« 7/3猿練 本日の男前 | トップページ | カイダックリアフェンダー2 »

2011/07/07

フライホイールウエイト

S3とGRクラフトの二社から発売されてまして、S3は380g(実測)、GRクラフトのものは320gと450gがチョイスできます。
今回試乗させてもらったものはS3とGRクラフトの320gのものです。
両方とも皿ネジ2個で簡単に取り付けることができます。
GRクラフトのものは厚みがあるので、エンジンとカバーの間に透明なプラスチック製のガスケットとのようなものを挟みます。数ミリのものなので、取り付け後はまったく違和感はありません。(あくまでも主観)
でも、割れたらパーツとして購入は可能なのだろうか? 

取り付けたマシンの2009オーナー「エンジンがマイルドになって、ツンツンしなくなった。」という印象。
また別の2010オーナーは「発進時にフワッとした優しい印象」と言ってました。

おやぢはアクセルを開けたときよりも閉じたときに違いを感じました。
フライホイールの慣性が大きくなった分、前進する余力を感じることができます。アクセルを閉じたときの慣性なので、進みすぎるような嫌な印象ではありません。それも1速よりも2速、2速よりも3速でその違いは感じられます。滑る路面を止まらずに進もうと思うと良いでしょうね。

取り付け、取り外しが簡単なので、走るセクションのコンディションによって、付けたり、外したりするのも面白いと思います。
S3が9,800円、GRクラフトが7,500円、さてどうしましょう?

« 7/3猿練 本日の男前 | トップページ | カイダックリアフェンダー2 »

BETA EVO」カテゴリの記事

コメント

クラッチプレートが鉄製かアルミ製かでも、フライホイールが変わったような感じになりますよね

◇カズキくん
20へぇ~。(死語?)
それって半クラッチの感触からくるの?

材質が違うのでタッチが違うのはもちろんですが…

僕の場合は、エンジンの回転の上がり方、落ち方も体感出来るくらい変わりました

タッチとか切れが良いとかは判ったけど、エンジンの回り方は全然判らなかったよ。
すごい感性だね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 7/3猿練 本日の男前 | トップページ | カイダックリアフェンダー2 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ゆかいな仲間たち

お世話になってます

2019BETA EVO 300st

  • 1902034
    2019年から主力マシンです。

2013Factory300

  • 相模川
    2019 BETA EVOとスイッチ。贅沢にもサブマシン。

TLR200

  • 2015-03-01
    ツインショック大会のためのマシン。メンテナンスが楽しい。

GASGAS RANDONNE

  • Img01718
    出番は少ないのですが、公道を走れる唯一のナンバー取得車です。
無料ブログはココログ