メンテナンス

2020/03/29

3/29 プチメンテ@ギアオイル

Cimg0926

こんなご時世ではありますが、バリトンサックスの点検修理のため辻堂のリペアーマンのところへ。

数日前から予約してあったので、このドカ雪で迷いましたが、イベントが中止になった今でないと今後に行けるチャンスが無さそう。

いやぁ、つくづく夏タイヤに交換して無くて良かったとおもった次第です。

サックスは点検してもらった結果、多少狂っている箇所があるそうで、10日の入院となりました。仕上がりが楽しみです。

午後から河原へ行こうと思ってトラ車を積んで来ましたが、さすにこのドカ雪、諦めました。

時間がもったないので、ガレージへ行って、プチメンテナンス。

アンダーガードを外し修正、ギアオイルを交換し、各部の点検増し締めしておやぢの週末は終わるのでした。。。

今はレモンチューハイを飲みながら、これを書いてます。幸

Cimg0002

Cimg0001

2020/01/18

1/15 メンテナンス キャブ、ギアオイルなど

01_20200118075301

水練しようとBPへ行くつもりで天気予報を見ると昼から晴れるということで自宅を出発。

自宅では雨が上がっていたけど、目的地に向かうにしたがい雲行きが怪しくなる。

ケートブリッチあたりでは間欠のワイパーも、船橋あたりでは本降りに。

道路わきにトランポを止めて改めて天気予報が見るとBPあたりは15時まで雨。む~ん

BPは赤土でして、雨だと滑ってしまって危ない。

03_20200118075301

そんな訳で昼食の買い出しを済ませたけど、マシンのメンテナンスがしたくなり迷わずUターン。

カップ麺とおにぎりを自宅で食べて(ちょっと悲しい)、マカベで汚れたマシンを洗車してからガレージへ移動してメンテナンス。

02_20200118075301

ギアオイル交換とアンダーガード修正。そして恥ずかしながらこのマシンになって初のキャブの掃除。

特に問題が無かったので、放置プレイでした。

時間が少々あったので、純正リアホイールのブレーキディスクをMFJ対応のものに交換。念のためラスペネ吹いて、ヒートガンで温めてボルトを緩めました。

ということで、19時までガレージにこもってました。

今日BPへ行った人っていたのかなぁ?

2019/11/28

11/27 フロントフォークオイルシール交換

Dsc_0211

本日は週末、マカベで開催される爆笑ツインショック大会に参加するため、重~~い腰を上げてフロントフォークのオイルシールを交換しました。

すでに左右とも漏れていまして、ちっと面倒。

なんて言っているとインナーにウエスを巻いたカッチョ悪い姿で参加しなければならず、見た目重視のツインショック大会、許されません。(うそ)

そんな訳で、オイルシール2個はストックして無いためナリタさんまで。
したところ久々にT中さんにあったため、省造さんを巻きこんでツインショックやマスターズの話題で盛り上がりる。

そんなこんなで16時に作業を開始しまして、小さいトラブルがあったものの、18時には無事に完成した次第です。

TLR250のオイル量は269±2.5cc、油面は129mm。

カラーは塩ビパイプの自作です。(^^)b

Dsc_0212_20191128080401

Dsc_02132_20191128080401

2019/11/05

11/04 ホイールベアリング交換、タイヤの逆履き、オイル交換など

今日は天気が良いけど乗るのをガマンして、乗りっ放しだったマシンのメンテナンス。

午前中にガード類を外して隅々まで洗車。ダートスコートはやっぱ凄ゲー!!

昼食後に床屋へ行って、ガレージに移動してメンテナンス。

まずは、指入れて回してみたら予備ホイールのハブベアリングがゴリゴリで逝きそうなので、ベアリング交換。僕は建材のアンカーボルトを使います。

Dsc_0123

裏から丸棒を使って叩けば、ご覧の通りです。

でも、このアンカーボルトはなかなか売って無いの。

二本もあれば一生ものなんですけどね。。。(笑)

Dsc_0124

Dsc_0125

以前、カラーを入れ忘れたことがあります。(笑)

 

ゴムホースを使って片減りしたリアタイヤを逆履きに。

Dsc_0126

市販のビードリングよりもおやぢはこっちが好き。

ある程度ビードがあがったら、繋ぎ目のガムテープ部分にマイナスドライバーを刺して込んで速やかに外します。外すタイミングはトライ&エラーにより習得します。

 

真っ黒に汚れていたチェーンテンショナーを掃除してグリスアップ。

Dsc_0127

シメはギアオイルを交換して本日のメンテナンスは終了

Dsc_0128

水練が楽しみです。v(^^)

 

一連の作業は以下で説明しています。参考まで。。。
http://tranpo.a.la9.jp/trial/beta250.htm

2019/06/18

ステーターコイル

1560849655711

知り合いのBETA EVOのステーターコイルがある右側を開けた画像です。

2015年から密閉されていますが、どういうわけか水没していたそうです。

水の量はぐい呑み一杯くらい。沢を走ることがほとんど無いマシンなので、洗車時に入ったと思われます。

洗車時に高圧洗浄機を使っている人はたまに開けてみるた方が良さそうですね。

2019/05/29

5/29 排気系モディファイなど

Cimg1717

EVOのエキパイを固定しているボルトはヘキサゴンでして、ライダーから見た場合、右側はエキパイが邪魔してボールポイントでしか回すことができません。

ボールポイントだとしっかりと締め付けられず心配のタネ。実際に排気が少量漏れているようで、まわりが汚れています。

そこをボルトに変えれば横からスパナで回すことができるので安心です。12.9ボルト(8×20mm)をモノタロウでゲットしました。

Cimg1719

ボルトには焼きつき防止のアンチシーズを塗布して、取り付けました。

Cimg1722

Cimg1724

チャンバーとのジョイント部分からも排気が若干漏れているようで、異常に汚れていました。

ここはカッパーシリコンを塗って対処しました。

Cimg1720

Cimg1725

エキパイを取り外したので、アンダーガードを修正しました。

このEVOはエキパイが邪魔してアンダーガードの左前のボルトが外れません。ファクトリーはこんなことは無かったんですけどね。。。。

Cimg1721

Fのブレーキ鳴りが酷かったので、パッドグリスを塗って、本日のメンテナンスは終了です。

Cimg1726

週末が楽しみd(^^)

 

 

2019/05/23

5/22 水練&スタビ交換

病みあがりと言え、こんなトライアル日和は年に数回しかないでしょう。
天気は快晴、風はそよそよ、前日の雨でほこりも少ない(ちょっと滑るけど)。。。
行かないで後悔するよりも、行って後悔しよう!!

190522

現着するとすでに5名ほどが準備中。
おやぢはまず先日マカベでひん曲げたスタビの交換。
まずはフロントアクスルを止めているフォーク先端のボルトを緩めてストレスフリーにします。
その上でフォークとスタビのボルト穴が合うようにスタビの穴を広げます。
今回は右後の穴を内側に1mmくらい削る程度で合うようになりました。
スタビのボルトが緩んでいても気が付かないおやぢですから、気休めなのかも?苦笑

Photo_1

練習は午前と午後に各1セクション。
どれも長めで小難しい『しのセクション』。長いため病みあがりなおやぢにはちとキツイ。
体力が落ちましたね。還暦になってから痛感しておりまっす。とほほ

一撃を喰らってますが、どちらもケガ無し、マシントリブル無しでした。

 

 

2019/05/07

5/6 初洗車 ライブ

05051

連休最終日はギアオイルを交換して洗車開始。我が家に来てから初の洗車です。

それまではブラシ、ハケ、タオルでドロを落とせば十分でしたが、オイル汚れが酷くなってきたので真面目に洗車。

付けっ放しだと隙間にドロや砂が入って悪さするので、ガード類を外して洗車したほうが気持ちが良い。

バケツに水を入れて食器用洗剤でおおかた洗い、オイル汚れはダートスコートでクリンクリン。

ダートスコートは最強ですね。気持ち良く、ドロやオイル汚れが落ちる。

歯ブラシまで使って、4時間かけて隅々まで掃除しちゃいました。

ああスッキリした。(笑)

05052

18時からサックス教室で習っている先生のライブが日ノ出町であるので、仲間と鑑賞。

笑い過ぎて後頭部が痛くなりました。(謎)

2019/04/22

4/21 フリクションプレート交換

02_2

本日は12時から二子玉川のライブハウスで演奏しまして、夕方からガレージでフリクションプレートの交換。

01_4

EVOのフリクションは一番奥と手前にコルク、中4枚はペーパーが標準。

フリクションにはギアオイルをまんべんなく塗布してから組み込みます。

裏表はなく、そのまま組みますが、一部にバリがある個体があるので、それはヤスリを軽く当てました。

シムは0.5mm一枚で良く。適度な遊びもできました。

これで水曜日に試走できそうです。楽しみ。

1915212

ライブの画像

2019/04/11

4/10 フリクションプレート

20190410

今日は雨、しかも寒い。関東北部では雪らしい。
ということで、雑用とマシンメンテナンスをするためガレージに籠る。

ナラシもすでに終えて、ご機嫌なイタリア娘ですが、クラッチの切れがイマイチ。(Factory比)
事象①、エンジン停止時に1速にギアを入れて、クラッチレバーを握りマシンを押すと重い。休憩後などエンジンが冷えるとタイヤがロックしてしまう。
事象②、ギアが入った状態でキックするとエンジンの掛りが悪い。

以上の事象からクラッチのプレッシャープレートの遊びが大きくなっていると考え、調整するため蓋を開けたらご覧のとおり。
リフターの先端とプレッシャープレートがほぼ同じ高さになっている。驚
クラッチレバーを握ってみると遊びは0。さらに驚く。
リフターに体重を載せて押しても、引っ込むことは無しし、、、どういうこと?
これだと切れない症状では無く、滑るはず? さらにさらに驚く。
シムは0.5mmが一枚。試しにシムを外しても遊びは出ない? 呆然
(ベアリングの受けとシムが逆に入っていたし。。。)

ワイズのメカニックに連絡しても、電話では要領を得ない。だよね。。。
試行錯誤しているうちに着信履歴みた成田さんから連絡があり、ショップへ急行。
結果、フリクションプレートが減っていて、規定値よりも少なくなっていた? 愕然
原因は不明です。

親切な亮さんが自分用にキープしておいた中古のフリクションプレートを貸してくれることに。。。幸
で。仮組みしたところ、0.5mmのシムで適正な遊びが出ました。
週末はこれで試乗して、問題なければ新品のフリクションプレートと交換することになりそうです。
BETA歴14年、こんな事象は初めての経験です。
因みにキープしているFactoryは4年目の2017年に初めてフリクションプレートを交換したくらいです。
http://tranpo.cocolog-nifty.com/tranpo/2017/12/1209-d74f.html

効果は絶大だったけど。。。(笑)

より以前の記事一覧

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ゆかいな仲間たち

お世話になってます

2019BETA EVO 300st

  • 1902034
    2019年から主力マシンです。

2013Factory300

  • 相模川
    2019 BETA EVOとスイッチ。贅沢にもサブマシン。

TLR200

  • 2015-03-01
    ツインショック大会のためのマシン。メンテナンスが楽しい。

GASGAS RANDONNE

  • Img01718
    出番は少ないのですが、公道を走れる唯一のナンバー取得車です。
無料ブログはココログ