« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011/02/26

ステップ

110226

標準のステップだと、穴が広がっているのか、先端が垂れます。
気持ち悪いので、RTLのステップに換えました。このステップは元が溶接で盛ってあって、若干先端が上がるようになってます。おやぢ好み。。。
幸いキックペダルと干渉しません。

ただし、このマシンはキックペダルが加工されているようなので、他車では不明です。
こちらを参考にすると良いかもしれません。

2011/02/23

小顔

色白の小顔になりました

Img_4039

Fブレーキ4ポット化

TY-S125Fに標準装備されているフロントブレーキは2ポットキャリパーです。
効きは悪くはないのですが、BETAと比べてしまうと考えてしまいます。我が家へ来たときにはすでにフローティングディスク化されていたこともあって、この際4ポットをおごっちゃいました。
キャリパー・ホース・マスターの一体をモンテッサに乗っていたときから在庫していたので、それを付けちゃいます。

Img_4031

ピストンの動きが渋かったので、まずはお湯に浸けて、ハンドソープと歯ブラシで掃除

Img_4032

オイルを吹いてモミモミ。。。

Img_4034

パッドはEVOに付けて気に入ったJITSIE RACEをチョイス。
フロントだけね。。。

Jitsie

取り付け完了でっす。無加工で付きました。

Img_4036

めでたし。めでたし。

2011/02/21

猿練2/20 振り振り

ところかまわず無闇?に振っていると、振りやすいところと振り難いところがあるのに気が付く。
すると "ここにフロントタイヤがきたら振る"。とか、小指くらいの石でも"この石にリアタイヤが当たったら振る"と決められるようになってくる。

何もないところで振るよりも振りやすくなるような気がする。。。

続く

2011/02/20

クラッチマスター

きょう集まったBETA乗りたち。偶然にしてもこの数って・・・。

Img_4003

Img_4004

Img_4005_2

Img_4007

Img_4008

Img_40091

このマシンだけが左右ともグリメカです。。。

2011/02/17

水練2/16

20110216

水練の会場は土に丸太がメイン、月曜日に降った雪がまんま残っていて、それが霜柱とのコラボレーションでテュルッテュルッ(最上級)の滑り具合。
まぁ、それを期待して来たんですけどね。。。
歩いていても「いつ転ぶか!?」でドキドキもの。それでも15名の参会者がいて、スクールは大盛況でした。

201102161

今日の課題は「トラクションのさせ方」。
そんな路面状況ですから、滑ってまともにフロントが上がりません。が、それでもそりなりな走り方はありまして、山口さんが丁寧にレクチャーしてくれます。
膝を斜め前下に入れて、トラクションさせつつ、ハンドルを身体全体で引きながらマシンを押し出すという文章にすると矛盾するようなことをすると、、、「あら?不思議」上がらなかったフロントが障害物の上まで上がります。
しかし、そう簡単にはできるわけではなく、不用意にアクセルを開けてしまったり、タイミングが合わなかったりで、障害物に激突。
速度が出てないので、痛い思いはしませんがイラッと。。。

応用編はフローティングの土管・ドラム缶越え。
焦って上半身が内側に入ってしまうか、アクセルの開け過ぎでトッ散らかるか、スッポ抜けてフロントが上がりません。
実はライン取りも大切でして、このあたりの見極めも難しい。

異常乾燥注意報を良いことに、ハイグリップのところをアクセルで誤魔化していた昨今。チュルチュル滑る路面で化けの皮が剥がれてしまった一日でした。

*上の画像は午後のもの、朝は一面雪でした。下の画像は別の日に撮ったもの。こんな感じです。

2011/02/14

デカール張替え

110213

ザリザリになったFフェンダーのデカールを張替えました。

  1. ヒートガンで温めながら剥がします。
  2. ザリザリになったフェンダーは200番くらいのサンドペーパーで削ってから、専用のフエルトで仕上げます。
  3. 脱脂した後、デカールもフェンダーも温めてから張ると凸の部分がきれいに張れます。
  4. 最後に全体を温めて終了です。一日もそのままにしておけばOKです。

クラッチ交換 その2

Tyscluchpush1

TOM'Sの押すタイプに変更。BETA EVOやRTLには及ばないが、かなり良くなった。
軽くなったし、半クラッチのタッチが良い。

例えば、砂場や河川敷などのオフキャンバーで、半クラッチを使ってゆっくりターンする場合ギクシャクしなくなった。
地を這うおやぢのトライアルスタイルではクラッチ性能の影響が大きいですね。

その気になってしまい、チームZがトライしていたセクションで失敗。坂から転げ落ちるときに根っこに腿を強か打ってしまった。しくしく

2011/02/13

エンジンオイル交換

110212

800ccから徐々に継ぎ足し、840ccでゲージに届いた。

善し悪しは分からないけど、不満は無かった。

2011/02/12

山梨県大会第1戦 嵐山カップ(画像追加)

20110212

明日は山梨県大会です。参加しないけど。。。
昨日の現地の画像(駐車場隣の岩場セクション)を見る限りでは、行かれる人はチェーンの携帯をお勧めします。

2008年2月の大会を思い出しました。とほほ

2011/02/11

フロントフォークオイル交換

Img_3993

左右とも同じ。
オイル量、約300cc。
油面、140mm。

今回油面を130mmにしてみた。結果は後日。。。

RTLのリアホイールをTY-Sへ (続編)

Img_3984

実はチェーンラインが狂ってます。

Img_3980

Img_3981

ラインを合わせるとスネイルカムの位置が左右で違っちゃいます。

Img_3985

原因はこの隙間。
ハブが2mm狭いことに加えてカラーを1.2mm削ってしまったので、こんなことになってしまいました。

Img_3987

そこでホームセンターで買った内径16mmのワッシャーをスプロケット側のスイングアームとカラーの間に入れます。

Img_3989

隙間は無くなり、チェーンラインはほぼ真っ直ぐになりました。

2011/02/10

RTLのリアホイールをTY-Sへ

293_2

前回の続き。
右のカラーは1.2mm削ったもの。左はノーマル。
削ったカラーはブレーキ側へ、ノーマルはスプロケット側へ装着します。
で、どうしてなのかTY-Sのカラーはキツキツ。入れたら最後、外す時にかなり手こずりそう。
事実、このTY-Sにもともと付いていたカラーを外すのはかな~り大変でした。しかも左右とも。。。
なのでサンドペーパーを軽くかけちゃいます。

295_2

付けてみるとキャリパーのほぼセンターにディスクがくるようになりました。(幸)

294_2

ホイールのセンターを右に移動させて、タイヤとチェーンカバーの干渉を解消します。
始めと終わりを間違わないよう任意のスポーク一本(左右1本づつ)に目印のタイラップを付けておきます。
おおよそ4分の1回転左側のニップルを緩め、同じく4分の1回転右側のニップルを締めていきます。
ホイール一周してもまだ足りません。結局はホイールを2周して、最後に振れを修正して、スプロケットを交換して作業は終了。ディスク板はそのまま使います。

週末のクリーンアップが楽しみです。

2011/02/09

猿練2/9 連続モーション

きょうは午後からえんぢぇるちゃん、おじさんと3人で開拓。
昔に使っていたエリアが何年も放置状態だったので、開拓して楽しいセクションが沢山作れるようになった。
しばらくここで遊べそう。

課題は『何かした直後に何かをする。』一つだけの障害物なら、何てこと無いものでも連続で、しかも、バランスを取る場所が限られてくるとかなり難易度は増す。
動画は、丸太を越えた直後にフローティングで丸太を越えるもの。
この丸太だけなら何てこと無いし、フローティングで越える丸太の高さも大したことはありません。
ところが、上った直後にフローティングしようと思うとバランスを崩したり、上半身が内側に入って、思った以上にマシンが回ってしまったり、身体が前に入ったままでフロントが上がらなかったり、なかなか上手くできません。
だいたいが焦っているので、気持ちだけが先へ先へ行ってしまい、マシンが付いて来てくれません。
無理してアクセルで誤魔化すと先日のようにクラッチマスターを破壊することになってしまいます(涙)

これくらい止まってから次の動作に移れると良いんだけど。。。

えんぢぇるちゃんは上手いっす。連続で5回くらいクリーンしてたよ。

おまけ。
ラインを歩いてみました。

2011/02/07

キャブレターの怪

夕方くらいから不調になる。先週の日曜日からその症状が現れ水練のときは酷かった。
吹けは良いのだが、アイドリングしない。アクセルを戻すと、そのままスコンッと止まってしまう。
アイドルスクリューで何とか急場をしのいだが、アクセルのツキが悪い。
燃料がうまく来てない感じ。
プラグを見るとベットリ(まぁ、こんなもんですが)。まずは交換してみたが、効果なし。。。
エアスクリューを全閉から5回転戻しくらいまで試行錯誤してみたが結果は同じ。(老眼には辛い作業)
電気系統だったら嫌だなぁ。。。などと。。。

で、キャブをOHして日曜日、練習前に試走してみた。
キック一発で始動。ホッ
水曜日がウソのよう。昨日一日走ってもすこぶる快調。何か詰まっていたのかな?
もしかするとアイドルスクリューのネジロックの破片でも吸い込んで、それが悪さした?
原因は不明です。

ちょっと気持ち悪い。

2011/02/06

猿練2/6 フロントタイヤの位置

きょうはミロク山荘で月例コンペ第一戦だったのですが、お休みして、猿で練習です。
仮称「クリコロ坂」エリアにある倒木を移動して、草や笹を刈って、エリアを広げて、新しいセクションを作りました。
その倒木を利用してステアケースにしたり、枯れた丸太を積み重ねて既存のものを高くしたり、邪魔だった土管を移動したり、なかなか楽しいエリアになりました。

近ごろおやぢの課題は「フロントタイヤの当てどこ」。
常にフロントタイヤの当てる場所を考えています。いままでもそうしてなかったわけではありませんが"特に意識して"そのようにしています。

昆虫が獲物を物色するときに触覚で触ってから物体を確認するようなイメージ?です。
もし、食えなかったらその場でトライを止めてしまうので、トッ散らかったり、ブッ飛んだりすることが少なくなりました。ケガやマシントラブルは減っていると思います。

このことを意識した動画です。
木にフロントタイヤを当てにいくイメージでトライしました。

高くなった丸太のステアケースを右ターンしつつ、キャンバーターン、リアを振って、キャンバーを上ります。

イメージはリアを丸太の上まで飛ばそうとしてますが、まったくダメですね。。。

これはユタさんたちがやっていた8の字。(1月20日)
撮影で緊張したためかテイク5でした(苦笑)

2011/02/04

MJ、SJ

MJ=125

SJ=48

キャブレター脱着

Dvc00144

キャブレター脱着の際は、エアークリーナーボックスを外してしまった方が良いと思います。
そのままやろうと思ったら、特にこの時期はゴム類が固くなっていて大変。
あまり深く考えずボックスを外したら超楽でした。
ボックスはサブフレームに付いている4本のボルトを外せば、サクッと外れます。
これならボックスの掃除も簡単です。

それともみなさん、そうやっているのかな?

2011/02/02

水練2/2 (オフ)キャンバーターン

110202

第一水曜日は初心者対象でして、おやぢはみなさんのお邪魔にならないように、同じ課題をやりつつ、ちょっとスパイスが効いたものを作って練習です。
本日の課題は『キャンバーターン』。
キャンバーターンはキャンバーの角度、進入角度、助走距離などによっていくらでも難易度を変えることができます。
まして、途中に溝、根っこ、段差などの障害物があれば攻略の方法は無限。いくらでも練習することができます。

動画はY口先生ならリアを振らなくてターンできますが、おやぢレベルでは振らないと無理。下りて来て横に見るコンクリートのキャンバーは目の前にするとまるで壁、アクセルを開けことに躊躇いが。。。
目いっぱい腰を入れて、上を見上げれば(見上げることにより上体が後ろにいくのでリア荷重ができる。)何とか行ける。
リアのトラクションを探しつつ(限界はいきなり来るので怖い。)、自分ができる限界の進入角度を探しながらの練習でした。

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ゆかいな仲間たち

お世話になってます

2019BETA EVO 300st

  • 1902034
    2019年から主力マシンです。

2013Factory300

  • 相模川
    2019 BETA EVOとスイッチ。贅沢にもサブマシン。

TLR200

  • 2015-03-01
    ツインショック大会のためのマシン。メンテナンスが楽しい。

GASGAS RANDONNE

  • Img01718
    出番は少ないのですが、公道を走れる唯一のナンバー取得車です。
無料ブログはココログ