« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010/05/31

新潟県トライアル大会第1戦 魚沼①

新潟県大会とは言っても、会場は関越自動車道の小出ICからすぐなので、都心からでもアクセスは良い。片道240kmうち200kmは高速道路、疲労度はかなり低い感じ。
2007年に一度参加したことがあるところなので、少しは勝手がわかる。
会場は自然をふんだんに利用したダイナミックなセクションが多い。特に土の斜面は天気に大きく左右され、一週間前から天気予報は気になっていた。幸い当日は曇りのち晴れ。気持ちよくヒルクライムすることができました。

で、当日早朝出発にするか? 前日から行くか? で悩みましたが、どうせ前夜はソワソワして寝付けないだろうから、SAでのトランポ泊を決め込み、それなりのグッズを仕入れて用意は万全。が、しかし、途中に健康ランドがあることをえんぢぇるちゃんから教えてもらったので、そこに決定。
前夜からの出発となりました。

18時に自宅を出て、練馬ICに着いたのが20時。そこから湯沢ICまでも2時間。まったく都心の土曜日の夜の渋滞は酷いを通り越し、惨いの一言。
自宅から練馬ICまでの28kmと練馬ICから湯沢ICまでの160kmが同じ時間なんですからね。
環状八号線よりは環状七号線の方が時間的に早い気はするんですが、工事渋滞なんぞあっていつもよりも余計に時間がかかりました。
「みんな何しに行くんでしょう?」なんて自己中的な思いが。。。

一般道は激混みでしたが、関越に乗ってしまえば渋滞することもなくサクサク目的地に進みます。

010529

きょうの目的地は『ゆざわ健康ランド』。湯沢ICからだと約7分、17号線沿いにあるのですぐにわかります。
特に近代的な設備があるわけでもなく、ちょっとひなびた感じ。可も無く不可も無い値段相応な健康ランドでした。
仮眠で2,200円、浴衣を使うようだったら200円のプラス。次回、利用することがあったらジャージを持って行くことにしよう。
露天風呂でしんなりして、ビールを一缶飲んで、仮眠室で23時過ぎにご就寝。
2時ころに人の出入で目が覚めたが、予定の5時までは気持ちよく寝られることができました。

5時40分に健康ランドを出て、国道17号のコンビニで買出しをしてら塩沢石打ICから関越に乗り、目的地の小出ICまでは29km。健康ランドから買出しの時間を入れても1時間で会場に着くことができる。おいしい場所にある健康ランドでした。
トランポ泊が苦手な人にはお勧めのコースかもしれない。

会場には6時半過ぎに着。すでに10台くらいのトランポが止まっていた。

続く。。。

2010/05/27

k練 5/26

リアを振ってステアケースを上る。(動画)

このときに一瞬のタメができないとボロボロになることは分っている。ビデオを観ても本人くらいしか分らない本当に一瞬のタメがキモになる。大会本番でこれができるか否かでその日の結果が大きく変わる。

タメを作らずになだれ込むとハンドルの引きは遅れるし、バランスを崩した状態で無理やりアクセルを開けるので、上がったときにあらぬ方向へマシンが向いてしまう。

そうなるともう収拾がつかず、ベタベタの3点がお決まり。最悪、転倒なんてことも。。。

そんなことになるくらいならいっそのこと足を付いて、落ち着いてから上った方が良い結果になることがあります。

さすがに練習のときはそうはしないけど、大会本番では減点を少しでも減らす対処方法のひとつです。

2010/05/26

フロントガラス割れる

1005261

先週の水曜日は無かったクラック。日曜日の朝に車庫から出すときに発見。二週間くらい前に高速道路移動中に石らしきものが当たった覚えが。。。それか!?

「伸びなければ大丈夫か?」なんて思っていたが、きょうエンヂェルちゃんに見てもらったら『即交換』と言われた。

冬だったら成長速度が早いらしい。(保険屋さんも言ってた)

そんなわけでディーラーに連絡し、おおよその金額を聞いて、車両保険に入っているので、保険屋さんにも連絡。

明日、入院します。

みんな仕事が早いや。

2010/05/24

代田村トライアルクラブ第一戦 マカベ

日曜日は代田村トライアルクラブのクラブコンペでマカベへ。
クラスはクラシッククラス(ビギナー)とチャレンジクラス(オープン)が当日に選べる。

おやぢはチャレンジクラスに挑戦。
マーカー規制されたチャレンジクラスでも、さらにスパイスの効いたラインにするために、架空のマーカーを置いてチャレンジするときがある。ダブルチャレンジクラスとでも言いましょうか。。。汗
もちろん、MFJの大会では絶対にそんなことはしないのですが、自分の好み?に合わせてラインを決めることができるのがここのクラブコンペの良いところ。また、その挑発?にのったり、のられたりするのが楽しい。

そんなことしたら減点を増やしてしまうけど、摩訶不思議なところでして、吸い寄せられるように難所へ行ってしまうわけです。。。
まったく自己満足の世界ですね。
っていうか、こういうセクション設定になっていたり。。。

この大会はクラス別で順位が付くわけでは無く、減点が少ない人が上位。順位よりも楽しんだ者勝ち的なところが代田村の大会の良いところです。
逆に順位を競うのもOKです。キッチリとラインを探して、オールクリーンを狙うのも良いと思います。
楽しみ方はいろいろ。その人が楽しければそれで良し。です。

最終セクションの出口の手前で転倒。厄落としができたと喜んでいるおやぢでした。
これで週末の大会は良い傾向になるかも(笑)

ケガもなく、マシントラブルも無く、心配していた雨も大会中は大したことなく、無事に終了することができました。

2010/05/22

口にものを入れて見ないでください

面白過ぎ(涙

特に水ものは厳禁です(笑

2010/05/20

水曜スクール5/19

1005191

きょうはターンがメイン。
いままでタイトターンだと思っていたターンは実はタイトでは無かった。(汗
180度くらいのターンでタイヤ一本から二本分の差があった。
ハンドルが切れ込んでくるので、ウォッシュアウトさせまいとクラッチ操作と荷重がシビアになるけど、フロントを振っていたところが振らずにターンすることができる。
これはアドバンテージ高い。
まだまだ頭が内側に入ったり、ウォッシュアウトさせてしまい、なかなか上手くできないけど、なんとかものにしたいテクニックです。

1005192

苦手なゴロゴロ石のところでのターンはゆっくり、丁寧に、膝を使えばなんと走れそうな予感。
それにしても練習の翌日、毎回膝が大笑いする。いままでどれだけ使っていなかったのか!?が良くわかる。
しかし、ぶっ壊れないように気をつけなれば。。。

実にターンは奥が深い。。。

2010/05/18

猿練②

kを後にして猿へ向かう2台。S川を下流へ急ぎます。
いつもの場所にはいつものメンバーがお店を広げてお待ちかね。
用意を済ませ、まずはまったりモード。先日の山梨県大会の反省会(おやぢのみ)。
いなさんからいただいた大会のDVD(チャンプ撮影)を見つつ、課題を模索。
やはり、いつものおやぢのペースよりもマシンの進め方が速いし、膝が入ってなかった。
アキラメオーラもかもし出し、どうみても前回の月例とは別人のようだった。ショッパイと通り越して塩辛かったよ。とほほ

まずは猿1sec(仮称)で超タイトなターンをフリフリでトライ。
えんぢぇるちゃんもいなさんもリア振りがサマになっている。おやぢのようなマグレでは無くモノホンだ。
そうこうしているうちにkから移動して来たゆたさんとPさん、それに通りすがりのS園さんがご来場。
国際級の妙技を披露していただいた。流石だ。。。

昼食後は下流へ移動してキャンバーターンの続き。

おやぢは前後の体重移動がド下手。
発進時は後輪に荷重し、上るにしたがって前へ移動しなければならないが、頭が前に入ったり、体重が後ろに残ったりでチクハグ。
みんながクリーンする中、何度トライしてもクリーンが出ないおやぢ。疲れてしまって、これ以上やっても危ないので降参したのでした。しくしく

久々に目いっぱい練習したせいで翌日は膝が大笑い。
この体力、どうにかせねば。

おわり

2010/05/17

猿練①

Img_32212

猿へ行く前に「軽くkで揉もう」ということで、えんぢぇるちゃんと朝からデート。。。

ここで左手人差し指をケガして以来だから早いもんで3年ぶり。
なんだか走れる場所が小さくなったような気がするのはなぜ??

きょうのテーマはキャンバーターン。
しかも途中に嫌らしい根っ子や岩があるラインを攻めてみる。
障害物の手前で肘を曲げる動作は『手前に引く』のか『振り込む』のか、はイメージの差。
おやぢ的には前者だとそのままマシンが外側へ膨らんでしまってNG。しかも、腰が引けて腕が伸びてしまうので、とッ散らかってしまう。
振り込むと言っても上の画像(右ターン)はイメージ程度、腕で引くよりも腰で引くのが良さそう。
下の画像(左ターン)はそれなりに振り込んでみたり。。。

ポイントは頭が内側の入らないことと、外側のペグに多く加重しないこと。失敗するときは8:2とか7:3の割合で外側を多く踏んでしまっている。そうするとマシンが立ってしまいスムーズなターンができない。
キッカケに内側のペグを踏むので、多少振り込むような動作をすることは、これを防げるような気がする・・・。
ただ、失敗すると内側に大きくターンしてしまい怖い思いをするが。

練習を終えたころにゆたさんとPさんが登場。
おもちゃ(私たちのこと)が居ると喜んでいましたが、残念でした。
これから猿へ移動してしまうのでした。

続く。。。

2010/05/13

バルブキャップ

Dvc00014

ゴム製のバルブキャップ。

これはなかなか優れものです。

ウニッと引っ張って外し、グリッとはめます。

いちいち回す必要が無いので、とても素早い。

エアーチェックは最低でも朝一に1回はするし、大会中はもっとだし、イラッとせずに済む。

ショップへ行ったついでに、、、または、ネット注文したついでに。。。

お勧めです。

2010/05/10

山梨県大会3戦 嵐山釣り堀

朝4時に起床。5時には出発。途中の釈迦堂PAで減量するのはこの大会でのお決まり(笑)
現地には7時まえに到着。前泊のS吉さんの隣に陣取ることができた。
セクションの下見の後はトランポでまったりんこ。
ミーティング後、前回のミロクのときにようにえんぢぇるちゃん、いなさん、S吉さん、それとプレスのちゃんぴよんたちといっしょにまわった。
この日の参加者は55名。1戦、2戦と比べると2倍近い数。来月の関東大会を考えてのことだろうか。。。
午前は奇数セクション、午後は偶数セクションなので55名が5セクションに集っている勘定。渋滞が予想されるので、早めにまわることにした。
午前中(ライディングが)不調だったおやぢのために午後はゆっくりまわってくれたが、そのために時間が足りなくなってしまった。申し訳なかった。
おやぢがブレーキペダルを折った時点で、バラけてもらうことに。
トランポに戻って、ペダルを交換しても、なんとかギリギリで時間内にセクションを消化することができた。

奇数セクション8:30スタート、11:30ゴール。偶数セクション11:30スタート、14:00ゴールだった。
連続トライ禁止、午前と午後てカード交換を要する。

◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇

1sec

1sec(1.3.3)
インして下り、沢に入る①。右ターンしてデンガラデンガラ上り②、岩を越えて右ターン、下って・上って③エンド。
①泥水化して底の石が見えないが、気にしすぎるとふら付く。
②右ターンでふら付き、ラインが乱れると丸い岩で滑って上れない。
③出口に斜め岩があって3回ともこれの餌食になったよ。とほほ

◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇

2sec

2sec(3.0.5)
インして激下り、沢に入り、右ターン、沢から岩を越えて①、上り②、デンガラデンガラしてエンド。
①勢い良く越えるとバランスを崩し、先の上りで済崩し的。ニッチモサッチモ
②左側からターンして行くラインもあるけど、嫌らしいところに岩が埋まっているので、出来れば右側をいっきに上りたい。
3ラップは出口直前まで何とか来れたので、超亀になったものの頑張っていたらエンスト(号泣)

◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇

3sec

3sec(2.2.2)
インして岩を越え①、デンガラデンガラしてから下る。沢に入って右ターン、上りつつ右ターン②してデンガラデンガラしてエンド。
①大会になるとどうしてもアクセルが開き過ぎる。すぐに閉じれば良いがトッ散らかる。
②身体が前に入っていたようでリアのトラクションがすっぽ抜けて先の岩の餌食に。。。しくしく

◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇

4sec

4sec(5.3.1)
インして下りデンガラデンガラ。左ターンして、斜面の途中にあるヒサシのように出っ張った岩を越えて①エンド。
①ここの越え方がキモ。左側から上がるラインもあるけど、ドタドタになる。クリーンを狙うならこの男ライン。

◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇

5sec

5sec(3.3.3)
インして丸太を越え、デンガラデンガラ上り①、下って、ダム型ステアケースの岩を越え、左ターンしつつデンガラデンガラ。
フローティングの右ターンでエンド。
①9点のほとんどをここで叩き出した。
この日の不調はこのセクションの点数で分かる。しおしお

◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇

6sec

6sec(0.2.0)
インして右ターン、石を越えて、左ターン、倒木を越えて、岩を越えつつ右ターン①、左ターンして斜め岩をフローティング左ターンしてエンド。
①ここで2点。しくしく

◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇

7sec

7sec(0.3.1)
インして斜面を上り右ターン、下って、右ターン①、岩を越えて左ターン、デンガラデンガラ走ってエンド。
①トッ散らかる。ここはクリーンセクションのはず。。。涙

◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇

8sec

8sec(2.2.2)
インしてデンガラデンガラしながら右ターン①、下って左ターン、空中丸太を越えて左ターン、岩のステアケースを上って、デンガラデンガラ下り、フローティング右ターン②し、二段の岩のステアケースを越えてエンド。
①ここは難しかった。
②先でトッ散らかる。

◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇

9sec

9sec(0.1.0)
インして二段の大岩を越えて、右ターン、岩に上り、ひたすらデンガラデンガラしてエンド。
転倒して足の付く場所を誤ると痛い思いをする。

◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇

10sec

10sec(1.3.3)本日のおいで難所セクション
インして岩を越え、右ターン①、ひたすらデンガラデンガラ走り、岩を越えて②エンド。
①どうしてもここで足が出る。
②丁寧に越えないと、大岩の複合なので、ハンドルが取られる。

◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇

結果は減点59点。32名中21位。
まったく乗れてない日だった。
原因は分からないけど、おやぢを見た人からは"アクセルと身体があってなかった"とアドバイスをもらった。
自分的には膝の入りが甘かったのでは?
とにかくバランスが悪い一日だった。
後半に立て直そうと奮起しても、どうしようも無かった。ココロが折れた。
ゴールデンウイークに乗れ過ぎて、その反動では無いか!?と思ったり。。。
先輩たちにもこんな日があると聞きます。
このことは忘れて次の大会のために練習しまっす。

リザルトNbresult

2010/05/08

蚊・ブヨ

Katori かゆくならなければ、こんな少量の血なんて、あげても良いと思うけど。。。

そろそろ蚊やブヨの対策が必要な季節。トランポに常備せねば。。。

2010/05/06

春合宿 嵐山釣り堀

100504

4、5日は嵐山(あらしやま)釣り堀で合宿。
都合によりどちらかの日帰りの方もちらほら。わいわいと楽しい練習会でした。

連休前は寒くてどうなることやら?
と思ってましたが、両日とも25度を越える絶好のトライアル日和?
真冬でも汗がでるトライアルですから、日なたで練習していると体力の消耗が激しい。慣れてないし。
いよいよ夏のトライアルが始まるのか!?と思ったり。。。

まずは前回山梨県大会で出た1secと2secの再現。
「難しい~」と言いながらサクサクとクリーンしていく参加者。こちらの意図が伝わらなかったようです(汗)
もっと揉んでもらうつもりだったのに。。。(苦笑)

暑いので、どうしても日かげのところでの練習になってしまいます。2日間通しても半分以上は画像のところで練習していました。
駐車場から近いし、なんつっても涼しい。

おやぢはギリギリ手前のステアケースの練習。
何かをやって、ステアケースの手前で停止。そこから上がる練習です。これはステアケースに対して焦らずに対処することができるようになりたいから。
焦るとどうしても上半身が前に入り、リアのトラクションがすっぽ抜けて、上れるものも上ることができなくなってしまう。
上手い人ほど、トラクションのかけ方と身体の使い方が上手く、最小限のアクセル量で上がることができます。
究極はトニー・ボー選手だと思っています。

夜宴は嵐山釣り堀の東屋を借りて、落人家とおやぢ、それと水曜練習会のF崎さん。
呑んで、喰って、先日の月例のDVD観て、笑って、反省して、グチって。。。
楽しい夜は続きます。
22時にはご就寝。このまま死んでも分からないくらい爆睡。気が付いたら朝だった。

2日目はほぼ同じ場所でターンの練習。
埋まった岩や石でフロントタイヤがひっかかるようにセクションを作る。こちらは思惑通りにそこで足が出る。
抜く人、振る人、様々ですが、その人の技量にあわせてトライしたみたい。
前日のステアケースの復習や別の場所へ移動してヒルクライム(といえるほど高くはないけど)の途中にある岩のやり過ごし方など、実戦に沿った練習ができました。

動画を観て反省するところはバランスの悪さ。それは予測が甘いこともあるだろうし、上半身・下半身の動きがバラバラだったり、集中力が欠けたりなど、いろいろだと思います。
運動神経は加齢ととも衰えると思いますが、衰えよりも練習量が勝ればまだ伸びそうな予感はします。
身体と相談しながら、頑張ろうと思います。

帰りは温泉でしんなりして18時過ぎに出発。
予想に反して小仏峠の渋滞は軽く、普段の週末よりも空いてました。
おかげで40分程度の渋滞ロスで帰宅することができました。
天気にも恵まれ、仲間にも恵まれ、愉しい黄金週間でした。

おわり

2010/05/03

フロントフォーク先端の変形対策

Washer3

今日は乗りっぱなしだったマシンのメンテナンス祭り。
洗車から始まって、オイル交換、リンクの掃除&グリスアップ、スロットルボディの掃除、RTLはあまりゆるむことは無いけどボルト&ナットの点検、レバー類のグリスアップなどなど。。。
いっぺんにならないと忘れそうなことを一通り済ませた。

フロントフォークの先端を岩などにヒットさせ変形してしまうとシャフトが抜けなくなることは先日レポートしたとおり。
で、その対策を。。。

Washer1

ホームセンターへ行って、適当なワッシャー類を探してみるが内径20mmものは外径も大きくて、見た目が悪いばかりか重いのでとても使い物にはなりそうにない。
無い頭をしぼり、いろいろと考えてみる。もしかすると自動車用のドレンボルトワッシャーで適当なものがあるかも。
カー用品売場で探してみたらビンゴだった。
スバル車用がピッタンコ!
少々薄いが文句は言え無い。ちょうど二枚で1セットなので、二枚使えば良いだけの話。

Washer2

付けてみたらなかなかどうして、シャフトの頭がツライチなったよ。これだったらヒットしても変形して抜けなくなるようなことはなくなるだろう。

明日、明後日の合宿が愉しみです。(^^)

2010/05/01

アクセル

0910282

クラッチ・ブレーキレバー、ブレーキペダル、フットペグ、それとアクセルは常に気になる操作系パーツ。
アクセルはニュートラルで軽く回ることが必須ですが、ライディング中はそんな状態でアクセルを回すことは少なく、ほとんどの場合、ハンドルを引っ張ったり、ねじったりしているはず。そんなときでも軽く回るように注意しています。

アクセルの戻りが渋いマシンは乗っていてすごく怖いです。
そんなもんで一ヶ月に1回は外して、掃除して、グリスアップ。
グリスはリチュームグリスを薄く塗り、メタルラバーMR20を軽くスプレーする程度。
あまり多く塗ると余分なグリスが出て来て、悪さをするので極薄くです。

連休は思いっきり乗るぞ!っと。d(^^)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ゆかいな仲間たち

お世話になってます

2019BETA EVO 300st

  • 1902034
    2019年から主力マシンです。

2013Factory300

  • 相模川
    2019 BETA EVOとスイッチ。贅沢にもサブマシン。

TLR200

  • 2015-03-01
    ツインショック大会のためのマシン。メンテナンスが楽しい。

GASGAS RANDONNE

  • Img01718
    出番は少ないのですが、公道を走れる唯一のナンバー取得車です。
無料ブログはココログ