« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015/09/28

0927 猿練 上を見ろ!

01

02

本日の猿練はドロ沼に沈没したシミズ号をサルベージすることからはじまった。

ドライバーはポッキー。この雨で、4WDでもちょっと考えてしまうドロ沼へ躊躇無くダイブ。

それを下から見ていたチームZ。「大丈夫か!?」の心配も虚しく、沈没してしまいました。

3~4人くらいでは押そうが、引こうが、人力ではとても無理ですね。

4WDのKパパ号でサルベージすることになりました。

やはり4駆の威力はすごい。いとも簡単に、、、

いつかはおやぢ号も役に立つ日が。。。それためにもロープを用意しなければ。f(~~;;

実は、帰りにもKパパの助けが必要だった人が居たのは内緒だ。(謎)

03

午前中はP横で、ドラム缶を越える練習。

フロントを吊って行けば何てこと無いドラム缶も、なめて越えようとすると、メリハリのあるアクセルワークと体重移動がキモに。

無闇にアクセルを開けたり、アクションが合わないとドラム缶でリアが滑って、越えられません。

バターになるまで、クルクルしているうちにレディースは何かをつかんだようで、ビジバシとクリーンを出していました。(動画は半分以上カットしてます。)

04

午後からSUGO対策でQコロへ。

オフキャンバーの練習です。

この日はコメヤさんがノリノリでしてクリーンの連発。こんなに乗れてしまうと、2週間後の大会本番で「調子が落ちますよ」。(ジンクス)

もしかするとこれって「栗の渋皮煮」効果?(意味不明)

おやぢは滑るポイントをやり過ごしてからアクセルをじわぁ~と開ければ良いのに、それがガマンできず、滑りまくり。とほほ

頭が内側に入るし。。。先日のアンクルスクールやマカベ練の教訓がまったく活かされていません。涙

その後、隣接するところの草を刈ってみたところ、J型ステアケースが現れました。

そこをレディースとマッツンが率先してトライ。危なげなく上っていたのには驚きでっす。

それに換えておやぢのアリサマは。。。自分が嫌いになりそうです。しくしく

それもそのはず、ステアケースの真ん中を見てました。恥

見たところにフロントタイヤがいくのは当たり前の話、縮んだサスペンションの反動で真上に打ちあがってます。

結局、気が付いてステアケースの上を見るようにしたら上がれるようになりました。とほほ

2歩進んで3歩下がってます。む~ん

でもね。そんな沈んだココロをチームZのこの笑顔に癒され、元気になるのでした。

05

めでたし。めでたし。

0927 本日の一撃

自分のセンスの無さに嫌気が。。。しくしく

2015/09/26

Montesa Cota 300RR

す・て・き!

2015/09/25

9/23 猿練 上りの抜重

連休の最終日は猿練で。

いつものごとく午前中はP横で軽く汗を流してから昼食。

連休の過ごし方なんぞを報告し、午後からトントンランドへ。

斜面に横たわる丸太を越えるセクションで喰いつきました。

斜め丸太なので、リアを当てるとマシンが横に飛んでしまうので、どうしても足が出る。

クリーンしたとしても、かなり危なっかしい。とほほ

クリーンするプリモさんの動画を考察すると、手前でリアサスを縮めて、抜重がしっかりできている。

対しておやぢはマグロ状態。抜重がまったく出来て無い。しくしく

動画を参考にして、いつかは!!

あるのか?汗

2015/09/23

9/22 マカベ練 猫背

Cimg9229

おやぢが練習している場所は河原とBPが多く、高低差が少ない。

たまにはアクセル開け開けの場所で練習しないとサイレンサーの中がベトベトになってしまう。

そんな訳で連休ということもあり、マカベで練習することになりました。

誘ってくれたのは組長・101君・N師匠。みなさん色付きの達人だ。

おやぢはトライブ気分でして、スイーツの買い物を済ませて現場へ向かいます。

マシンの用意をしたり、ウォーミングアップしているうちに昼食の時間に。。。(笑)

組長が夜勤明けに駆け付けたこともあって、本格始動は昼食後になるのでした。

1sec

Cimg9230_2

インして右ターン。斜めの岩(写真右)を越えて岩盤をターンしながら上って行きます。

おやぢの鬼門は最初のこの斜め岩。

テクニック不足が越えることを許してくれません。アクセルが足らないこともあって、マシンが立たず、思ったラインよりも右に切れ込んでしまい、狙ったラインをトレースすることができません。しくしく

2sec

Cimg9231

先日の関東戦では難所セクションだったところ。

デンガラデンガラ走りつつ、ターンを入れたセクション。

岩を一つ一つ丁寧に越えるテクニックとイッキに越えるテクニックの複合がキモ。

怖くないけど、クリーンが出ないセクションでした。

3sec

終始こんな塩梅でしたわ。とほほ

4sec

Cimg9236

3secの対面にある岩盤。本日一番の高低差セクション(おやぢのリクエイト)

上りはまずまずながら、下りが超超超怖い。

結局ベタベタ足を付いて下るしかありません。涙

でも、下れただけ良いのダ。

トランポに戻って、休憩して、調整の5secをトライして本日の練習会は終了しました。

組長からもっと猫背の姿勢をすることにより、よりリアのトラクションが得られることをアドバイスしてもらった。

これは先日のアンクルスクールで佃先生からいただいたアドバイスと同じ。

どうしたらリアのトラクションが得られるのか? の回答をもらったようなものでした。

以前からアドバイスしてもらっていたことでしたが、「親の小言は後で効く」のごとく、本日の練習会でココロに響きました。

ありがとうございました。

めでたし。めでたし。

2015/09/21

2015 HTDE Result

Nクラスで参戦したへーちゃん・うーたん、凄いね。
IA・IB・N・W(全日本クラス)
B1/2、C1/C2、CW(承認クラス)

9/20 アンクルスクール

Cimg9205

2ヶ月ぶりのアンクルスクールです。

SW連休の初日、渋滞を予測して7時20分には自宅を出発。

湾岸線はTDLの影響もあって、葛西から渋滞。

予想はしていたので、箱崎から京葉道路経由でBPへ向かいます。

このルートが時間最短でして、本日は70分で到着。

すでに7046家、くるみちゃん、T治さんが居ました。さすがスクール日です。

開始の10時までには十数名の生徒が揃いまして、楽しいスクールのはじまりです。

1secにまずトライしたのはくるみちゃん(♂)。

しかも、いきなり1点を叩き出したまして、かな~り焦りました。GASGASからMONTESAにスイッチしたくるみちゃん、伸び盛りのようです。

続きましておやぢのトライ。

ドキドキしつつもクリーンがでまして、「ほっ!」とした次第です。(~~;;

でもね。種明かしすると、まだ丸太が磨かれる前だったんです。。。

その後、湿った土が付いて、難易度が増しました。

で。

ここで佃先生から「もっとリアを意識(荷重)してください。」とのアドバイスをいただく。

ステップから前の動きに比べて、後ろへの動きが足らないそうです。

振りにしていも主に上半身でアクションさせているようでして、もっと下半身を使うようにアドバイスをもらいました。

このアドバイスが効きまくりでして、ステップから後ろの動きを意識すると、リアのトラクションがすこぶる良い。

リアホップ(河原では「ピョンコピョンコ」という。)後の再発進がここの滑る路面や丸太ではとても良くなった。

おやぢが忘れがちなアクション、肝に銘じなければ!!

そんな訳で、本日は気持ち良く乗ることができまして、いつもの倍くらい乗ったでしょうか!?

下半身が重だるいでっす。(良く動いた証拠?)

おつかれさまでした。

2015/09/18

ナス科の野菜たち その後

Nasu

ナス科の野菜たちを断って40日。

オムレツに載ったケチャップ少量とマーボー豆腐は1回食しましたが、トマト・ナス・ジャガイモ・ピーマンは完全に断ってます。

したところ、少々身体に異変が。

テニス肘は完治とは言えないまでも、かなり改善。

トライアルで酷使すると翌日まで尾を引いた痛みは、その日のうちに解消する。

断ってから10日くらいで、痛みというよりも疲労感(鈍痛?)に近い感覚に変わった。近ごろはそれも無い。

当日に痛くなることもあるけど、セクショントライできないほどの辛い痛みでは無くなった。

使い過ぎると痛くなる膝もいまのところ何とも無い。

膝の裏が痛くなると数日間その痛みが続き、歩くのも億劫になるんだけど、それも無い。

ナボリンSは一日1錠で済むし、良い感じです。

もしかすると、ナボリンSから卒業できるかも。。。?

2015/09/17

2016 BETA EVO

2016betaevo

そこの人、そこの人。

2016 BETA EVOですよ。

9/16 プチ水練 フローティングバッタン

Cimg9198_2

今まで水練の往復には首都高速を使っていたのですが、トランポゲットで散在してしまったので、近ごろは一般道でノンビリと。

1時間くらい余計にかかりますが、時給930円のアルバイトと考えれば。。。(笑)

本日のプチ水練のメンバーは、Ⅰ先生、T会長、Y口師匠、くるみちゃん、Y川さん、danna、S原さん、自転車のS木さんとおやぢ。

個人的な課題はフロントを思ったところへ置くこと。

ステアケースでも、フローティングターンでも、まずはフロントタイヤを置いてから、次の行動をとろうと。

そんな訳で、1sec(画像無し)は狭いセクションをブリブリとフロント振りまくり系で、汗の流しました。

2secはこの動画。

キモはドラム缶のフローティングターン。

ここが超怖い。転倒してスネを打ってからは、トライすることすらできなくなってしまいました。とほほ

リアを振ると若干斜面しているためバックしていまう。実に微妙。オブザーバーによっては5点の可能性が。。。

今回の練習で身体が遅れているため、ハンドルにぶら下がっていることが分かりました。

だから、できるようになったのか!?

と問われれば。「それは別です。」と返答するしかありません。しくしく

Cimg9197_2

昼前から暗くなるまで、ミッチリ乗ったので、節々が痛いでっす。

でも、楽しかったからこれで良いのだ!

おつかれさまでした。

2015/09/14

ラダーケース

Cimg9140

Cimg9143

黒く塗りました。

アルミのアングルも付けてました。

ご満悦でっす。v(^^;;

9/13 猿練 ブルトン改めはちこ

前日の河原の天気予報は終日晴れ。久々の晴れで楽しみにしていたのですが、当日の朝になって悪化、昼前後に前線の通過で小雨らしい。

ちょっとがっかりしつつ河原へ向かいます。

が、いっこうに雨粒に出会いません。

お昼過ぎになって、トイレで手を洗って拭かず、手を振った程度のしぶきがパラリンッと降った程度。

曇天で絶好のトライアル日和でした。

涼しいもんだから、みなさん朝からP横でセクショントライです。

いつものごとく、クリーンした人から昼食にありつけるのはチームZの掟。

昼食中でも、しばらくはエンジン音が聞こえました。(笑)

でもって、午後はブルトン改めはちこへ移動してセクショントライ。

大まかにマーカーを置いて、各々のレベルに合わせてトライします。

一部でHRC(ヘンタイ老人クラブの略)全開の人が居たことは内緒ダ!(笑)

おやぢは下のシェフの動画をやりたくて何度もトライしますが、まったく歯が立ちません。しくしく

フローティングマスターの称号はまだまだ遠~い。

水練でもこれの練習が続きます。

カッチョ良い! 裏山しぃゾー!

おつかれさまでした。

2015/09/08

脱出法

木の長さはワダチの深さにより、考えた方が良さそう。

でも、これはコロンブスのタマゴ。

だれか河原で試してもらいたいなぁ。(笑)

2015/09/07

9/6 猿練 ブルトン2

Cimg9123

本日のセクションは先週に続きブルトンで。(知らない人のためにブルトンとはこちらのこと。10年以上前、セロー乗りのS藤さんがこの場を訪れ、ここを走る私たちを見て驚き命名されました。)

ブルトンの脇を更に開拓して拡張し、別物になったため、「はちこ」(仮称)と命名されました。「はちこ」はここに居たケガした犬の仮称のこと。

ここもだれかがハードな?芸をすれば、その人の名前が付くことになるのですが。。。(笑)

セクションのキモのステアケースはマーカーを無視して直線的にアプローチすれば大したことないのですが、直前にターンが入ると難しくなります。

手前の2個のテトラポットの凸がステップやタイヤと干渉するため、2アクション手前の左ターンがキモ。

なるべく左の青マーカーに寄ってから、コンクリート塊の手前の右ターンをなるべく奥でターンしたい、そうすればステップが干渉することはありません。

砂地で難しかったため、この青マーカーを30cmくらい左に寄せたので、振らなくてもクリーンするようになりました。

トライアルはライン取りが本当に難しいですね。

Ao

3時過ぎに雨が降ってきたので撤収。

トランポに戻って帰り仕度をする人が多数の中、様子を見る人が数名。

運よく雨が止んだので、その数名でP横の滑る丸太の斜め越えの練習ができました。

めでたし。めでたし。

2015/09/03

アルミバー

Cimg9048_2

TKSオリジナルというメーカーから通販されているアルミバーセット(EP1000H)

これは内装の内張りを止める金具にクリップナットを付けて取り付けています。

取扱説明書では簡単に取り付けかができるように書いてありますが、Cピラー上部の内側に天井の内張りが差込んであって、めくるのに一苦労。

電話で問い合わせしてみらた「内装は少し変形します」という回答。。。む~ん

それでは納得がいかない。

つーことでCピラーのプラスチックの内張りを外すことにしました。

シートベルトガイドと仕切り棒の受けを取り外し、ピラーのプラスチック内張りを後ろにスライドさせて引っ張っると外れます。フ~ッ

こうすれば天井の内張りの隙間に手が入るので、クリップナットを手探りで取り付けることができます。

後は取扱説明書に書いてある通りでした。

Cimg9049

耐荷重は10kg。バイクを支持できるほどでは無さそうですが、ウエアやタオルなどいろいろとぶら下げて使えそうです。

めでたし。めでたし。

9/2 プチ水練

Cimg9117

本日の関東は朝から雨。

練習仲間の様子をお互いにメールで探り合いながらも、午後から晴れそうなので、水練へ向かうのでした。

おやぢはトランポにプチ改造を施したかったので、それはそれで何とか時間つぶしはできそう。

問題は天気予報が大はずれして雨が降り続くこと。

そんなときは"雨のソロ練"をするほど向上心は無いので(オイオイ)、素直に撤退するつもりでした。

が。ことはうまいこと進みまして、Ⅰ先生、T会長、danna、ガーデナー(仮称)、S木さんが集まりまして、楽しい練習会になりました。

Cimg9080

1secはフロントを吊って行くところがキモ。

この3本枕木の2本目は滑りまして、リアが空転して3本目の枕木にフロントを乗せることが難しい。

なので、フロントを吊って行くのですが、それでもラフにアクセルを開けるとリアが滑ってフロントが上がりません。上がっても狙った場所へ乗せることができません。

後半は路面が乾いてきたので、沿わせて行けるようになりましたが。

2secはターンの練習。

オフキャンバーで、アクセルをラフに開けるとツルリンときます。動画にはありませんが、何人餌食になったことか。。。(笑)

2015/09/01

Honda CB1300・1100EX “CB”を想う

だよねぇ~

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ゆかいな仲間たち

お世話になってます

2019BETA EVO 300st

  • 1902034
    2019年から主力マシンです。

2013Factory300

  • 相模川
    2019 BETA EVOとスイッチ。贅沢にもサブマシン。

TLR200

  • 2015-03-01
    ツインショック大会のためのマシン。メンテナンスが楽しい。

GASGAS RANDONNE

  • Img01718
    出番は少ないのですが、公道を走れる唯一のナンバー取得車です。
無料ブログはココログ