フォト

ゆかいな仲間たち

陽気な仲間

お世話になってます

2019BETA EVO 300st

  • 1902034
    2019年から主力マシンです。

TLR200

  • 20220418tlr
    ツインショック大会のためのマシン。メンテナンスが楽しい。
2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 9/27 猿練@チャッピー | トップページ | 2020年メッツカップ第3戦開催のご案内 »

2020/10/01

10/1 水練@フロント吊・リア飛ばし

何気なくファイルを整理していたら、この動画が出てきました。

https://youtu.be/P-29eCAklak

当時は理解できなかったけど、50秒からの頌太選手の腰の引き・位置に目からウロコ。

腕や膝の角度に釘付けになりました。

おやぢの目
1、腰を低くうしろに引くことによりフロントが軽く上がる。マシンを先に送る。
2、フロントをステアケースの角よりも少し下を狙って置く。
3、ステアケースとリアタイヤの距離が長ければ長いほど加速できる。
4、フロントタイヤがステアケースの角に置くちょっと前にハンドルを引いてライダーは前へ加速。
5、マシンが前に進む速度が落ちる。
6、同時にリアにトラクションがかかりクラッチを繋いで急加速。
7、マシンが離陸する直前にアクセルを戻すか、半クラッチにするとサスが伸びるので、それに会わせてライダーはジャンプ。
8、ライダーの股の下からマシン飛び出してくるので、それを邪魔しないように両手・両足をマシンを押し出す。
9、リアブレーキに足を載せておくこと安心。

それでも考えたようには出来ない歯がゆさ。。。む~ん

フロントを吊ったり、リアを飛ばさなくても助走が少ないステアケースには有効と思われ、週末の猿練が楽しみに。

 

 

« 9/27 猿練@チャッピー | トップページ | 2020年メッツカップ第3戦開催のご案内 »

練習」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 9/27 猿練@チャッピー | トップページ | 2020年メッツカップ第3戦開催のご案内 »