« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011/04/30

カイダックリアフェンダー

11430

フランケンになってしまった黒フェンダーはもう一回まくれて折ってしまったら、再復活は不可能でしょう。

ということで、興味があったカイダック製のリアフェンダーをポチりました。

自分でデカールを貼ってみたんですが、これがけっこう大変。分割しているので、最初に貼ったデカールの位置を間違えるとボタンの掛け違い状態に。。。

仮止めしてから全体のバランスを見ながら貼るので、洗剤おおめの水を霧吹きで吹きまくり。そんなもんだから、裸になって風呂場で作業しました。

苦労した甲斐あって、なかなかの出来栄え。
一人ご満悦状態です(笑)

2011/04/29

2011山菜ツアー

Img_4249

群馬県藤岡市へ山菜狩りに行ってきました。

Img_4245

時期的には早からず、遅からずで絶妙なタイミングでした。

Img_4246

いつもだと皆さんの協力?が必要なくらいタラの芽を探すのが下手クソなのですが、今年はおやぢにしては珍しく、ご覧の通り、自分の分くらいは確保することできました。それくらい良く捕れた訳ですね。。。

Img_4250

かれこれ10年以上は続いている山菜ツアー、今年も美味しく楽しめました。これが無いと春が来た気がしません。

地元のかいじゅうさん、本田巡査(HN)、ありがとうございました。また、来年もよろしこv(^^)

*出来上がりの写真を撮り忘れました。<(_\_)>

2011/04/27

4/27猿練 2速

ヒルクライム以外はすべて1速でしたが、そろそろ2速の練習もしておかねば。。。

ということで、今日は2速で河原をニョロニョロ。

ステアケースでは、2stのEVOに乗り換えて、ただでさえアクセルの戻しが遅いと感じてしたのに、2速にすると更にアクセルの戻しを意識しなければなりません。

が、しかし、タイミングさえ合えば、びっくりするくらい走るし飛ぶ。

河原に新しい土盛りがあったので、飛ぶ練習をしてみました。

楽しい

初『冷やし中華』

昨日の昼食時に見かけた日本そば屋さんの"「冷やし中華」はじめました"の手書きの張り紙。
どうしようか?悩んだんだけど、口の中はアジフライ定食だったもんで、パスしてしまった。

今朝、相方さんから「冷やし中華あるよ!」の一声。
で、朝からちょっとテンション上がりました(笑)

『冷やし中華はじめました』笑えます。

2011/04/25

4/24道志の森練 いろいろ

絶好のトライアル日和でした。

00

午前中、まずは肩慣らしで、キャンバーターンからの上り。

07

"肩慣らし"とは言っても前日の雨で路面はニュルニュル。しかも徐々にターンがきつくなってからの上りだから、まともに上がれるわけもなく、ただ、ただ、トライを繰り返すのみ。
それでもコンディションが良くなってくるとみなさん『登頂に成功するの巻』です。恐るべしチームZ。

沢で遊んで、昼食後はグランド裏へ移動です。

08

マシンの送り出しが辛いので、おやぢは一発勝負!

次は脇の沢のセクションです。
ここは何度もトライしてやっっっっとクリーンが。。。
斜め岩でトッ散らかり、右の岩でフレームの慣らし完了っす。しくしく

ラストはヒルクライム大会。

シェフ

おじさん

コメやさん

イナさん

えんぢぇるちゃん

帰りには紅椿の湯でしんなりして、本日の練習会は終了しました。

めでたし。めでたし。

道志の森キャンプ場 近況

01

チームZの練習会で道志の森キャンプ場へ行って来ました。
去年のクリスマストライアルに参加したときよりもさらに走れる場所がなくなってしまったので、報告します。
例年だとキャンパーが増えて、そろそろ走れなくなる時期ですが、前日の荒れた天気で流石にキャンパーは少なかったようです。

03

通称キャニオンにある大岩(仮称、牛岩)のところまで土木工事が進んでまして、さらに奥へ行くことはできなくなりました。

04

脇の沢伝いに徒歩なら上れますが、倒木が先へ行くことを拒みます。
この先には5~6secくらいはできる美味しい場所がいくつかあります。キャンパーから離れた場所にあるので、安心してアクセルを開けることができました。

06

牛岩を反対側から見たところ。

道志の森キャンプ場に限らず、年々走れる場所が減ってしまっている関東のトライアル事情。
大切にしたいところです。

2011/04/22

タイヤ交換

Tire

とは言ってもトランポの話。

スタッドレスと乗り比べると、やっぱりノーマルタイヤは気持ち良い。音も静か。

GWの高速道路移動が楽しみです。

2011/04/21

4/20水練 デンガラデンガラ

丸太とタイヤの複合セクションをライン別に攻めてみました。

Aライン
リアタイヤが滑る丸太を越えてから、フローティングして越えるか、リアを振って越える。
おやぢはこのラインが好き(笑)

Bライン
フロントタイヤを大タイヤに上げるときにリアタイヤが滑る丸太にかかる。
速度が遅いとリアタイヤが丸太に引っ掛かる。
アクセルを開け過ぎるとリアタイヤがこの丸太で滑る。または、グリップすると大タイヤの上でトッ散らかる。

Cライン
手前の小タイヤ(横になっているホイール付タイヤ)から大タイヤまでフロントを運ぶときにリアタイヤが手前の丸太にかかる。
リアタイヤがこの丸太から下るときの加速を考えながらフロントを上げる。んだけど、とにかく怖い。
アクセルを開け過ぎて、フロントが満足に上がらず、大タイヤに刺さった。今日は何かにぶつけた右ひざが痛い。。。とほほ

総括
尻を後ろに引き過ぎているのか?と思い、Y先生にトライしてもらったら、同じだった。
おやぢと違うのはY先生もdannaもテンポが良い。
おやぢはギャップに対してアクセルが合って無いような気がする。ギクシャクしている。

で、そのdannaは凄かった。
動画の通り、サクサク走っている。
身体が良く動いているのと、アクセル&クラッチにメリハリがあって素晴らしかった。

2011/04/19

リアフェンダー崩壊

Dvc00235
・・・・・。とほほ

2011/04/18

4/17フルーツ村練 ステアケース

2secで使ったステアケース。
肩が痛くってマシンの送り出しができないため、腰を入れて全身でマシンを押し出しています。
タイヤって濡れているとすごく滑るし、窪みにフロントタイヤが入ると上りみたいになるので厄介。
できれば、もっと膝を曲げて伸び上がれると楽に上がれるような気がする。

「ブーッ・バッ」がここでできるようになると良いなぁ。。。

4/17代田村第1戦フルーツ村

02

05_2

051

11

12

代田村トライアルクラブのクラブ第1戦に参加するため、千葉の佐野フルーツ村へ。
ここは自宅からだとアクアラインを使えば62km。時間にして90分弱の場所にあって、おやぢ的には便利な場所にあります。
超ヒルクライムと沢が有名で、年に1回MFJの関東戦が行われる場所です。今年は震災の影響で、7/3に延期されました。
ホームが猿のおやぢにとって、ダイナミックなセクションは練習してないこともあって苦手。
んなわけで、結果は下から3番目という始末です。しくしく

写真の5secなんて2ラップとも5点。
加速できる場所が短く、且つ、路面がうねっていて微妙なアクセルワークを必要とするセクションは練習が必要だと痛感しました。
週末は道志の森で特訓の予定でっす。

おまけ
参加賞でもらったタラの芽と新玉ねぎを天ぷらにして幸せになりました。

13

めでたし。めでたし。

2011/04/14

4/13プチ練 いろいろ

右ターンのリア振りが苦手なので、その練習。
斜め左に伸び上がるタイミングが良くないみたい。餅つきになってしまう。(同じ場所にリアが落ちること)

リアタイヤをステアの角まで上げる練習。
昔はこちらの方が得意だったのに、今ではカラッキシ。。。しくしく

二度吹かし、奥深し、、、とほほ

動画はえんぢぇるちゃんに以前教わったテク。
直角に進入して出る。
この場所が分かる人はご賞味あれ(笑)

練習後、家族はコンサートで留守なのでY食堂へ。
お奨めのぶりカマを定食で。
絶妙な塩加減で超うまうまでした。
また、行きたいっす。

2011/04/12

MFJのスケジュール

関東戦・地方選の日程が決まったようです。

こちらからどうぞ。

ヤマハPASリチウム インプレ

発売当初よりも高性能・低価格になったとは言え、7万円は痛い出費ですが、坂が多いところに住んでいる人、子どもの送り迎えがある人には絶対にお勧めです。楽です。交通法規厳しくありません。ヘルメット要りません。

ギアは3速で、アシストは3段階。通常は2速、アシスト中(標準)で乗ってます。
環状線が立体交差しているところは2速、アシスト強で楽々。

20110412

歩道橋に自転車用通路が設けてあるところ(写真)は坂が急ですが、1速の強にすれば座って走れます。
ただし、ペダルが軽いので、そのつもりで踏み込むとどんどん加速してしまって、アシストが減り重たくなってしまいます。
だから、ハンドルがふら付かない程度の低速で上ると平坦地を走ってるくらいの踏み込みでグイグイ上がっていきます。

出だしはアシストが強いので、乗ったままUターンしようとすると危ないです。ググッとアシストするので、トライアル同じく、ターンが膨らんでしまいます。子どもを乗せていたり、買い物満載のときは重心が高いので、特に注意が必要です。

走行距離はフル充電でおおよそ15km。種類によっては50kmオーバーなんていう車種もありますが、値段が。。。
バッテリーは車体価格の半分くらいの3万円以上するようです。
800~900の充電回数で容量が約半分になるようで、そのころが取替え時期なんだそうです。(取説より)
といっても、一週間に2回充電する人でも7年半は使える計算なので、そのころには自転車本体を買い換えるときになるかも知れませんね。

2011/04/11

4/10猿練 マッピングスイッチ

RTLからEVOに乗り換えたばかりはエンジンのレスポンスが凄くって、とても扱える自信はありませんでした。
壊したり、ケガしてもつまらないので、とりあえずマッピングスイッチはソフトな『1』にして乗っていました。これでも十分過ぎるレスポンスですが。。。汗
エンブレが効く4stではアクセルを戻すタイミングが少しばかり遅く、そのまま2stに乗るとまくれることがあります。
ステアケースを上った後にリアが走ってしまい何度か怖い思いをしました。他人のマシンで。。。(笑)
そんなこんなで、しばらくは1でガマンでした。

そのレスポンスも徐々に慣れてきて「そろそろ良いかなぁ・・・?」。
ということで、今月からハードな『2』にして乗り始めました。
低いステアからだんだん身体を慣れさせていきます。
こんな程度の高さでも、考えながら20~30回もやっておくと、その日の調子が良い感じになるから不思議。
ハテサテどうなりますやら。。。

2011/04/06

被災地岩手から

おやぢも自分の行動を考えて、考えて、考えて経済が上手くまわるようにしていきます。

2011/04/05

電動アシスト自転車

Img_2808

初の電動アシスト自転車。

バイク乗りなので、やっぱりY社でしょう。

2011/04/03

4/3猿練 ステップ荷重

肩が痛いので、ハンドルに力が入りません。
変な格好や方向に力を入れると激痛が。。。とほほ
しかし、軽く引く程度なら痛みはなく、楽しくライディングすることができます。
そんな訳で、いつもよりステップの踏み変えを意識してライディングしました。

曲がりたい側のステップを踏んでマシンを倒してキッカケをつくり、内側の脹脛とフレームの密着度を意識しながらターンします。
ターン中は両ステップでバランスを取り、反対にターンするときは内側の脹脛でフレームを押しつつ、外側のステップに踏みかえるとマシンが反対に倒れるので、ハンドルが左右入れかわります。

とは言っても、タイトなターンはハンドルをこじって、腕に力が入り、上半身がガチガチになってしまうおやぢでした。しくしく

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ゆかいな仲間たち

お世話になってます

2019BETA EVO 300st

  • 1902034
    2019年から主力マシンです。

2013Factory300

  • 相模川
    2019 BETA EVOとスイッチ。贅沢にもサブマシン。

TLR200

  • 2015-03-01
    ツインショック大会のためのマシン。メンテナンスが楽しい。

GASGAS RANDONNE

  • Img01718
    出番は少ないのですが、公道を走れる唯一のナンバー取得車です。
無料ブログはココログ