« アウタークラッチカバー | トップページ | 7/1猿練 空中丸太 »

2012/06/27

クラッチ交換

01

6月19日の日記「クラッチの話」で年式によるフリクションディスクの違いを書きましたが、おやぢのEVOも2012年仕様にするべくディスクを全取っ替えしました。

03

04

まずは下処理で面取り。老眼のおやぢには辛い作業が続きます。。。
上はクラッチディスク。下はフリクションディスク。
白く光っているところが面取りした部分。
クラッチディスクの凸は30個あり、1個につき2ヶ所を面取りします。それが5枚分。
フリクションの凸は12個、1個につき4ヶ所(両面あるので)、それが6枚分。
もう計算するのも面倒です。ショップでやってもらったらいくらかかるんでしょうね。。。。
が。やったものとやらないものでどれくらい違うのか?は不明。
気持ちの問題? う~む

Cimg2271

新ディクスと旧ディスクの厚みをノギスで測ります。
新は24.6mm。旧は23.7mm。
その差は0.9mm。結構大きい差です。
これはペーパーに比べてコルクは厚いため。
手持ちのシム(0.1mm 0.2mm 0.3mm)では間に合いそうにありません。

Cimg2272

フリクションディスクはギアオイルの中でしんなり。

Cimg2274

段付きは修正するほどではなかった。

Cimg2275

完成。クラッチの絵は個人的に好き。

遊びの調整はシムで行いますが(詳しくはこちら)、案の定、手持ちのシムでは足りません。
で。ナリタさんへ買出しに。
結果は『純正+0.5mm+0.3mm』で調整が取れました。

近くの駐車場で軽く試乗してみたけど、良い感じです。
週末が楽しみ。

« アウタークラッチカバー | トップページ | 7/1猿練 空中丸太 »

BETA EVO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« アウタークラッチカバー | トップページ | 7/1猿練 空中丸太 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ゆかいな仲間たち

お世話になってます

2019BETA EVO 300st

  • 1902034
    2019年から主力マシンです。

2013Factory300

  • 相模川
    2019 BETA EVOとスイッチ。贅沢にもサブマシン。

TLR200

  • 2015-03-01
    ツインショック大会のためのマシン。メンテナンスが楽しい。

GASGAS RANDONNE

  • Img01718
    出番は少ないのですが、公道を走れる唯一のナンバー取得車です。
無料ブログはココログ