« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012/06/27

クラッチ交換

01

6月19日の日記「クラッチの話」で年式によるフリクションディスクの違いを書きましたが、おやぢのEVOも2012年仕様にするべくディスクを全取っ替えしました。

03

04

まずは下処理で面取り。老眼のおやぢには辛い作業が続きます。。。
上はクラッチディスク。下はフリクションディスク。
白く光っているところが面取りした部分。
クラッチディスクの凸は30個あり、1個につき2ヶ所を面取りします。それが5枚分。
フリクションの凸は12個、1個につき4ヶ所(両面あるので)、それが6枚分。
もう計算するのも面倒です。ショップでやってもらったらいくらかかるんでしょうね。。。。
が。やったものとやらないものでどれくらい違うのか?は不明。
気持ちの問題? う~む

Cimg2271

新ディクスと旧ディスクの厚みをノギスで測ります。
新は24.6mm。旧は23.7mm。
その差は0.9mm。結構大きい差です。
これはペーパーに比べてコルクは厚いため。
手持ちのシム(0.1mm 0.2mm 0.3mm)では間に合いそうにありません。

Cimg2272

フリクションディスクはギアオイルの中でしんなり。

Cimg2274

段付きは修正するほどではなかった。

Cimg2275

完成。クラッチの絵は個人的に好き。

遊びの調整はシムで行いますが(詳しくはこちら)、案の定、手持ちのシムでは足りません。
で。ナリタさんへ買出しに。
結果は『純正+0.5mm+0.3mm』で調整が取れました。

近くの駐車場で軽く試乗してみたけど、良い感じです。
週末が楽しみ。

アウタークラッチカバー

Cimg2269

逝っているかも。。。

2012/06/25

2012関東トライアル選手権5戦の動画

トライアルファンさんが早速アップしていました。感激!

*セクションはNBがテープ内であれば自由。

NA・IBは区別が無く、青・赤のマーカー規制。

2012関東トライアル選手権5戦 嵐山釣り堀

嵐山釣り堀は、2010年に参戦してしたころに相性が良かったので、1年半ぶりに参戦するならここと決めてたわけです。
タフなセクションになることは予想していましたが、タフ+ロングには翻弄されました。
しかも、川渡でマシントラブル。。。
自分が水没するとは・・・。
ってか、渡らないとセクションに行けないので、突っ込んだですが、まんまと餌食に。。。とほほ
まさか十数年ぶりにマシンを逆さにしてリアタイヤをまわすとは思いませんでした。苦笑

本日は、おやぢのほかにチームZからはエンヂェルちゃん、Kぱぱ、きょーかんの3名が参加。
各々にドラマが待ち受けているとは!?

◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇

01

1sec(3.3.5)
インして左ターン、大岩を越えて、右ターン、岩を2個越えて①、デンガラデンガラの右キャンバーターンしてから、さらにデンガラデンガラ②してアウト。
①までは何とか行けても、②でベッタベタ。不規則に並ぶ尖った岩を、欲を出して突っ込むと転倒する。(餌食多数)

今回の大会はセクションが長くて、しかも出口付近が異常に難しく、”きっちり3点”になることが多い。
「どうせ出口で3点」という気持ちが敗因のひとつ。

◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇

02

2sec(3.3.3)
インして斜めの空中丸太にアンダーガードが当ってバランスを崩す。
右ターン・左ターンして、丸太を越え、溝(水量が多い日は沢になる)を右に左にターンして横断。
内側に身体が入らないように気を付けつつも、どうしても入り、上がったところで足が出る。

◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇

03

3sec(3.3.3)
インしてエンヂェルちゃんのところの岩を上り、右オフキャンバーターン、岩を越えて下り、デンガラデンガラの左キャンバーターン①、下りつつデンガラデンガラしてアウト②。
①足を付かなと回れない。しかもリアタイヤがギリギリなので、少しでもバックすると落ちてしまう。
②勢いで下るとエンドマーカーに当る。

◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇

04

4sec(3.5.3)
インして川の中へ。左ターンして遡上。
水量があって、対地速度と対水速度に大きな開きがあり、手前を見ると走れない。
リア荷重にして、遠くを見ると、ラインを見失う。
△岩を斜めに越えて①、左ターンしてから上に上がってエンド。
①がキモ。越えた後、深みに入るので、どうしても足が出る。
水の中は「早く出たい」という衝動が駆られ、なだれ込んだり、雑になったり。。。しくしく

◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇

05

5sec(2.5.5)
インして2個の岩を越え、左ターン、2個の三角岩を越え①、左ターン②しばらく走って、デンガラデンガラを右ターンしながら上ってエンド③。
①下りるときにラインを外し、右側が岩に激突。軽く負傷した(会場では犬に噛まれたとウソをつく)。
②ラインから外れて岩を下ったら前転した。久々にマシンを追い越した(笑)
③ここも出口が難しい。
そんなに難しくないセクションだったのに5点のダブルは痛い。

◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇

06

6sec(3.3.5)
インして沢を横断①、左ターンして沢に下り、右ターン、沢から出て、左ターン、沢に下ってデンガラデンガラ、上ってデンガラデンガラしてエンド②。
①エンスト。とほほ
②ここも出口が難しい。

◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇

7sec(5.3.3)写真無し
インして左ターン、右ターンして岩を越えて川①へ。
右ターンして岩を下り、川から大岩を越えて②、デンガラデンガラ③してエンド。
①微妙に足がでる。
②上れず
③頑張ってもここで足がでる。

◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇

08

8sec(3.3.5)
インして岩を越え①、右ターン、三角岩を越えて180度ターン②。
ドッカンドッカン大岩を越えてエンド③。
①1個めの岩を下って、直後にもうひとつの岩を越える。今回、このパターン多し。
②振って出来ないことは無かったけど、体力温存。っていうか、その前後で3点になるし。。。しおしお
③止まったらダメ。ガシガシ進むしかない。

◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇

-----スペシャルステージ(川渡)-----
1ラップで水没。
逆さにしてシリンダー内の水を排出した。
EVOはエアクリーナーボックスにドレンが付いているので便利だね。
その代わり、水が入りやすい構造なので対策を講じてもらいたい。逆にRTLはタフだった。
予備プラグ、プラグレンチ、ヘキサゴンレンチは必須。
この日、イナさんが見学に来ていたので、助かりました。
が、マシンは不調。エンストの嵐に。。。とほほ
3ラップでは半水没。
ドレンから排出して、エアフィルターを絞っただけで、復活した。
が、もうテンションがた落ち。。。涙

◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇

9sec(3.1.3)写真無し
インして左ターン、大岩を越えて、右ターン、大岩を越えて、デンガラデンガラ、デンガラデンガラしてエンド。

◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇

10sec(5.5.3)写真無し 本日のおいで難所セクション
インして岩を越えて右ターン①、デンガラデンガラ、デンガラデンガラ、デンガラデンガラ、斜めの大岩を右ターンしながら越えて②エンド。
①ここをクリーンできる人は国際級だな。
②こういうの嫌い!

◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇

久々に3桁クラブ入部。
結果は34名中32位。
しかも、下位2名はリタイヤ組。。。号泣
つーことは完走した人では最下位という結果です。
『反省するまえに顔を洗って来い』という感じです。

エンヂェルちゃんとKぱぱはポイントをゲット。おめでとう。
MFJデビューのきょーかんはマシントラブルでリタイヤになってしまいました。残念

なんて書いてますが、当日は懐かしい人たちともたくさん会えて楽しかったんですよ。
嵐山不老天狗のみなさん、お世話になりました。
ありがとうごいました。

2012/06/21

6/20 プチ猿練 調整

今日集まったのはおじさんとIさんとの3名。
ケガしてもつまらないので、調整するつもりでユルユルとやってましたが、やはりそこは気を引き締めて乗らないと痛いおもいをするもんなんですね。しみじみ

右キャンバーターンでエンスト、右手人差し指を木に挟んでしまいました。
指先にもうひとつ心臓ができたみたいにドクンドクンと。。。とほほ
今は痛みも引いて、ものをつまんでも大丈夫に。この分なら大会には影響ないと思いますが。

これで懲りれば良いものを。。。
移動してすぐに空中丸太を吊って、リアから着地することをやっていたら、身体が遅れて、アクセル半開、ケガしたくなので堪らずマシンを開放。
結果、マシンは半バックフリップ。アクセルから着地してホルダーのフタは破損、グルップは破ける始末。しくしく

先週のミロクではブレーキレバーを折るし、Fフォークのインナーに勲章を作るし、、、まったくついてません。
週末はなによりも、無事完走を願うばかりなり。しおしお

2012/06/19

クラッチの話

2011と2012の違いは、2012から6枚あるフリクションディスクのうち一番手前と奥のディスクがペーパーからコルクに変わったそうです。

ペーパーよりもコルクの方が切れが良くなるわけだから、このあたりがキモかも?

続く。。。

2012/06/18

6/17 ミロク練 アクセル

2012_1yy

この日はわいわいトライアルに参戦。
とは言っても、参戦しつつ、エンヂェルちゃんとヘンタイラインを攻めて来たのでした。
週末の関東戦に参加するための練習も兼ねている訳です。

ところが、しかし、が。アクセルが開けられません。
身体が前に入らないように注意しているからなのか、腰の落とし方が足らないのか。結局は棒立ち?しくしく
助走区間があれば良いのですが、デンガラデンガラしながらのステアケースは上れず玉砕の連打。(2012関東1戦3secの逆周り&IBの丸い岩逆越え)
週末のためにツキを落とそうにも(前の週に乗れていると当日はダメダメになる可能性大。)、ここまで落ちると再浮上不能に陥りそうです。号泣

アクセルが開かない原因は、タイミングが合ってないと思うんです。(無理やり開けるとトッ散らかるのは経験則で分かっているし。)
なぜタイミングが合わないのか?は
練習不足が最たるものですが、「疲れている」というのも有りかと。。。
と都合の良い言い訳をする。。。苦笑
水曜日は台風の影響で練習できなさそう。
つーことは、このまま本番に臨まなければなりません。
と言いきかせるしか無いかと。。。涙

で。大会は?というと。
コメヤさんが11点で2位ゲット。おめでとうございます。
この日は凄く乗れていたのに、優勝した人が8点だから、たまたまウンが悪かったとしか言いようがありません。
次回、頑張ってください。

Op

レディース優勝はちゃんぴおん。
クリーンも出たし、愛のライディングフォームだし、ライバルが居なかったし?(笑)
まだまだ伸びシロが見えました。

Ld

2012/06/15

TY-Sオイル交換

Cimg2242

ほぼ一年ぶりのオイル交換。汗
実働は10日くらいかも。。。

出てきたオイルは真っ黒。
言い換えれば、良い仕事してますヤマハの4stオイル。

Cimg2243

で。今回チョイスしたオイルは広島高潤の4stオイル。
入れて、ちょっとエンジンを始動してみたところ軽くまわる印象(気のせい?)。

クラッチの感触が楽しみ。
インプレは後日。

続く。。。

2012/06/14

タイヤ交換

リアタイヤはこうやってビードを広げておくと、後で御利益が。。。

Cimg2231

タイヤをリムにセットしても自力でビードがリムに密着するので、一気にエアーを入れるとチューブレスリングが無くてもエアーが入ります。(100%ではありませんが)

ムシは抵抗になるので、入れないでビードが上がるまでエアーを入れ続けます。

「パンッ!」とビードが上がってから、指でバルブを押さえ、間髪入れずにムシを入れる訳です。

そのためにも、ムシまわしにムシをセットしておいて、手が届くところに用意しておきます。

完成。幸

*交換の説明はこちらです。

Cimg2236

2012/06/13

MICHELIN vs DUNLOP

タイヤ交換のついでに、M社、D社のタイヤの重量を量ってみました。

Cimg2225

Cimg2228

F-MICHELIN X-Light 3.5kg

Cimg2237

Cimg2238

 F-DUNLOP D803 3.2kg

Cimg2229

Cimg2230

R-MICHELIN X-Light 5.4kg

Cimg2232

Cimg2233

 R-DUNLOP D803 5.7kg

Cimg2240

ダンロップのチュープ 443g

という結果でした。

2012/06/11

Erzberg rodeo 2012

田中太一選手が5位。

ドギー・ランプキン選手が2位。

トライアル界の人たちが上位、つーか完走。

素晴らしいっす。

6/10代田村トライアルクラブ第2戦 マカベ

2012_06_10

朝の天気予報は大はずれのド・ピーカン。
マカベへ向かう車中では思わず顔がほころぶ。
昨日降った雨が空気中の汚れを洗い流し、パークの頂上から眺める真壁の町はハイビジョンテレビのごとくハッキリ・クッキリ。視力が低いおやぢにも遠くの家々がジオラマのようによ~く見える。

そんな中、代田村の第2戦が行われました。
10セクションを2ラップ。クラスは2クラス。クラシック(ビギナー)、チャレンジ(オープン)だ。

おやぢのグループは6名。うち4名はNA以上という猛者のグルーブ。汗
しかし、そこはクラス混成の大会、順位を気にして目を三角にしている人は居ない(と思う)。結果オーライ的でそれはそれで楽しい大会だ。
自分なりに、いろいろと試してみるのも良い機会になる大会です。

おやぢは、振るラインに挑戦。
練習のセクションで振れても、大会本番で振ることはなかなか難しい。
平らなところなら別だが、MFJのセクションではそんなところは稀でして、何かしらの障害物があって振る邪魔をする。
そこを避けて、振りやすいところを探して、ターンのラインを外れてもそこまで行って、振って、クリーンを狙う訳です。

はたして、成果はいかに。。。

2012/06/09

パークまでの所要時間

各トライアルパークまでのザックリとした所要時間。
日曜日の早朝で渋滞なし。(水練は除く)

・猿:70分
・水練:80分(高速利用)
・フルーツ村:100分(高速利用)
・ミロク山荘:100分(高速利用)
・マカベ:120分(高速利用)
・嵐山釣り堀:120分(高速利用)
・アルプスヴァン:160分(高速利用)

2012/06/07

DUNLOP D803 ②

Dunlop2

ダンロップに履き替えて4ヶ月。
タイヤの減りはこのとおりです。
このタイヤで水練に参加して、分かったことがあります。

Dunlop1

この日は台風の影響で朝から雨が降ったり、止んだり。
赤土のパークは場所によっては、わずか10度くらいの斜度でもクラッチをつなぐとバックするくらいのコンディション。
そんな状況下、午前中のセクションでどうしてもクリーンが出ない。クリーンどころか、出口まで行けない始末。
ギアを1速から3速まで変えてみたり、エアを0.3から0.2まで徐々に落としてみてトライしましたが、リアタイヤは虚しく空転するばかり。。。しくしく
ライバルたちと、あまりにも違うレベル。
「どうしてしまったんだ?自分・・・。」涙

どうもガテンがいかなかったので、Y先生のミシュランを履いたシェルコを借りてトライしたら、、、出口まで行ける。
ってかトラクションが全然違う!!笑っちゃうくらい。。。
勘違いということもあるので、Y先生におやぢのEVOに乗ってもらったら、出口まで来れない。
Y先生は、シェルコで連続クリーンが出るくらいなのに。。。
その後、雨は止み、路面の状況が好転した夕方。EVOでも連続クリーンが出るようになりました。

結論
履き替えたばかりのころはこんなことは無かったので、ダンロップの賞味期限は短いようです。
それとプッシュアンダーが出やすい印象です。

2012/06/03

6/3猿練 本日の一撃(セクシー編)

YAMAHAギアオイル②

初日は良かったけど、二日目の今日、キレが悪くなりました。
セクショントライ中にクラッチを切ってもズルズルと進む。

気のせいか?と思い、止まって、四本指でクラッチレバーを握って、アクセルを開けるとマシンが少しだけど、進んでしまう。
これでは使えない。

*おやぢの個人的な感想です。

2012/06/02

5/30プチ猿練 腰

001

ターンの切れが悪いのは腰ではないか!?と想像はしていたけど、ここまで酷いとは。。。とほほ

動画を切り取ってみて唖然。エンヂェルちゃん、シェフはここで腰がもっと回っているはず、明日はこのあたりの練習に集中してみよう。

YAMAHAギアオイル

Cimg2171

今回はヤマハ。
価格は1,000円(1リットル)でおつりがくるくらい。
ヤマハのギアオイルを入れている人はおやぢのまわりには少なくない。
そんな理由で試してみました。

Cimg2174

広島高潤の劣化が感じられないうちに交換。
まだまだ元の色をしています。

水曜日に交換してプチ猿練だったけど、気持ち固いくらいで、悪いところは感じられない。
これから5~6回乗って、様子を見てみよう。

続く。。。

2012/06/01

フューエルタンクキャップ

Costaのタンクキャップ。
水曜日の半日、これで練習したけど、漏れはなし。
邪魔なホースも無くなり、良い感じでっす。

Cimg2185

Cimg2183

Cimg2184

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ゆかいな仲間たち

お世話になってます

2019BETA EVO 300st

  • 1902034
    2019年から主力マシンです。

2013Factory300

  • 相模川
    2019 BETA EVOとスイッチ。贅沢にもサブマシン。

TLR200

  • 2015-03-01
    ツインショック大会のためのマシン。メンテナンスが楽しい。

GASGAS RANDONNE

  • Img01718
    出番は少ないのですが、公道を走れる唯一のナンバー取得車です。
無料ブログはココログ