« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011/10/31

アンダーガードの皿ボルト

M820

EVOのアンダーガードの後ろ部分はヘキサゴンの皿ボルト(M8-20)が使われています。

この取り付けボルトは真下に付いているので、コンクリートなどにガシガシぶつけると磨り減ったり、六角の穴が変形してしまって、外すのに とっっっっても苦労します。

なので、ケチらずに定期的に交換したいところです。

28個で630円。送料もこれくらいかかりますが、純正の値段を考えると、かなりリーズナブル。

2011/10/30

道志の森キャンプ場 トライアル事情

Cimg0376

グランドから奥に進む途中にある沢の入り口です。かなり地形が変わってしまいました。

Cimg0373

その上流。ここも掘れてしまって変わっている。

Cimg0371

その右上のセクションが作られる場所は変わってなかった。

Cimg0377_3

こちらはグランドキャニオン奥の牛岩(仮称)。いまにも転げ落ちそう。

Cimg0378

ここは牛岩から奥の沢に入る入口。初心者は苦戦しそう。
でも、行けないことは無い。

Cimg0382

行き止まりの岩盤の沢。

Cimg0380

これは牛岩のずっと手前。右はキャニオンに上がるヒルクライム。
沢の浅い場所を探して、渡りました。

一年前と大きく変わったところはありません。すべてを走った訳ではないので、断言はできませんが、走れなくなったところは無いと思います。

難しくなったところはありますが。。。

それと、朝の気温は12度でしたが、この時期でもキャンパーは多いです。。。

キャニオンの上にも数家族がキャンプしていたので、かなり気は使ったつもり。

トライアルは牛岩の奥の沢か、グランドの裏で遊ぶのが良いでしょうね。

道志温泉情報

Cimg0364

『しばらくの間、臨時休業』?
日本語って難しい(笑)

道志の湯も改装のため休業中です。

なので、紅椿の湯の休憩室は混んでいた。

2011/10/28

フィルターボックスブラケット

Fsb1

サイレンサーに押されて、曲がったみたい。

整形しても、また?

最悪は折れるかも。。。

キャブレター データ

メインジェット    122
スロージェット    48
ニードル       JJH 下から2段
スロットルバルブ 3.5

2011/10/26

10/26プチ猿練 ステアケース 続々

今日もトライしてきました。

が、変わりませんね。。。

あ!

でも、後退してないだけ良しとしましょう(笑)

ブレーキペダル モディファイ

BETAはTechno時代からブレーキペダルの受けがフレームに直に接しています。ここは何かにペダルがヒットして、取り付けボルトが曲がるほど強大な力が掛るにもかかわらず、そんな雑な取り付け方をしているんです。
だから年数が経つとアルミのフレームが痩せて、鉄製の受けがめり込んでペダルの動きが悪くなります。
先日もシェフがここのボルトをユルくしているところを見て、Rev-3でやっていたことを思い出しました。
締め込むとペダルの動きが固くなり、戻らなくなってしまいます。これでは遊びが無くなってマスターには良いことはありません。かと言ってユルユルのままでは、ペダルが外れて迷子になりかねません。

Img_4955

対策は簡単。受けとフレームの間に適当なワッシャーを一枚入れるだけ。
Rev-3はペダルとチェーンの隙間が狭く、ちょっとペダルが曲がってもチェーンと干渉しましたが、EVOは大丈夫です。隙間は十分にあります。
ワッシャーも時間とともに変形しますが、そんなときは交換するだけです。

Img_4956_2

2011/10/24

10/24猿練 ステアケース 続き

動画って本当に助かります。
スロー再生すれば何がどうなっているのか一目瞭然。
トライアルにはデジカメは必須アイテムですね。

上で止まりたいところですが、いまのおやぢにはこれが限界です。
この日は気持ちよく帰れましたとさ。

マグネットカバー&スプロケットプロテクション

ボロくなったので交換。

Img_3001

マグネットカバー1,890円(税込み)

Img_3003

スプケットプロテクション861円(税込み)

10/24猿練 ステアケースNG編

1026

OKがあるのか不安ですが。。。汗

お辞儀
動画の一発目でお辞儀しているのがまっっったくダメ。これをやると視覚だけが下がり腰は下がりません。
この悪いクセは治った!?と思っていましたが、プレッシャーがかかるとまだ出てしまうみたい。とほほ
撲滅しなくては!!

棒立ち
腰をもっと落としたいところ。膝の角度を見ると棒立ちです。
3歩進んで2歩下がるならまだしも、8/7の動画と比べてもまったく進歩してません。号泣
http://tranpo.cocolog-nifty.com/tranpo/2011/08/87-fac6.html

アクセル
動画は音が無いので分かりませんが、アクセルが開いてません。特にリアが上るとき。
腰が下がれば連動してアクセルは開くので、そのあたりで改善の光が。。。

フロントタイヤの当てどこ
フロントタイヤをステアの角に当てたいけど、すっぽ抜けている。
当てられれば、もう少しマシンが立ち、アンダーガードが当らなくなるはず。
アンダーガードが当るとマシンの勢いが殺されるので、上れるものも上れなくなってしまう。

撮ってもらった動画を現場で何度も確認しつつ、再トライした。

続く。。。

こういう感じにしたいっす。

2011/10/22

ライセンス更新

ライセンスの更新方法が改善され、Webでもできるようになるんですね。知らなかった。

http://www.mfj.or.jp/

リバウンド④

1022

減量は鈍化。

ちょっと苦戦しそうな予感。。。

2011/10/21

杉恵ゆりか

どこかで見かけたら応援してやってください

http://ameblo.jp/sugieyurika/

2011/10/20

10/19水練 セクショントライ

これは午前中のセクション。
「いきなりこれかい!?」って言うくらい難しい。
キモはヒューム管を下ってから左ターンして、左ターンしつつヒューム管を上るところ。手前の埋まった斜めのU字溝が滑るので、ゆっくりフルロックターンが出来ない。
荒くアクセルを開けると滑って痛い思いもするし。。。

で、もうひとつは出口手前の右ターン。
おやぢ的にはここが最大の難所。1点が最高でしたが、その1点がココ。
走り方を教わりましたが、何度トライしても出来なかった。涙

こちらは午後のセクション。
こちらは難易度が下がりました(笑)
キモはステアケースを越えて、下って、左ターンしつつのデンガラデンガラ。
膝を入れてからステップを斜め前に押してトラクションを得ながら走るテクニックは水練の真髄。それが出来るか否かで勝負が決まります。

放課後
午後のセクションの入り口で使ったステアケースを助走無しで練習。
ステアケースを上るテクニック以前の問題で、スタンディングできないことに閉口しまくり。とほほ
埋まった石にフロントタイヤを引っかけてスタンディングしますが、若干斜めにすれば何とかできるものの、正面からハンドルを切らずにトライすると、まったく安定せず、ステアケースに行く前に疲れてしまう。しくしく

2011/10/19

サイドスタンドグロメット

ホームセンターで揃えて

Cimg1

組み立てて

Cimg2

取り付けた

Cimg3

なかなか具合はよござんす。

2011/10/16

10/16猿練 チャッピーの丘

今日は全日本中部大会へ行こうと思ってトランポを片付け、荷台に寝具を用意して準備万端だったのですが、怒涛の仕事に疲れ果て断念。
とても往復550kmは耐えられない。だけならまだしも事故でも起きたら大変。
などと行けない理由を探し始める始末、猿練にしました。
結果、楽しかったし、身体を動かしたおかげで、ストレスは解消できたと思います。

チャッピーの丘(仮称)でセクショントライ。

最後の斜め丸太がキモ。
おやぢのメロンパン(振り上げ)だと奥が無いのでオーバーするか、足らずにリアが上がりません。
なので、おやぢは抜重と押し出しをチョイス。正解だったようです。

こちらは左からターンして行くライン。
なんだかホッピングしている意味が無いような・・・。汗

えんぢぇるちゃん

みかー

シェフ

コメヤ

じゅんじゅん

たけぱぱ

ブッチャー

おつかれさまでした。

2011/10/15

2012 BETA EVO キルスイッチ

20122
Betamotor Japanから写真を拝借。

20121
たぶんキルスイッチだと思うんだけど、この位置って。。。

もし、右に転倒してアクセル全開になったらどうするんだろう?

キルスイッチを替えれば済む話だけど、要らぬ心配をしてみたり・・・・。

2011/10/12

10/12プチ猿練 リア飛ばしとバランス取り

今日はこれがやりたくて猿へ。

が、しかし、何度やっても出来ません。とほほ
手前の低い方で、感覚をつかんでから奥の高い方にトライしますが、何か違う。
フロントが刺せればできそうな気がするんですが、上手く刺せません。
でもね、シンちゃんは刺しているように見えないんだよね。。。
リアサスペンションとタイミングで飛んでいる。

セクションの中には難所(ポイント)がいくつかあって、そこの手前では姿勢や呼吸を整えます。ってか、そうしたい。
でも、そのポイントの手前にはフルロックターンがあったり、激下りがあったり、デンガラデンガラがあったり、オフキャンバーがあったりして思うようにできません。
そこでトッ散らかってバランスを崩したままポイントになだれ込むと、越えられるものも越えられなくなってしまいます。
おやぢが本番でよくやってしまう失敗。。。汗

キズが大きくなる前に足を付いてしまうのも戦術ではあるのですが。。。

2011/10/11

10/10マカベ練 見学

きょうはマカベで限りなく緑色に近いNAとIBな方々にまじって練習しました。
とは言え、同じラインはとても無理なので、見学またはお味噌ラインで。。。

で、一日見学したことは、もしかすると練習以上の収穫だったかも知れません。
アクセルにしても、クラッチにしても、体重移動にしてもおやぢが思っている以上のことをしないとマシンを操ることはできないのかもしれません。
特にマカベのような不連続な岩で足を付かずに走るにはそうしたことが不可欠。
アクセルを開けるところではキッチリ開けて、開けてはいけないところでは体重移動で。
今まででも理解していたつもりですが、それでは足らなかったことが分かっただけでもマカベに来て良かったと思います。

みかーくん

kitasan08さん

岩井@組長

サツくん

2011/10/09

サスペンションから異音

マシンから何かが擦れるようなギーギー音。
ホッピングでフルボトムするときにだけ聞こえる。
聞こえてくるのはマシンの中心部分あたりから。

まずはサイレンサーとバネの干渉を疑う。
が、問題無い。

バネの座面とストッパーを疑ってCRCをピンポイントで吹く。
が、異常無し。

アンダーガードのボルトを疑って増し締め。
が、改善せず。

エンジンがマウントされているボルトナットを増し締め。
直った。

ここだった。

20111009

因みに、増し締めには14mmのボックスと奥にあるので、エクステンションバーが2組分必要です。

2011/10/06

10/5水練 雨天走行

久々に泥んこになって遊びました。
10時の開始から雨。止むことも無く終日降り続きました。
降り始めはドロがタイヤにからみ付く嫌な路面。ちょっとしたアクセル・ブレーキ操作で"ツルリンッ"ときます。
斜めの根っ子を横切ろうもんなら、氷の上を走っている様。ビビリまくりです。

昼過ぎには雨は本降りなったため、上っ面のドロが流れてグリップが若干快復。でも、油断すると足元をすくわれます。
セクショントライでステアケースに激突、転倒したときに痛い右腕を付いたため五十肩がニュートリノの世界へ。。。とほほ
まぁ、ライディングには支障無い程度なので、ご心配は無用です。

メモ
■何速
2速が良さそう。
グリップするし、なんつってもマシンが進む君。
ただし、助走が必要になるのでラインのとり方がキモ。

■アクセル
開けたいのをガマン。
アクセルもクラッチも"フワッ"と。

■姿勢
若干腰を落とすと自然にリア荷重になるみたい。(主観)

■失敗
エンジンのパワーを使わないフロント振りはバックする。

■ボディアクション
これに尽きる。
動画を撮ってないので、分からないけど、それでも自分が思っているよりも動いてないと思う。
マシンの押し出しとリア荷重は、とても良い練習になりました。

■斜め丸太
シーソー式が有効。
リアが丸太や岩など障害物から下りる反動を利用してフロントを上げる。
角度と距離がキモ。

2011/10/03

10/2フルーツ練 ヒルクライム&デンガラデンガラ

20111002

今日のチームZは千葉にある佐野フルーツ村へ遠征。
普段やらない(猿ではできない)ヒルクライムやロックセクションを堪能してきました。
朝にすこしパラパラと雨が降ってきましたが、基本は曇天。暑からず寒からずの絶好のトライアル日和。
朝から夕方まで、目いっぱい練習してきました。

そんな中、写真にある沢のロックセクションでは思うように走ることができず悔しい思いを。。。
岩と岩の間を下るところでは、リアが滑って思ったラインをトレースすることができません。
他の人たちを見ているとリアを滑らせないか、滑っても堪えている。何度も見てトライしても滑って足が出てしまう。
もう何がどう違うのか?が分からないので、対処のしようがありません。
出来る人に聞いても、どうやってクリアしているのか?が分かっていません。
う~む・・・・。
魂で走れる人はうらやましいっす。

例えば、この動画。
ステアケースとかリア振りって練習すれば、できるようになりますが、その先の斜面を上手く走るのは魂だと思うのです。
斜度は大したことは無いので、溝が無ければだれでも上れます。
ところがこの斜めの溝は、理屈ではない身体の動きが要求されます。
トライアルを始めて1年2年の人でも、経験では無い何かを持っている人って普通に走破してしまうの。
マグレだとしても、結構な確立で走破するもんだから、そのうちに走れるようになってしまう。
ところがおやぢは、何度走っても確立が上がりません。
きっと、来週トライしても、来月トライしても、その確率は変わらない気がする。

ということは、実戦ではクリーンを狙うのではなく、いかに減点を少なくして抜けるか?を考える必要があるわけです。
何だかちょっと後ろとは言わないけど、横向く?ような戦術なのですが、仕方ない。

でも、でも、でも、きょうは体調が良くなかったことにしたいなぁ。苦笑

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ゆかいな仲間たち

お世話になってます

2019BETA EVO 300st

  • 1902034
    2019年から主力マシンです。

2013Factory300

  • 相模川
    2019 BETA EVOとスイッチ。贅沢にもサブマシン。

TLR200

  • 2015-03-01
    ツインショック大会のためのマシン。メンテナンスが楽しい。

GASGAS RANDONNE

  • Img01718
    出番は少ないのですが、公道を走れる唯一のナンバー取得車です。
無料ブログはココログ