フォト

« 4/29 猿練 マッツン劇場 | トップページ | TLR再生物語① キャブレター・リアサスペンション・スプロケット »

2014/04/30

トライアル世界選手権第2戦日本グラプリ観戦3

時計を見ると12時過ぎ、そろそろお腹も空いてきたので、ここで買ってきたおにぎりをパクつく。

直射日光のせいか、ここ6secは観客がマバラ。落ちついて食事をすることができました。

そうこうしているうちに、小川選手(ガッチ)、黒山選手、野崎選手などS級の日本勢が通過していきます。それでも観客はマバラ。。。

Cimg5936 ファハルド選手

BETA乗りですからね。応援してま~す。♪

Cimg6000 ボウ選手

この距離でナマの選手たちが見られるのはライブだからこそ。楽しい~♪

それでも観客が少ないのはセクションが単調だから?????

出口の丸太手前のターンなんて見どころだと思うんだけどなぁ。。。

で、そこの丸太。

青いラインは直線的に走れるので、失敗する選手は少なかった。

赤いラインがワールドクラス。右端の丸太を越えてから左ターンしてラインを走り、大きな丸太を越えてエンド。

ところが、手前の加速したいところがザクザクの路面でして、しかも中に握り拳くらいの石が混じっているので、加速が超難しそう。

Cimg5938

Cimg5937 ファハルド選手

Cimg5956 カベスタニー選手

Cimg5974 藤波選手1

Cimg5987 藤波選手2

Cimg6014 ボウ選手1

だれよりも上半身が前に入っています。

Cimg6029 ボウ選手2

ここで分かるのは、ファハルド選手・カベスタニー選手の2st勢と藤波選手・ボウ選手の4st勢のラインの違い。

2stは丸太に対して直角に入るのに対して、4stはターンしながら入るのでマシンが寝ています。マシンが寝ているので、リアタイヤが丸太に当たった瞬間、リアタイヤが1mくらい右に飛ぶ。

シェフの動画が同じような姿勢に。
http://youtu.be/zvV7NHYuS_E

そこで耐えたのが藤波選手で、足が出たのがポウ選手。

どうして違うのは分かりません。直線的に入った方が間違いないことは誰よりも知っている選手、それでもターンしながら入らざるおえない何かがあるんでしょうね。

例えば、加速の違いとか???

おやぢには知る由も有りません。

スター選手が去った後、4secと5secを上から観戦しようと移動します。

続く。。。

« 4/29 猿練 マッツン劇場 | トップページ | TLR再生物語① キャブレター・リアサスペンション・スプロケット »

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 4/29 猿練 マッツン劇場 | トップページ | TLR再生物語① キャブレター・リアサスペンション・スプロケット »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

陽気な仲間

無料ブログはココログ