« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月

2020/07/30

7/29 水練

本日の水練はモト部と自転車部が3名3名二手に別れまして練習。

モト部はI先生、シノさんとおやぢ。自転車部は会長と、S師匠とヒサゴマスターです。

そうそう、このヒサゴマスターの餃子を一度はご賞味したいのですが、水曜定休なのでなかなかです。。。トホホ

食べログには上位に入っていますが、テレビで紹介されても、このコロナ騒ぎで昔のような賑わいは無いそうです。今がねらい目かも。

さて、シノセクションは午前と午後に計2セクション作ってもらいましたが、3人だとすぐに順番が来るもんで、動画を撮る余裕がありません。

なので、これだけ。。。

夕方になってBOU橋さんが来たので、腕の引きを意識したステアケースをレクチャーしてもらいました。なかなか奥が深い話で、目からウロコが。

いつになったらものになるやら。。。

 

2020/07/27

7/26 猿練@ばなな

昨日の猿練は、土砂降りと晴のメリハリのある?天気でした。
田んぼ化した路面はチュルチュル、ヌタヌタ、ベトベト、ツルツル・・・。。。
んなもんで画像は無し。
後片付けが大変だったけど、楽しかったから良いのダ!!

 

近ごろ高校生のレディース2名がteam Zに参加して平均年齢を激減されてします。
とか。

 

高圧洗車機と発電機が欲しいなぁ。。。
とか。

 

エンジン式の洗車機に100vの電源が付けば良いのに。。。
とか。

 

ワークマンのクールジョガーパンツ2,500円、良いかも
とか。

2020/07/25

7/24 猿練@ばなな

連休最後の金曜日は猿練。
もしかしてだ~れも?と思いましたが、そんなことはありませんでした。幸
天気はたま~にパラッと降る程度でカッパも傘も不要でして、ちょっと蒸し暑かったけど、まずまずなトライアル日和。

午後からばななへ移動してセクショントライ。
おやぢが作るセクションは規制マーカーとして黄色い苗ポットを赤・青にかぶせます。
その規制マーカーは、たけちゃん・ハマちゃん・ツマ用に。

この日はツマとクロちゃんの上達ぶりに驚かされました。日頃から二人を見ているのに、です。
つーことは相当に上手くなっている証拠だと思うのでした。

2個目のセクションで、ツマが根っ子を越える直前でドッカンパワーを出して滑っていたところで、秘儀を伝授。
半クラを使って上手に加速するようになってからはクリーンの連打。後半にはパワーを押さえて身体で上がっているにはちょっと嫉妬するくらい。
また、この日はフロント振りのコツも掴んだようで、ダンナを置き去りにして来て良かったね(笑)

 

7/22.23 徳を積みました(箱根)

Photo_20200725102501
水曜日・日曜日・祝日は休みなおやぢは三連休でして、1ヶ月前から箱根に一泊旅行を計画してました。

そこに前倒しになったGo Toキャンペーンがビンゴになりまして、娘の分の宿泊費が只に。ラッキー

移動は同じ神奈川県内だし、キャンセルすることも無かろうと決行。

天気はあいにくでしたが、初日は太陽も応援してれまして、まずまずな旅行になりました。

Photo_20200725102502

2020/07/21

7/19 アンクルスクール

コロコロかわる天気予報に翻弄されつつも、当日は見事に『晴』!!

みなさんの日ごろの行いなんでしょうね。感心しきりです。

本日も中級クラスを担当する佃講師、初級を担当する大橋講師と山口総帥からレクチャーを受けることになります。

午前中は両クラス混合のセクションをトライしまして、みなさんのスキルを確認しました。

もちろん、マーカー規制とココロのマーカーを置いてのセクショントライです。

午前中は晴れてても路面は低ミュー路。講師であっても滑る丸太やドラム缶は容赦しません(笑)

午後は初級が動画のセクショントライ、中級はウーポンとダニエル。ウーポンはなんとかなっても、ダニエルはレベル高すぎで、手に負えませんでした。トホホ

それでも16時過ぎまで、苦手だったセクションを再トライしたり、ウーポンしたりして楽しいスクールでした。

8月は例年休みですが、コロナ問題で休講だったもんで第三日曜日に開催する予定です。今から楽しみです。

 

初心者は土管が埋まっているところの下りが怖いらしい。

ターンしてから下るので、ハンドルが切れ込んで前転するイメージがあるんだと思う。前転までは見なかったけど転倒する人は居ました。

こんなときはマーカーを無視して大回りして直角にアプローチすると良い。慣れてきたら徐々に角度を付けていきます。

それと、フロントブレーキは引きずる程度で掛けない。不意に掛けるとハンドルが切れ込んでマジ怖い思いをします。

それにはリアブレーキが効くことが前提になります。

リアブレーキについては機会があれば後日レポートしようかと。。。

 

2020/07/16

7/15 水練

Dsc_0075

本日の水練は小雨が降ったり止んだり。。。

おやぢを含めて3名がこんな天気でも好きな人は来ますが、セクションを作って無理してケガしてもいけないので、各々の課題練習。

ここBPは赤土の斜面でして雨が降ったり止んだりでは一番滑る。歩くのも怖いくらいです。

そこに滑る場所を選んで、逆バンクになるようなラインを作ってグリップさせる方法をお勉強。

膝を入れて低い姿勢にしたり、突っ立って高い姿勢にしてみたり。

クラッチを使ったり、使わなかったり。

マシンを傾けたり、立てたり。

速度を上げたり、下げたり。。。。

で。膝を入れて低い姿勢で、クラッチでパワーを逃がしつつ、あまりマシンを傾けずに、止まらない程度の低速が一番具合がよろしいようです。という結果。

週末はアンクルスクール、天気は今日のような状況のようです。ちょっと楽しみに。。。(笑) 

 

2020/07/13

Serow 野崎 史高 スペシャル

会場はトリンバのようです。

トラ車でも、こんなに乗れたら楽しいだろうなぁ。。。(笑)

 

7/12 猿練@バナナ

本日は朝一で仕事してからの猿練です。ローカルコンペに誘ってもらっていたのに残念でした。涙

毎年のことですが、炎天下の河原は照り返しもあって超暑い。こればかりは慣れませんね。。。

タープを張ってそこで。が常ですが河原でもソーシャルディスタンスを守っている訳です。

で。午前中はP横で二段角材の練習。ホイールベース長に置いてあるため、フロントを吊って行くしかありません。

ところが、吊りつつリアが一段目の角材を乗り越えることができず、フロントが落ちてしまいます。原因はアクセルの開け足らず。

でもね。怖いだよね。アクセルを開けてトっ散らかることを考えると。。。

それは難易度が上がればおやぢも同じで怖い。無理してケガするよりも時間を掛けて練習するしかありませんね。急がば回れです。v(^^)

昔、フローテングの杉山さんから「スキルアップはIBまでは乗った時間に比例する」という格言をいただきまして。直線の傾きは個人差があるものの今でも教訓にしています。

そんでもって、午後からバナナヘ。ここは木陰があって、超初級から中級までバリエーションのあるセクションが作れるのでteam_Zのお気に入りの場所です。

 

ここで見られる初級のチーム員はアクセル・クラッチが荒かったり、膝が伸びっ放しだったり、身体が固まったり、ライン取りが雑だったりでなかなかクリーンがでません。

でもね、一番の原因は発進または加速のときに"バイクまかせ"になっていることだと思う。

特に滑るところでは発進・加速がキモで、バイクまかせではリアが滑ってしまい発進・加速ができません。

おやぢがやっていることはアクセルクラッチのときにほんの少しハンドルを引き、身体半分くらい前へ移動し、このときにリアに加重されるのを利用してマシンだけ先に行かせます。そこで滑らずに発進・加速できたら押し出したマシンのハンドルを引きステップ真上に乗るようにします。の繰り返し。

要するにハンドルを押したり引いたりしてマシン・ライダー・マシン・ライダー・・・・と交互に前進させている訳です。

方法はステップの前に乗る・後に乗るを意識すると膝も入るし具合が良いです。

それとて、さすがに丸い石の上や、滑る根っ子の直前にリアタイヤがあると上手くいかないので、リアタイヤの位置やライン取りが分かってないと難しいですね。。。(けっきょくはそれかい!?)

2020/07/07

7/5 TLRステアリング

Cimg0207

ノーマルのTLRのハンドルポジョンは現代のトライアルマシンと比べると超低いです。

ステップを下げる方法が一般的なんだけど面倒。そこで、バーライザーをハンドルとトップブリッジの間に入れるわけでが、画像右上のバーライザーだとハンドルの位置が上がるけど手前に来てしまい、懐が狭くなってしまいます。

Cimg0203

Dsc_0055

このZETAのバーライザーは上がっても手前に来ることないので懐が狭くなることはありません。(重くなることは考えないことに。。。)

こうするとパーエンドが真横から見てFフォークの延長線上に来るので、今メインマシンのEVOに近いライディングポジションになりました。

Cimg0205

2020/07/01

7/1 EVO日常メンテナンス

本日は特別ではない日常行っているメンテナンスのレポートです。

Cimg0198

ギアオイル交換。

アンダーガードは修正するので、外してしまいます。

お気に入りのオイルはelfのHTX。これを500cc入れてます。

Cimg0192

3ヵ月でご覧の通りの変形具合です。

これを3.5tonのプレスで修正。

Cimg0196

慣れれば10分程度でこの通りd(^^)

Cimg0200

ブレーキペダルのグリスアップ。

グリスはnutecがお気に入り。ベアリング部分はこれがお薦め。

画像のワッシャーは後々にご利益があるので追加しています。

理由は

Cimg0201_20200701201601

ノーマルはカラーとフレームが直に接しているため、フレームの接している部分が痩せて、ボルトを締め込むとペダルの動きが渋くなります。

ワッシャーなら痩せたら交換すれば良い訳です。ベータ乗りの人はお薦めです。

Cimg0199

チェーンテンショナーのグリスアップ。

普段はスプレーのグリスを塗布しますが、たまにはこうしてグリスを入れておきます。

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ゆかいな仲間たち

お世話になってます

2019BETA EVO 300st

  • 1902034
    2019年から主力マシンです。

2013Factory300

  • 相模川
    2019 BETA EVOとスイッチ。贅沢にもサブマシン。

TLR200

  • 2006242
    ツインショック大会のためのマシン。メンテナンスが楽しい。
無料ブログはココログ