フォト

« 猿練2/9 連続モーション | トップページ | RTLのリアホイールをTY-Sへ (続編) »

2011/02/10

RTLのリアホイールをTY-Sへ

293_2

前回の続き。
右のカラーは1.2mm削ったもの。左はノーマル。
削ったカラーはブレーキ側へ、ノーマルはスプロケット側へ装着します。
で、どうしてなのかTY-Sのカラーはキツキツ。入れたら最後、外す時にかなり手こずりそう。
事実、このTY-Sにもともと付いていたカラーを外すのはかな~り大変でした。しかも左右とも。。。
なのでサンドペーパーを軽くかけちゃいます。

295_2

付けてみるとキャリパーのほぼセンターにディスクがくるようになりました。(幸)

294_2

ホイールのセンターを右に移動させて、タイヤとチェーンカバーの干渉を解消します。
始めと終わりを間違わないよう任意のスポーク一本(左右1本づつ)に目印のタイラップを付けておきます。
おおよそ4分の1回転左側のニップルを緩め、同じく4分の1回転右側のニップルを締めていきます。
ホイール一周してもまだ足りません。結局はホイールを2周して、最後に振れを修正して、スプロケットを交換して作業は終了。ディスク板はそのまま使います。

週末のクリーンアップが楽しみです。

« 猿練2/9 連続モーション | トップページ | RTLのリアホイールをTY-Sへ (続編) »

TY-S125F」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 猿練2/9 連続モーション | トップページ | RTLのリアホイールをTY-Sへ (続編) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

陽気な仲間

無料ブログはココログ