« ピストン | トップページ | Michelin X-11 »

2013/01/09

フロントフォークオイルシール交換

パイオリのスプリング側のオイルシールを交換しました。

Cimg3497

まずは圧が掛かっているうちにロッドを止めているボルトを軽く緩める。

Cimg3499

ロッドを抜こうとしても赤いストッパーが邪魔で抜けない。
構造が分かってないので、見なかったことにして、このまま組んじゃいました。

目的はオイルシールの交換だし、深追いして壊してしまっては元も子もないし。。。

Cimg3500

セロハンテープはお約束。

Cimg3503

オイルシールとインナーにシリコングリースを塗って挿入。(左が新品)

Cimg3504

打ち込み工具は通常これ。
しかし、これだとシールを傷める。だからって失敗したことはないけど。。。気持ちの問題?

Cimg3505

で。40mmの塩ビ管を適当な長さに切ってそれを使って打ち込んでみたところ具合が良い。
長さはこの半分でも良いですね。
長いままで塩ビ管を直接ハンマーで叩くやり方もあるけど。

Cimg3506

ダメ元で締め込んでみたら供回りすることは無かった。

Cimg3508

規定量のオイルを入れて出来上がり。

Cimg3509

こちらはダンバー側。今日はオイル交換のみ。

交換の方法をもう少し詳しく説明しているところはこちらです。

« ピストン | トップページ | Michelin X-11 »

メンテナンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ピストン | トップページ | Michelin X-11 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ゆかいな仲間たち

お世話になってます

2019BETA EVO 300st

  • 1902034
    2019年から主力マシンです。

2013Factory300

  • 相模川
    2019 BETA EVOとスイッチ。贅沢にもサブマシン。

TLR200

  • 2015-03-01
    ツインショック大会のためのマシン。メンテナンスが楽しい。

GASGAS RANDONNE

  • Img01718
    出番は少ないのですが、公道を走れる唯一のナンバー取得車です。
無料ブログはココログ