フォト

ゆかいな仲間たち

陽気な仲間

お世話になってます

2019BETA EVO 300st

  • 1902034
    2019年から主力マシンです。

TLR200

  • 20220418tlr
    ツインショック大会のためのマシン。メンテナンスが楽しい。
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ

練習

2024/01/08

1/7 猿練@チャッピーの向こう側

2日の朝から緊急の仕事が入って、その影響で酒が飲めず悶々とした正月を過ごす(号泣)

その仕事も一段落して、今年初の河原です。

愚痴を聞いてくれる仲間が居て、やっぱり河原は良いねぇ~

 

午後からは色付きのみなさんとチャッピーの向こう側へ。

唯一、このラインでクリーンできたのはおやぢとドリーパパだけ。

新年からチョ~~気持ち良いゼ!!

【音量に注意】

 

2024/01/07

2024/01/04 BP練

あけましておめでとうございます

 本年もよろしくお願いいたします

 

久々の投稿です。

日曜日・水曜日と乗ってはいたのですが、「これってどうよ?」ってな感じで投稿しませんでした。

この日は久々のボッチ練だったので、課題のターンからのステアーケースをやることにしました。

ここはリアタイヤのラインが1本しかないので、フロントタイヤの通し方がキモ。アプローチする角度も。。。

しかも、アクセルを開けられる場所がピンポイントなので、手前でバランスを崩すとそのラインに入ることができません。

また、アクセルのコントロールが難しく、やっているうちに気が付いたのですが、フロントブレーキレバーに人差し指を掛けていると微妙なアクセルワークができないことを。

そこで、指をレバーが離してみると、、、これがなかなか具合がよろしい。成功する確率が急上昇。

高いステアーケースのときはそうしてましたが、こういうケースでもそれは有効だったんですね。。。

 

2023/11/09

11/5 猿練@MORIOKA & HIRAYA

MORIOKAでは段差でビビリ、HIRAYAではフロントブレーキで『ズルッ』とブッシュアンダーでるし、、、

でも、面白いからイイのダ!!

 

2023/11/01

10/29 猿練@HOKKADO & TETRA

広い場所で乗る猿練は気持ち良いですね。

これで手頃なステアケースがあれば良いのですが、年とともに平になっていく河原。

近ごろではポリスマンの存在が確認できたりとなかなか乗りにくい環境になりつつあります。

とは言え、身近にこのような場所は無い訳で工夫しながら楽しみたいですね。

 

トライアルが出来なくなったらと思い始めたサックス、今はそのサックスも出来なくなったらと、投資の勉強をしています。

おりしも来年から新NISAが始まるのでその準備。

今の生活をそのまま続けるとなると年金ではとても足りません。

銀行に預金しても増えません。逆に物価が上がるので減るくらい。そんな理由から。

この歳で始めるには遅すぎる感はありますが、『今が一番若い』という金言を糧に。。。

はたしてどうなることやら?

河原に現れなくなったら「奴は投資に失敗したな?」と思ってください(笑)

2023/09/28

9/24 猿練@HIRAYA & BANANA

本日の猿練はHIRAYAとBANANA。

いつもながらベアリング的な小石があって、なかなかクリーンが出ない。

ところが何度か走っているとラインが出来上がり、小石が無くなってだれでもクリーンが出来るようになる。

が。そのラインの認識が出来ずに出来上がったラインをリアタイヤでかき混ぜて(土手を崩したり、石をライン上に落としたり、テカテカに磨いたり。。。)しまう人がいる(笑)

こういうところが他のトライアルパークには無い面白さがあります。

だから、20年以上も遊べるわけで、おっちゃん達に至っては40年以上?もここで遊んでいるわけです。

2023/09/22

9/20 水練

Photo_20230922112701

地球温暖化による異常気象にもかかわらず、お彼岸になると必ずと言っていいくら花を咲かれる不思議な彼岸花。

赤い彼岸花の花言葉は「また会う日を楽しみに」だそうで、故人に対する意味もあるそうです。

ここシンBPにも生息しております。濃い赤がちょっとミステリアスで触るのを躊躇います。

今朝のテレビでやっていたけど、どうやら全体に毒があるようで、本能的に躊躇しているのかも?

 

さて、本日の水練は午後の部で久々におやぢがセクションを作りました。

セクション作りはいつもは店長任せでしたが、この日は彼岸花の妖力だったのかその気になりまして、ちょっと長めなのを。。。

自分が作るとどうしてもできそうなものを作ってしまいがち。『自分に甘い』っていう奴ですね。。。

 

キモはコンクリートのオフキャンバーターン。

ここはなるべく青マーカーの下をギリギリにトレースしたい。というのもあまり下に行ってしまうと上がるのが難しいから。

それにはコンクリートに乗ったらすぐに右にターンしてフルロックで左ターンすれば、青マーカーの下をギリギリにトレースできる仕掛け。

でも、そうするには、その手前のステアケースの左側ギリギリを上らなければならず、右に寄ると思ったラインをトレースできない。

また、ラフにステアケースを上がると行き過ぎてしまい、これも思ったラインをトレースできない。

なかなか難しい。

 

2023/09/04

9/3 猿練@HIRAYA

本日の猿練はHIRAYAで。

自分の課題は『力まない』。

ハンドルが折れるのでは?くらいな力みよう。。。(笑)

だから傍から見ても力が入って見えるらしい。。。

 

なので、意識はステップに乗るようにしました。

少しは良いみたい。

ターンは奥が深いです。

 

【フロントが流れないように意識したこと】

必要以上にリア加重にしない。
オフキャンバーの上りはフロントブレーキを掛けない。

 

2023/08/31

8/30 水練ステアケース

ケガが怖いので、ステアケースは低いものばかり。

そんな生活をしているとちょっと難しいステアケースを忘れてしまうもんです。

 

理想としているのはフロントをステアケースの角に当ててマシンを立たせて越えたい。

ところが、練習してないとその加減を忘れてしまいフロントがすっぽ抜けてアンダーガードがステアケースの角に当たってしまいます。

動画は木製の角材なので、上がってますが、これがコンクリートとか、巨大タイヤだと急ブレーキが掛かり落ちてしまう。

落ちてケガはしたくないし、できればマシンも壊したくないので、低いところから徐々に高さになれていくように練習しています。

 

ステアケースに進入する速度と進入する角度、それに見合ったたアクセル開度、クラッチの操作、ステップの踏み込み、膝の伸びなどなど課題は山積。

それらをひとつひとつ動画で確認して、トライ&エラーの繰り返し。

できるものであれば、もっとゆっくり進入して、急激にフロントをあげてステアケースに対する進入角度を少なくしたいと思ってます。

2023/08/29

8/27 猿練@バナナ・イマネ。

今日の猿練はレディースで急成長中のエマちゃんとパピコ(父)がターンの練習に古巣の河原に戻ってきました。

久々に見るエマちゃんは凄く上手になってまして、河原のおじさんたちも感心し切り。

日ごろはシライやマカベで練習しているようで、アクセルの開けっぷりは流石。

特にイマネ。で見るヒルクライムなんて敵いません。マシンの乗る位置や体重移動は見ていて勉強になるくらいです。

でも、そこにターンが入るとちょっと勝手が違うようで、武者修行中にターンの大切さを理解したようです。

これでちょっとでもフロントが振れるようになったら鬼に金棒でしょうね。

おやぢも精進しなければ。。。

2023/08/24

8/20 猿練@チャッピー・バナナ

バイク歴50年オーバーのおじさんも悪くクセはなかなか直らないもんです。

それが『バリカンクラッチ』(河原語)。

クラッチレバーをバリカン(手動)のようにニギニギしてしまうクセ。

こうすると強力なトルクのトライアル車はフロントのトラクションが抜けて直進してしまう。

そうすると小回りが出来ないばかりか、マシンが立ってしまってバランスを崩します。

エンジンに頼らず身体でマシンを押すようにすると良いのですが。。。

疲れてくるとなかなか難しいですね。

 

それにしても喜寿のタケちゃんは元気だ。

励みになります。

より以前の記事一覧