フォト

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017/07/31

7/30 猿練 堰

20429991_1230154703780002_663033687

ゆかいな仲間たち

刻々と悪化していく天気、当初は昼から晴れだったのに、道中に調べた天気予報では一日くもり。

まぁ、その方が涼しくて良い訳ですが。。。。

現地に着くと小雨、ときどき本降りになったりして。。。

それでも、汗で濡れるのと同程度なので、午後から奥の堰へ。

玉砂利のトラクションは難物で、土で滑るのとちょっと塩梅違う。

おやぢは先週乗り過ぎたか、膝が痛いので、膝に負担がかからないメニューを。

バックの練習してみたりして、、、でも、これ、見るとやるのは大違い。

始めから終わりまで、進歩がありません。つーか、どうしてよいのか?

根気よくやっているうちにできるようになるもんなんだろうか?

朝一のウォーミングアップのメニューに加えておこう!!

端から端までバックするHRC。

2017/07/26

クールエアーシート

Cimg0063

これを使う季節になりました。

今年で8年目になるけど、いままでノントラブル。

もうこれ無しは考えられません。

2017/07/24

7/23 猿練 大ヒューム管、きなこ

本日の猿練は曇り、時々小雨な涼しくて真夏の練習には最高な天気でした。

気温は28℃で、動くと汗がでるけど、見学していると引く。

午前中は大ヒューム管へ行って、ターンと大ヒューム管にトライ。

相変わらずフロントがヒューム管に刺さり、上昇する力を損ねる。

しかも、アクセルが弱いので、なおさらだ!しくしく

無理してアクセルを開けると故障者リスト入りしてしまいかねない。去年の乗り納めのケガがそれだった。

数の練習が必要だろうから、サポートしてもらえるときはトライするよう心がけよう。

昼食後はきなこへ。

ここは日かげが無いので、この時期は敬遠される場所だけど、今日の天気なら。。。

ここは四駆が走って掘ったところ、パフパフな斜面は転倒すると「きなこ餅」のようになるのでこの名称が。

下の水たまりにダイブする人が出るまで、この名称で呼ばれるでしょうね。(笑)

今日はコンディションが良かったので、比較的簡単にクリーンできた。

「それでは面白くない。」つーことで、もう一ひねり。

動画7分15秒のターンがそれ。これにおやぢは喰いついてしまった。

近ごろのツマの上達が凄くて、ターンのセクションでは先を越されることが。。。

キモは速度、膝の入れ具合、視線。

早いと大回りになり狙ったラインをトレースできない。膝を入れないとマシンが立ってしまいそのまま谷側に落ちると怖い思いをする。人間見たところに行くので、必ず行きたいところを見る。

下の下りたライン、中間のライン、上のラインと試してみたけど、どのラインもうねった斜面では速度を登れるギリギリな速度に落として丁寧なアクセル操作が必須ということを痛感しました。

結局のところ、フィニッシュライン手前で足が出ることが多く、ムキ~ッ!!とするのでした。

おつかれさまでした。

7/23 本日の一撃 甲乙編

ブッチャー&永久保選手

2017/07/20

7/19 水練 &フロント吊り

いつものごとく午前中に指の運動してからBPへ。

相方さんがおにぎりを作ってくれたので、道中に昼食を済ます。

着いたのが14時少し前。O月組のみなさんはお昼のお楽しみ中。

準備して、ウォーミングアップしているころに全員準備完了です。

で。本日のセクションは長~い。おやぢの頭ではメモリー不足、しかも、小難しい。

まずは帰る権利を得るために、簡単なラインから。。。(笑)

徐々に難易度が上がるラインをチョイスしますが、今月に入ってから転倒すること多数。

本日、3.5年間もった純正のRフェンダーが割れてしまいました。涙

それでもボルトのところが割れただけなので、ガムテープで養生すれば、まだまだ使えそうですが。。。

本日の残業

S崎さんにフロントを吊って行くテクニックを伝授してもらった。

フロントを吊り損ねて、先の丸太に刺さるのがとっても怖い。

キモは走り過ぎないこと。とフロントをしっかり上げること。怖いけど。

最後に「出来た」と思い、雄叫びをあげているけど、まだまだですね。とほほ

2017/07/17

7/17 喫茶くるみの木

Cimg0064

今日は10時から17時まで、喫茶「くるみの木」でまったり&しんなり。

この後、夕方におじさん、コメヤさんもご来店。

楽しいダベリングに終始するのでした。(笑)

予告

来週はかき氷を始める予定。お好みのシロップを持ってきてね。

お楽しみに。。。

7/16 猿練 Qコロ

Cimg0051

失敗は突然起こるもんですね。

猿練に来てマシンの準備を済ませ、ウォーミングアップするところはだいたい決まってます。

ステアケースがあったり、ターンがあったり、フロントを吊ったりで距離にすると1kmくらいでしょうか。15分から20分くらい軽く走ってきます。

その中の一ヶ所にフロントを吊って上がりたいステアケースがありまして、もう何百回もやっているところ。

が、そこで失敗しまして、テトラポットの中に落ちてしまいました。涙

01←ここの右下に落ちました。画像はその後、リベンジに来たときのもの。(サポート付)

幸い後ろにJさんが居たので、マシンをいっしょに引き上げくれまして、トランポまで帰ることができました。ありがとうございました。

落ちる瞬間、落ちる場所を確認して、マシンを離し、無事着地。マシンも底まで落ちなかった。

Cimg0049

一番の被害はクラッチレバーくらいで、身体はかすり傷ひとつしませんでした。とてもラッキーだったと思います。下手すれば今ごろ病院のベットだったのかと思うとゾッとします。

笑い話で済んで本当に良かったと思います。

なめてかかると痛い目を見ますね。。。猛省

Cimg0050

喫茶「くるみの木」は涼しくて、この時期最高な避暑地です。(笑)

午後からは先週と同じQコロへ移動して、ザクザクのところのキャンバーターンの練習でした。

おつかれさまでした。&お騒がせしました。<(_ _)>

Cimg0062

2017/07/14

リアブレーキディスク交換

01

他車と比べると効きがイマイチなBETA EVOですが、メンテナンスすれば、それなりに効くようになります。

効きが悪い場合はまずはパッドを疑い交換。

JITSIE RACEの効きがピカイチですが、寿命が短い。ショップに相談したらGALFERセミメタルを薦められました。

確かに効くようにはなったけど、微妙に納得がいかない。

少々値が張るけど、段が付いているし、そろそろディスク交換の時期?

つーことで、同じNGに交換しました。

02

交換して1ヶ月、EVOにしては効くようになりました。エア抜きもしたし。。。汗

先日、EVO乗りのK君に試乗してもらったけど、効きに驚いてくれました。

つーか、K君のブレーキが効かなすぎ。(笑)

効かせる方法を伝授したので、彼のマシンも効くようになることでしょう。

めでたし。めでたし。

追伸

新しいディクスには(加工時の?)油分が極少量付いているので、脱脂することを推奨します。

2017/07/13

712 日常メンテナンす

01

03

買って良かった道具はこのプレスとエアコンプレッサー。

レバーの曲がりなんておちゃのこさいさい。微妙なカーブも修正できる。

アンダーガードはギアオイルの交換時、その都度、外して修正していますが、想像以上に変形しているもんですね。

オイルシールからオイルがにじんできてるけど、まだまだ使えそう。

02

3ヶ月使ったプラグです。

これでも特に不具合は無かったけど、これを見たらねぇ。。。苦笑

04

仕上げはエアフィルターを洗浄してこの日は終了。

こうすると手の油汚れも落ちて一石二鳥。

05

洗浄剤はラベンを使ってます。モノタロウの送料の金額合わせに買う品です。(笑)

https://www.monotaro.com/p/3760/7017/?displayId=5

この後、BPへ向かうのでした。

7/12 BP練

06

ギアオイルの交換など、ここのところ怠っていたメンテナンスなんぞをしてBPへ。

道中、12日の何でもない日なのに結構混んでいる。

それでも予定通りにBPに到着しまして、、、、って駐車場がいっぱい!!

7台も。。。ラッキー!

マシンを下して、ウォーミングアップして昼食。(笑)

小一時間まったりして、セクショントライ。

この日の課題はメリハリのある走り。

ところが乗れてない。理由は暑さからくる疲れか?乗り過ぎ? チョロ足ばかりです。涙

ても、みんなに笑ってもらったから、これでもよいか!?(苦笑)

2017/07/10

7/9 猿練 オフキャンバーターン

01

02

関東南部は厳しい暑さが続いてます。

猿練の集合場所は丸い石が敷き詰めている場所なので、下からの照り返しも厳しい。

それはまるでオーブンの中にいるよう。

ここにタープを立てても石が熱いので、その熱気でそんなに涼しくならない。

ところが、P横は木々の中にあり地面が冷たいので、通る風も涼しい。

そこにテーブルを置いて歓談&昼食。

しばらくはこの場所が一等席になるでしょうね。

06

午後からはQコロに移動して、キャンバーターンの練習。

ここも木陰になっていて、通る風が爽やかだ。

課題はオフキャンバーターン。

07

キモは赤マーカーギリギリでターンするとプッシュアンダーが出来ないが、ここのラインに入るには手前の根っ子を越えるときになるべく左側を走りたい。

そこは左側が谷になっているので、引っかかるとのまま奈落の底に落ちそうで怖い。

08

青マーカーまで走ってしまうとプッシュアンダー出まくり。どんなにゆっくり走ってもおやぢのスキルではクリーンが出ない。しくしく

なので、クリーンを出そうと思えば、フロントホップやリアホップを駆使します。

もしくはフローティングターンでリアの加重をマシマシで。

が。不幸にしてリアタイヤの真下に丸い石があるとフローティングバッタンに。。。(笑)

大会だったら、欲を出さずに足付きターンで1点で出たいところですね。

09

10

2017/07/08

物欲

乗る時間が無いことは百も承知ですが、欲しいなぁ。。。

2017bmwrnineturbangs

Cb1100rs

定期的に波のように襲ってくる物欲が。。。

しかも、中学時代の同級生が6~7人で集まって、ちょくちょくツーリングに出かけていることを先日知って、更に大きな波がぁ・・・。汗

2017/07/06

7/5 水練

午前中に指の運動して、午後からBPへ。

13時、すでにO月組の方々がセクションをトライしておりまして、サクサクと用意を済ませ・・・。

って、皆さん下りてくる?

これから昼食だったらしい。撤収かと思った。。。汗

本日の課題は、フロント・リアホップ。

平らな何でもないところならできても、セクション内だとプレッシャーがあってかなかな難しい。木、岩、テープなどの隙間で振るには、更に精度を要する。

タイヤ幅1本分でも2本分でも正確に振れるようになりたいもんです。

で。コツは下見のときに振る場所を決めること。つーことは、その場でバランスが取れているようにしておかないと上手く振れない訳です。

ここが難問でして、疲れていたり、集中できないでいると結局は足を付いてしまうことになってしまう。この足が振りたい側に付けば良いんだけれど、逆だったら最悪、足の付き直しで2点を喰らってしまうことに。。。む~ん

体幹って大切。シミジミ

2017/07/03

7/2 猿練 アクセル開け開けで

01_2

先日の代田村コンペの反省を踏まえまして、本日の課題は前下がりのステアケースと大ヒューム管。

前下がりのステアケースはP横にあるステアケース手前にU字溝を裏返しにして、2mほど手前に置きます。

リアホイールがU字溝から落ちるのと同時にシーソーのようにフロントを上げ、ステアケースの角にフロントを乗せてからクラッチとアクセルでリアを跳ね上げます。

ここでは押し出しよりも、強くリアタイヤを当てることを目的とし、できれば、リアがステアケースよりも高く跳ね上がるようにしたい。

この日はP横にだれも来なかったので、一人モクモクと練習。

06

昼食後はトントンランドへ行ってターンの練習。

フローティングターンの出来る出来ないで差が付きますね。

駐車場に戻る途中にある大ヒューム管に寄ってもらってトライ。

動画を見ると思っていた以上にフロントタイヤを強く当てすぎている。改善せねば。

02

03

04

07

08

お疲れ様でした。

2017/07/02

【Result】7/2 関東第6戦シライ大会

ポイントランカーです。

Ib11

IB

--------------------------------------

Na11

NA

-------------------------------------

Nb11

NB

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

陽気な仲間

無料ブログはココログ