« 5/7 メンテナンス | トップページ | 5/11 猿練 TLR200試走 »

2014/05/11

TLR再生物語② フロントブレーキ

リアブレーキに不満は無かったので、掃除してグリスアップしただけで組んで終わり。

ところがフロントブレーキは効かない。こんなもんらしいけど、どうでしょう??

まずは分解。

したところ、アームの角度が異常でリターンスプリングが縮まっている。本来はこのポンチが一致しなければならないのですが、アームが引く方向に一山違っていました。

Dscn3174

このTLR200のFブレーキには我が家に嫁いだときから径が大きいTLM200の物が付いています。

これを使うためには、TLM200またはTLR250用のワイヤーにすれば良いのですが、メーカー欠品(製造中止?)でして、オークションで出品されるのを待つか、このワイヤーを加工しなければなりません。

つーことで、ワイヤーは伸ばせないので、アウターを切り詰めることにします。

まず、先端をヒートガンで温めて先端のキャップを外します。

Cimg6165

アームを直角に引くようにするためには45mmアウターを切り詰めます。

プライヤーでアウターを引き伸ばし、好みの長さになったところで切断。キャップを戻して出来上がり。(けっこう重労働)

Cimg6166

その後、ブレーキシューを新品に交換。

Cimg6159

フンパツしてデイトナをチョイス。

スプリングを引くときにこんな工具があると便利です。

簡単な構造ですが、威力は想像以上でっす。

スタンドのスプリングなんて、これ無しは考えられません。(笑)

Cimg6163

フレーキパットグリスを可動部に塗布してから組みます。

Cimg6164

♪♪♪

Cimg6168

« 5/7 メンテナンス | トップページ | 5/11 猿練 TLR200試走 »

TLR200」カテゴリの記事

コメント

ほんと TLRのノーマルブレーキは効かないですよね。
ドラムサイズはモンキーと同じシューだとか・・・。

で、ホンダにこだわりTLM220のディスク化にするか?

ディスクはツインショックに邪道だとの方も多いので
TLM200のドラムに換装するのも手です。

ボクもサトちゃんもE原さんに勧められてTLM200にしてます。

ドラえもん握りならジャックナイフ?フォーク底付き?かなり効きますよ。

ところで、TLRのカテゴリーが増えて RTLのカテゴリーが無くなってしまいました。
いつもメンテの参考にしてたのにー寂しいです。復活希望でーす。

◇しゅうちゃん
このマシンに付いているのはTLM200のFブレーキですよ。
ブレーキワイヤーの長さは合いましたか?
おやぢのはレポートの通りです。

HPにはRTLのカテゴリーがありますが、もともとこのブログにはRTLのカテゴリーは無いです。
2006年から2010年までは主にモンテッサやRTLのことがレポートされています。


既にM200のブレーキでしたか・・・良かったですね。(某オークションでも とても高かったです) とりあえずワイヤーギリギリだった気がします。

TLR200の純正ブレーキは まったく効かなかったもんで・・・。「トランポ・・・」にカテゴリーありました!大変助かります。

選手権落ち着いたら 爆笑で一緒に走りましょうねェ。

◇しゅうちゃん
ドラムでも効くようになるらしいのですが、加減が分からない。
大先輩の方々から意見を聞きつつ、精進したいですね。

爆笑は勝負、勝負!!(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 5/7 メンテナンス | トップページ | 5/11 猿練 TLR200試走 »

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

陽気な仲間

無料ブログはココログ