« アルミバー | トップページ | 脱出法 »

2015/09/07

9/6 猿練 ブルトン2

Cimg9123

本日のセクションは先週に続きブルトンで。(知らない人のためにブルトンとはこちらのこと。10年以上前、セロー乗りのS藤さんがこの場を訪れ、ここを走る私たちを見て驚き命名されました。)

ブルトンの脇を更に開拓して拡張し、別物になったため、「はちこ」(仮称)と命名されました。「はちこ」はここに居たケガした犬の仮称のこと。

ここもだれかがハードな?芸をすれば、その人の名前が付くことになるのですが。。。(笑)

セクションのキモのステアケースはマーカーを無視して直線的にアプローチすれば大したことないのですが、直前にターンが入ると難しくなります。

手前の2個のテトラポットの凸がステップやタイヤと干渉するため、2アクション手前の左ターンがキモ。

なるべく左の青マーカーに寄ってから、コンクリート塊の手前の右ターンをなるべく奥でターンしたい、そうすればステップが干渉することはありません。

砂地で難しかったため、この青マーカーを30cmくらい左に寄せたので、振らなくてもクリーンするようになりました。

トライアルはライン取りが本当に難しいですね。

Ao

3時過ぎに雨が降ってきたので撤収。

トランポに戻って帰り仕度をする人が多数の中、様子を見る人が数名。

運よく雨が止んだので、その数名でP横の滑る丸太の斜め越えの練習ができました。

めでたし。めでたし。

« アルミバー | トップページ | 脱出法 »

練習」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アルミバー | トップページ | 脱出法 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

陽気な仲間

無料ブログはココログ