sec(0.0)
タイヤから下りてからの反動で足が出るか、行き過ぎるか。

タイヤを下りるときのマシンの押し出しと、ブレーキ操作がキモ。

■□■□■□■□■□■□■□■□

07

7sec(3.1)本日のおいで難所セクション
出口手前の木の間を通るところが本日の最大の難所。

テープで狭まれているので、オープンクラスでクリーンを出した人っているのかな?

2ラップのときは欲をかかずに足つき1点でしのいだ。

■□■□■□■□■□■□■□■□

08

8sec(0.0)
2段の枕木とその先の木の間の左ターンがキモ。

■□■□■□■□■□■□■□■□

09

9sec(0.0)
正面のタイヤが難所だけど、左にエスケープラインがあるので、おやぢはそちらへ。f(^^;

■□■□■□■□■□■□■□■□

10

10sec(0.0)
左右のターンと岩上りがキモ。

出口手前のV字溝は丁寧に走れば見た目よりも怖くない。

■□■□■□■□■□■□■□■□

11

11sec(0.1)
上りで失速すると再発進は難しいので、そのプレッシャーに負けないように。

大胆かつ慎重にアクセルワークしますが、膝の入れが足らないとフロントが上がってくるので、アクセルを戻してしまう。すると失速するので足が出てしまう。

■□■□■□■□■□■□■□■□

結果は8点。

表彰台は厳しいかも?

と思っていたけど、その期待?は裏切られ、優勝することができました。狙っていただけに超うれしい。

水曜日に、おじさんとターンの特練した甲斐があったつーもんです。

9secのタイヤをガマンしたし。(笑)

Twinop

ツインショック部門オープンクラス

-------------------------------------

Twinbg

ツインショック部門ビギナークラス

-------------------------------------

Monoop

モノショック部門オープンスクラス

-------------------------------------

Monobg

モノショック部門ビギナークラス

-------------------------------------

Tire

最後に笑った人たち。

おめでとうございます。

■□■□■□■□■□■□■□■□

今回参加したマシンたち

101

102

103

104

105おやぢのパドック

106

107

108

109

110

これらのマシンに関する質問には答えられませんので、、、汗

次回は5月5日に白井で行われます。

お楽しみに!!

当時の動画です。

前半
https://youtu.be/D-51XtP94kA

後半
https://youtu.be/M_pAAT1V0Ws

2016/12/19

2016爆笑ツインショック大会マカベ戦

101

関東戦並みの参加者。左側の駐車場にもたくさんの参加者が。。。驚

本日は爆笑ツインショック大会に参加するためマカベトライアルランドへ。

当日は絶好のトライアル日和でして、ジャージとウインドブレーカーで十分。

それでもセクショントライのときは汗が出るくらいの陽気でした。

これもみなさんの日ごろの行いが良かったんでしょうね。

めでした。めでたし。

106メッツ滝沢会長のあいさつ

107S野井実行委員長

102名車が並ぶ

104時間は決まっているんですけどね。(笑)

セクションは10ヶ所、そこを2ラップします。

おやぢは斉藤さんと他新人さん2名の合計4名でセクショントライしました。

105

■□■□■□■□■□■□■□■□

01_2

1sec(0.0)
タイヤだとアンダーガードが引っかかった場合、止まってしまうので、ちょっと高いけどドラム缶の方をチョイス。

■□■□■□■□■□■□■□■□

02

2sec(0.0)
最後の倒木を越えるところが勝負の分かれ目になるか?とおもいきや。みなさんクリーンを出してました。

■□■□■□■□■□■□■□■□

03

3sec(0.0)
最後の岩を下るとき、ステップが当たりそうで怖い。

■□■□■□■□■□■□■□■□

04

4sec(0.0)
出口手前の平らに岩の乗った方が楽。

■□■□■□■□■□■□■□■□

05

5sec(0.0)
インして最初のステアケースがキモ。

■□■□■□■□■□■□■□■□

06

6sec(1.0)
プッシュアンダーでポロ足が。。。とほほ

■□■□■□■□■□■□■□■□

07

7sec(1.1)
最後の下りと何てことないところで足が出てしまった。集中!集中!

■□■□■□■□■□■□■□■□

08

8sec(0.1)
インの岩で1点。手前でバランスを崩してアクセル足らずだった。しくしく

理由は社外品のサイドスタンドの根元がブーツのかかとと干渉。気を付けていたつもりだったけど。。。む~ん

■□■□■□■□■□■□■□■□

09

9sec(0.0)
冷え冷えの岩盤が滑りそうで下りがちょっと怖い。すぐ脇は凍っているし。

Kuri2_2

■□■□■□■□■□■□■□■□

10

10sec(0.1)
キモの右ターンのところで1点。ここは難しいので仕方ないと諦めた。

Kuriここからの右ターンがキモ。

■□■□■□■□■□■□■□■□

結果は5点。48人中7位(暫定)でした。

前の週末に身体をナラシしておいたので、前回の白井のときのような失態は無かった。けど、悔しい。

108表彰式

ツインショックオープンクラス 参加者46 48名

Twinop

ツインショックビギナークラス 参加者14名

Twinbg

空冷モノサスオープンクラス 参加者10 7名

Monoop

空冷モノサスビギナークラス 参加者5 7名

Monobg

入賞者のみなさん、おめでとうございます!

------------------------------------

2017年の初戦は3月5日、佐野フルーツ村です。

お楽しみに。。。

2016/12/01

11/27 メッツカップ第3戦マカベ大会

101

メッツカップはトライアルメトロポリタンズクラブが主催する大会のことです。

詳しくはリンクを貼りましたので、HPを参照してくださいませ。

00

白砂まじりのドロが落ち切らないうちに、連チャンで本日もマカベです。

午後から雨の天気予報に一喜一憂していた主催者、開催中は降らずに済み一安心でした。

セクションは10個、そこを2ラップします。

同時オープンの持ち時間3.5時間。仲間とグループを作り相互採点方式です。

セクションの難易度はオープンでMFJ関東のNBくらい。

なもんだから、色付きな方々は各々ココロのマーカーを置いて自由にトライします。

MFJルールですが、そのあたりはモゴモゴモゴ。。。

おやぢはBP仲間のI先生、シノさん、職人さんの4人で楽しくセクショントライすることができました。

ありがとうございました。

やっぱりゆるい大会は止められませんね。。。(笑)

100セクション配置図とタイムスケジュール

103ライダーズミーティング

104ライダーズミーティング2

102関東戦並みの参加者

105採点中

106持ち寄りの賞品

107オープンクラス

----------------------------------

セクション1

01

セクション2

02

セクション3

03

セクション4

04

セクション5

05

セクション6

06

セクション7

07

セクション8

08

セクション9

09

セクション10

10

お疲れ様でした。

2016/11/28

11/27 メッツカップ第3戦マカベ大会(動画)

sumimitumaurさんが動画をアップしました。

動画は4セクションからはじまり、10セクションまで。3セクション、2セクション、1セクションの順番になっています。

おやぢは25分10秒と27分45秒で登場してます。

2016/11/22

11/20 全日本マスターズトライアル第6戦関東大会

Cimg1020

全日本マスターズトライアル大会第6戦に参加するためマカベに来ました。

途中の常磐道で霧が凄くて心配していましたが、悪化することはなく無事マカベに到着。

ここマカベも霧が深くて視界は悪いなぁ。

昨日降った雨のせいもあって路面はグチャグチャ。場内でスタックするトランポ続出でした。4WDにして本当に良かったと思う瞬間。

その霧も昼前には上がり快晴に。暑くもなく、寒くもない絶好のトライアル日和になりました。

Cimg1025

セクションは8個。そこを持ち時間4.5時間で3ラップします。

1ラップの1セクで渋滞したものの、心配した申告5点になるほどの渋滞はありませんでした。20分くらい時間を余すほど。

選手によってスタートとゴールの時間が決まっていて、スタート時間になると表彰台に上がりそこからスタートです。

同時オープンでは無いので、1セクからトライすることになります。

因みにおやぢのスタート時間は10:23でした。

ライダーズミーティングが09:15だったので、終わっても待ち時間は1時間近く。

そんな空き時間を利用して2017年BETA EVOの250、300、300SSの3台に試乗してきましたが、レポートは後日。ムフフ

チームZは65歳クラスがほとんどで、おやぢとKパパが55歳クラス、タケパパが70歳クラスからの参加になります。

Cimg1024買い出し中のチームZ

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

01

1sec(3.0.1)4

インして右ターン岩を上りステアケース①、岩を下り②右ターン、岩を上って右ターン、左ターンして斜面を上り左ターンしつつ岩越え③。下ってエンド。

①、下りからのステアケースは高さの割に丁寧に越えないと②の下りがギリギリで怖い。

②、斜めから下るので、ちょっと怖い。

③、自分の緑マーカーよりも上にある上位の黄色マーカーの方が楽だった。1ラップの3点はここで。。。とほほ
試合に出てないとこういうラインが読めないんだよなぁ。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

02

2sec(0.1.3)4

インしてステアケース①。右ターンして下り、直後に左ターン②、デンガラデンガラ走り、右ターンの下りの後にエンド。

②、落ち着いて下れば回れるターンだけど、①で力んでそのまま下ると雑になってしまいターンでシビれる。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

03

3sec(2.1.1)4

インして岩盤を上り右ターン、ステアケースを下り左ターン①、ステアケース後すり鉢状の左ターン②、斜面を上り右ターンしてエンド。

①、ギリギリのターン。

②、①で体勢を崩したままだと滑って足が出る。この日は岩盤が濡れて、おまけにタイヤが砂を巻き上げてしまうので余計に滑る。減点のすべてはここで。。。しくしく

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

04

4sec(2.2.2)6

インして木を左キャンバーターン、下って、右ターン①、岩盤を上り②、左ターンしつつ登って来た岩盤を下る③。右ターンして④、木を左キャンバーターンし⑤下ってエンド。

①、1ラップ目ではラインが出来て無く、フカフカのオフキャンパーターンだった。

②、ラップする毎にワダチが深くなりバランスを崩す。おやぢはこのワダチが超苦手。6点のすべてはここで。涙

③、岩盤の上に土が載っているので、イメージではフロントタイヤが持って行かれそうで怖い。本日の恐怖一番がココ。

④、右ターンしたいが③の下りで速度が出ているため、左ターンして奥で右ターンして戻ってくるラインを取った。ラインクロスに注意だ。

⑤、手前がフカフカしているので、加速に神経を使う。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

05

5sec(0.1.0)1

インしてこんもりしたところを左ターン①、大きく右ターンして下り②、左ターンしてから岩または根っ子③を越え、右ターンしてエンド。

①、オフキャンバーで先のライン上に岩があるのでバランスを崩す。

②、先は深く左ターンしたいので、岩の上にフロントを置くと楽になる。

③、手前のターンで狙ったラインに入れれば楽だけど、かなりギリギリ。おやぢは根っ子のラインをチョイス。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

06

6sec(1.1.5)7

インして岩を越え、左ターンして岩盤に上る。右ターンして①登って来た岩盤を下り②、左ターンして岩を越え、直後に右ターン・左ターン③してエンド。

①、フルロックターンができれば楽なラインを下れるが少々厳しい。フロントを振ろうと構えたところでエンスト。号泣

②、大回りすると怖い下りになる。マカベの下りは慣れてないので超怖い。ブルル

③、ギリギリのターンで、2ラップの1点はここ。しおしお

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

07

7sec(1.0.3)4

インして岩の間を走りステアケース①、更にステアケース、右ターンして下り、左ターンしつつ丸太越え、大岩を左ターンしつつ越え②、右ターン、下ってデンガラデンガラしてエンド。

①、タイヤ1本分の隙間を同クラスのライダーが通るためかなりワダチが深くなっている。ここでハンドルを取られ先のステアケースで3点。クリーンセクションなのに3点を喰らったよ。

②、勢い余って左足が出た。sumimitumaruさんの動画で披露。とほほ

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

08

8sec(3.5.2)10 本日のおいで難所セクション

インして岩を越え、直後に左ターン①、岩の間を走り、右ターンしつつ岩を越え②、更に土のコブを越え③、直後に左ターン④、右ターンしてエンド。

①、ギリギリのターン。転倒する人も。。。

②、1ラップではまともに走ったけどドタドタ。2ラップではリアを振って岩の頂点を走ろうとしたけどエンスト。マッツンの動画で披露。

③、④を気にしてアクセルが足らなくて上り切れず。

④、U字の中でのターンは難しい。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

減点40点で結果はリザルトの通りです。

8セクの3ラップで全24セクション、減点数は平均で1.67。

おやぢ的には丁度良いセクション難易度だったと思います。実際楽しかったしね。

今年は1度も選手権に出なかった訳ですが、理由は結果を意識し過ぎ。汗

大会の2~3日まえから緊張するし、結果も付いてこないし、面白くない訳です。

近ごろは結果が気にならないローカルな大会ばかり。

「今回は結果を気にせず楽しもう!」という気持ちで参加しました。

結果はどうであれ、改めて真剣な大会の面白さを再発見。

来年の選手権には何戦が参戦しようかな?という気持ちが湧いてきました。

この気持ちがバブルでないことを祈る。(笑)

指の運動をしたかったので、表彰式には参加せず即効で帰路へ。

軽い渋滞の中、3時間で無事帰宅。

おつかれさまでした。

--------------------------

マッツンの動画

https://youtu.be/csCdcsOb64M

sumimitumaruさんの動画

https://youtu.be/ycrZjwiyvsg

②、③、④へと続く。

より以前の記事一覧

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

陽気な仲間

無料ブログはココログ