« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009/06/29

帰り道の話

0906291 昨日は嵐山釣り堀でD村のクラブコンペだった。
その帰り道、渋滞情報を見たら、『調布IC付近で17kmの渋滞・小仏トンネル付近で30kmの渋滞』ということだった。「げげっ」これからさらに伸びそうな予感。そこでいつもの裏道を。。。

国道20号から大月の市内の渋滞を避け初狩で県道712号へ右折、都留へ向かう。
国道139号に出たら左折し、少し走って県道35号に右折して秋山へ向かう。
県道76号に出たら左折して相模湖ICから高速に入るのがいつものコース。しかし、この日は調布ICで渋滞しているので、右折して国道413号の道志道へ向かう。
道志道に出て、左折しようと思っても交通量が多くなかなか左折することが出来なかった。
「もしかして『青山』のT字路が渋滞してる?」と予想し、手前の県道64号に右折。
T字路になったら県道513を左折して、そのまま進むと国道412号にでる。
ここが渋滞することもあるけど、少し我慢していると県道520号にでるので、そこを左折。相模川の側道(土手道)を走り座架依橋に出たらいつものコースで帰る。
このルートで3時間30分。渋滞に突っ込んでもそんなに変わることは無いと思うが。。。
なんつってもサクサク走るので、精神衛生上とても良い。

2009/06/28

ブーツのソール交換

0906281_2 サンシャイントライアルの会場にジャペックスのサービスが来ていて、試着&販売をやっていた。
その場で渡せば送るための送料が節約できるので、大会終了後、洗ってからソール交換を頼んでおいた。
注意書きによると糊が安定するまで10日を要するそうな。

0906282フットペグの角で切ってしまったところの補修も頼んでおいた。

料金はこんな感じ。0906283

2009/06/27

2009 SUNSHINE Trial 3

090627 後片付けして---なんだか無性に寂しい瞬間---、リザルト見て、後ろ髪引かれつつ明日は仕事なので帰ることに。。。
来た道を戻り高速に入る前に給油。13km/Lの燃費にちょっと感動。山形蔵王ICから一路、浦和ICを目指す。
しかし、眠い。尋常でないくらい眠い。CDで歌いまくるが眠い。ほんの一瞬だけど、運転しながら寝言で目が覚めたよ、、、ぞっ

国見SAでKCKさんと晩御飯して、ここで解散となった。
おやぢは出来る限り自宅に近づこうとハンドルを握ったが、睡魔はほどなくやってきた。仕方なくPAで仮眠。運転中はあんなに眠いのに、寝ようと思うと寝られないジレンマ。
結局は30分くらいして再スタート。そんなことを6~7回は続けただろうか?
羽生PAで最後の休憩を取ったのが午前3時。ここでは1時間近く寝られた。夜もしらじら明け始め、朝の渋滞が始まる前に帰宅したくて、先を急いだ。
結局自宅に着いたのは5時。それから風呂に入って、軽く寝て、会社へ向かった。
こうしておやぢのサンシャインファイナルは終わった。

こういう大きな大会が無くなるのは悲しい。
原因は主催者の年齢だったり、行政だったりするようだけど、あいづや南牧が復活したようにサンシャインも復活してほしいと願って止まない一人です。
再開すれば、来年も出るぞっ!

終わり

2009/06/25

6sec なめ滝

You Tubeに動画があったので、拾ってきました。

2009/06/24

2009 SUNSHINE Trial 2

1sec(2)
土の斜面を2個上るセクション。
「1secでいきなりかよ!」と思ったのは会場に着いたその日。
駐車場へ上がる入口にあったので、嫌でも目に付く。
4stに乗っているとエンブレのことを考えてアクセルを閉じるタイミングが2stよりもちょっと遅い。
何も考えずに2stに乗るとほとんどの場合、テッペンでまくれる。
かなり気をつけていたつもりだったが、それは「つもり」でしかなかった(苦笑)

2sec(0)
つぶて石セクション。
最後の岩のステアケースがTLMだとちょっと高め。
「(この岩は)斜面・斜面」と言い聞かせながら、アクセルを開けると上がれたよ。
これで機嫌よくなったんだけど。。。

雨で写真を撮って無いので、思い出せない。
3sec(1)失念
4sec(3)失念
5sec(3)失念

06 6sec(5)
なめ滝セクション。
ツルツルに滑る一枚岩の沢セクション。
手前の超加速がキモ。加速が足りなくて途中でアクセルを開けると余計に滑る。足を付くと間違いなく付いた足が滑って転倒。そのままマシンとライダーが下まで滑落する。
マシンを絡まりならが落ちてケガ(大したことは無かったけど)した人も。。。
骨折の可能性も十分ある。こんなところにセクションを作るのはどうか?と思う。
こんな危ないセクションでトラブッてもつまらないので、おやぢは申告5点でトライはご遠慮させていただきました。

07 7sec(1)
じゃぶじゃぶ池セクション
正面の岩を上るラインと右からまわりこむラインがある。
正面はクリーンが狙えるが、失敗すると。。。
おやぢは当然、右ライン。
果敢に正面から挑戦して玉砕している姿はステキだぁ。

08 8sec(1)
写真は出口から。
インして正面の斜面を駆け上がるラインとインして左から回り込むラインがある。
おやぢは当然?回り込むライン。
キモの岩を越えて右ターンの下りが思ったラインをトレース出来てクリーンか!?
と思ったら、出口付近の岩にフロントタイヤを弾かれ、足が出てしまった。

09 9sec(5)
じんぱち君セクション
インして一瞬下って、細いラインを上り、右キャンバーターン、ここで速度を落とさないと、下った先が1m落ちて沢になっている。落ちるとちょっと厄介だ。
おやぢはここでフロントを振るも、思いのほか振れず着地したところに斜めの根っ子があって、そこで滑って転倒。もう少しで奈落の底へ落ちそうになった。
足を付いて着実に1点で抜ければ良かったよ。しくしく

10 10sec(2)
沢セクション
インして沢を走り、左の土のあるところへ、沢の中の倒木を越えて左ターンしてデンガラデンガラしてエンド。
最後のデンガラデンガラまでクリーンだったのに、出口付近の状況を見てなかったので、考えても見なかった岩にフロントタイヤが当り足が出た。

11 11sec(0)
インして沢に入り、フロントタイヤだけ岩を避け、リアタイヤがこの岩に乗るときに抜重するタイミングがキモ。
速度が速いとその先の土の斜面を上るときに膨らんでバランスを崩す。

12 12sec(3)
インして正面の岩を上がるラインと右から回り込むラインがある。
おやぢは迷わず右の回り込むラインを選んだ。そこまではクリーンで行けても、その先の岩群が複雑で、とてもクリーンが出る気がしない。

13_2 13sec(3)
本日のおいで難所セクション
インして斜めの大岩を越え、さらに斜めの岩を越える。
左ターンして最後の根っ子はリアが振れないと無理。例え振れても、切り株と木の根の間を抜けるには相当なテクを要する。おやぢはそこでバタバタの3点になってしまった。

ここで第1ステージは終了
132131  ランチコントロールは30分

ここのきゅうりは絶品でした。味噌付けて何本でもどうぞ!

14 14sec(1)
名物、「永泉寺の北の山」三段ヒルクライム。
申告5点にするつもりだったけど、適度に湿っていて過去無いくらいの好条件。
3速でトライ。最後の最後に足を付いてギリギリ上ったけど、超嬉しかった。

15 15sec(2)
沢の中をデンガラデンガラ走るのみ。
深いところ、浅いところが濁って分かりにくい。
こういうセクションは苦手だなぁ。
白バイの人たちがTLMで練習していることを考えると頭が下がる思いです。

16 16sec(0)
橋のところから沢に下りて、沢の中を走り、2個の斜面を上ってエンド。
最初の斜面の手前がゴロゴロで落ち着かない。
流れ込まなかったのが良かったか!?

17 17sec(1)
インして沢に入り、右に左に、最後に左ターンしてデンガラデンガラ上ってエンド。
テープ内を有効に使って、なるべく沢に入らないようにした。

18 18sec(3)
インして斜めに上がり左ターンして、斜面の途中にある岩を越えるところでラインを外し、その先の根っ子のキャンバーで足が出た。下ってターン中に2速で入れたつもりがニュートラルになっていて加速できず。足を付いて2速に入れ直し、先のヒルクライムを上るが焦っていたのでラインを外す。
倒壊したバラックの残骸の中に突っ込んだよ。しくしく

19 19sec(3)
インして右ターンしながら下り沢に入るが、内側のステップの踏み込みが足らず、膨らんでしまい狙ったラインを見失う。その先の沢が深くてはまってしまい、もがいてしまったよ。
今回一番荒れたセクションだったような気がする。
ギャラリーも沢山いたし。。。

191 リエゾンの途中にあるビューポイント。
天気も良くなったし、時間の余裕もあったし、楽しかったなぁ。
反面、残すセクション後2ヵ所。長編小説の読破間近にも似た感情。
ちょっと悲しかった。

20 20sec(3)
インして右キャンバーターンと左キャンバーターンの連続。
大岩を一気に越えられると楽だけど、ネチネチターンしているうちに「あれ?ラインはどこ?」とおやぢのメモリー不足。

21 21sec(5)
インして斜面のテッペンにある岩を越えるところで玉砕するパターン。
最後の最後でケガしてもつまらないので、ワキのラインを走るが結局は引っかかってバック。
最後のセクションでこれかよ!?
ちょっと消化不良気味。。。しおしお

成績は47点で、完走者131名中84位でした。

続く。。。

2009/06/23

2009 SUNSHINE Trial 1

いつもだと会場へは福島飯坂ICから下道で行くが、1000円乗り放題の恩恵を受けて浦和ICから一気に山形蔵王ICまで行くことに。
途中の佐野SAで落人夫婦、KCKさんと8時に待ち合わせ。それに合わせて自宅を6時に出発した。
おやぢは湾岸から首都高中央環状線が好み、いつものコースをハイペースで佐野SAを目指し走る。
平井大橋あたりでラジオから東北道「久喜IC付近で事故渋滞7km」のアナウンス。
事故渋滞で嫌な思いをしているので、迷わず安行で首都高速を下りた。それが間違いの始まり。
浦和IC付近の側道で渋滞に巻き込まれたときに流れたラジオの渋滞情報から「渋滞15kmそこを抜けるのに30分かかります。」のアナウンス。
失敗した!そのまま渋滞に突っ込めば良かった。
結局は久喜ICに入ったのが待ち合わせ時間の8時。佐野SAに着いたのが40分遅れだった。すまん。

その後、渋滞はところどころであって、さくりんぞうさんと待ち合わせる安達太良SAには1時間遅れの11時を少しまわっていた。
乗り放題1000円の効果は凄いね。渋滞もそうだけど、どこのPAもSAも車両でいっぱいだった。レストランも、売店も、トイレも人人人でてんこもりだった。
その後、国見SAで昼食を取ろうにもここのレストランも激込み。仕方なく、露天のジャンクフードを腹におさめた。

宮城県側は薄暗い曇天だったけど、奥羽山脈のドデッパラに開いた笹谷トンネルを抜け山形県に入ると空が一転、明るくなった。
まもなく山形蔵王ICを下り、山形市内のスーパーで買出し、現地に着いたのが15時だった。
いつものアスファルトの駐車場はハーモニー・トレッキング参加者の車両でいっぱい、私たちはその下の第二駐車場に案内された。
下が固い土なので、虫の多さを除けばオーニング用のペグも入るし、反射熱は無いし快適だった。

01 マシンを下ろし、簡単な整備をして車検を通し、温泉に向かった。
しんなりしていたら静岡からトレッキングクラスに参加のヒロくんとその仲間とバッタリ。縁がある人って、こういう偶然があるんですよね。不思議。しばし露天風呂で快談。

会場に戻って夜宴の準備だ。ちょうど隣にARTのメンバーが陣取っていたので、行き来しつつトライアル談義以外で盛り上がる。
こういうのもツートラの楽しみのひとつ。
ほかに知り合いはいないか?と上の駐車場をウロウロしていると、先ほどのヒロくんのベースキャンプを発見。
発泡酒、ご馳走様でした。
そんなこんなでその晩はいろいろなところで盛り上がり、楽しい夜は続く。が、明日のことを考え22時前には床に着いた。

00 午前2時ころ、雨音で目が覚める。
「朝には止んでくれぇ」という願いも虚しく、止むことは無かった。
上下の雨具を着込んでいると暑い。蒸れる。下だけでも脱ごうということでトランポまで坂を往復。よけいに暑い。
7時からライダーズミーティングをして順次雨の中を出発した。

続く。。。

2009/06/22

サンシャイン

0906210 途中のSAで仮眠とっていたら、帰宅は今朝の5時になってしまった。
風呂へ入ってリセットし、軽く寝て出社です。

写真はコース上にあるビューポイントでKCKさんと。
午後から急速に天気が快復して、気持ちよいツートラになりました。さすがサンシャインマジック、朝の雨がウソのよう。

続く。。。

p.s.コメント制限は解除しました

2009/06/19

明日から

サンシャインです。
留守の間はコメント制限しておきます。せっかく書き込んでいただいても、反映されませんので、ご注意ください。

では~~

2009/06/18

ブーツの底

090618 足を向けて、ごめんなさい(笑)

きのうはブーツを洗った。
洗車のときにいっしょに洗車ブラシでゴシゴシと。。。
ふっと底を見ると右足のブーツにダメージが。こちら側はリアブレーキを操作するからだろうか、ちぎれてヤバめ。
水の浸入は無いがツートラから帰ってきたら入院になるかも?

内側よりも外側(特に丸く囲んだところ)の消耗が多く、フットペグの端に乗っているのが分かる。その割にはマシンが傾かないのは腕に力が入っているからなのか? 理解に苦しむ・・・。

しかし、以前には無かった現象。少しは上達していることを祈りつつ。

続く。。。

2009/06/17

サンシャインの準備

0906171 きょうはサンシャインに参加するための準備。

まずはナリタさんのところでプラグとバックミラーをゲット。
成田さんは忙しそうだったので、亮さんとチスパ談義。

その後、中学の後輩の店で自賠責1年に加入。
帰りにヤシの実系のお店に行くも、ほしいものが無く、これで買う物は終了。

自宅前で2stオイルの噴射量を調整して、ミッションオイルを交換。ゼッケンを取り付け、各部に異常が無いか点検して、試走してきょうは終わり。
後は、本番を待つのみだ。

2009/06/15

関東トライアル大会第4戦嵐山釣り堀

きょうはエンヂェルちゃんが関東戦を観戦するということで、同乗して会場へ向かう。
運転してもらったので、とても助かっちゃった。

会場には06:45着、すでに奥の駐車場はいっぱいで、手前のパラグイダー?の離発着場の近くに陣取る。
マシンを下ろし、用意を済ませ、エンヂェルちゃんとセクションの下見に。。。
きょうのセクションはハードな予感、人工的に積み上げた岩が出口付近にある8secは勝負セクションなんだけど、その岩が崩れると明暗が分かれるので見極めが難しいセクションだった。
セクションは前回の県大会をアレンジする。と主催者の杉山さんが言っていたが、アレンジどころかベツモノじゃん。てな印象。はたしてドジョウは二匹いるのか!?

スタートは09:00、ゴールは14:30の持ち時間5:30。参加者は100名オーバーなので、渋滞は必至。あまり考えている時間はない、休憩は順番待ちで済ますことにした。
10セクションを3ラップ、ラップ毎のカード交換になるので、連続トライは不可だ。

01 1sec(1.1.3)林道の一番奥のセクション
インして砂地を右ターン、段差を上り、岩を越え①、直後に左ターン。下って岩②を下りて、右ターン③、丸太を越えて、最後に斜めの大岩を越えてエンド。
①ここがキモ。右側の岩にフロントを乗せ、左に振り上げるようにすると先の岩にフロントタイヤが取られない。
②ラップ毎に変わる4個の岩、厄介だ。下りた直後に低いけどフロントタイヤが引っかかる岩がある、落ち着いて処理すればよいが焦っていると。。。
手前を回って倒木を越える人もいたけど、おやぢにはスキル不足。

02 2sec(0.1.3)林道沿いのセクション
クリーンセクションだと思っていたのに。。。チッ
インして、岩&丸太を越え①、ザクザク&デンガラデンガラの上り、下って、岩を回りながら越えて②エンド。
①下りた直後にフルブレーキが掛けられれば良いが、流れで走って失敗。
②クラッチで上がるとマシンが進みすぎ、正面の岩に刺さる。もっともっとボディアクションを。。。

03 3sec(0.1.0)丸太センション
県大会とは逆周りだった。
インして下り、上りながら埋まった岩を気にしつつ①、倒木を越える。直後にまた丸太を越え、左フルロックターン②。
倒木を越え、また、倒木を越えて、下って、上って、右ターン、下って、左ターンしてエンド。
①気になるけど、気にしないのが良かったようです。
②落ち着いてフルロックターンできれば、振る必要は無いと思うが。。。
倒木の連続でとにかく落ち着かないセクション。水が無かっただけラッキーだったとおもう。

04 4sec(5.1.0)本部に一番近いセクション
ここもクリーンセンションだとおもっていたのに。。。しくしく
インして岩を越え、右フルロックターン、デンガラデンガラ走り①、下ってS字。細いラインの上りを上がりエンド。
①1ラップでは足を付き、再発進のときに最後の岩でハンドルを取られて転倒。2ラップでもここで足が出た。
3ラップで気が付いたがライン取りが間違っていたようだ。

05 5sec(1.2.3)金川に下りるセクション
インして斜面を下り、直後に岩を上り、デンガラデンガラ走る①。岩を下りて川に入り左ターン、斜面を上って、大岩のステアケースを越えてエンド。
①両サイドが無いので、下手をすると川へタイブするか岩に落ちて痛い思いをすることも。。。こういうのは苦手意識が強い。体力がなくなるとハンドルの押さえが利かず、暴れるマシンに翻弄させられたよ。

06 6sec(5.3.3)5secの正面。本日のおいで難所セクション
クリーンって何?
インして、デンガラデンガラ走り、斜め岩を越えて①左ターン。右ターンしてデンガラデンガラ上り、大岩の先で右ターン、下って、発射台のような斜め大岩から発射!
斜面を上ってエンド。
①インしていきなり転倒。近ごろ足を付かないようにするために足が出るタイミングが遅れる。

07 7sec(1.5.3)
インして下り、大岩を下り(落ち)る。直後に左ターン、斜面を左ターンしながら上り①、右ターン。岩群のステアケースを越えて右ターンし、下り、左ターン。斜めの大岩に乗って②左ターンしてエンド。
①2ラップはここで転倒した。頭が入り、腰が切れて無かった。と後で猛省。こういう簡単なところでポカするクセを治さねば。
②どうしてもここで足が出てしまう。ここに来るまでに疲れてしまって操作が雑になっているんだと思う。

08 8sec(3.3.3)
インしてデンガラテンガラ上り、右ターンして下る。ステアケース①を上り、さらに上り坂②、岩の段差を左ターンしながら③上り、最後の岩も越えてエンド。
①アクセルを開けて勢いで上ろうとするので、上ってからトッ散らかる。上って右側へ行きたいが、そのラインを狙うと岩の下にある斜め岩の餌食になってマシンが思った方向とは逆を向く。左側を上がることになるが、②に途中にある岩が厄介。押して押して体力を消耗する。
③ラップ毎に崩れて上りやすくはなったが。。。

09 9sec(1.2.3)最近良く使う奥のセクション
ラップを重ねる毎に岩が動き、難しくなっていった。
インして大岩を越え、直後に左ターンし、ガラガラザクザクしたところを上る①。下って沢に入り右ターン②し、岩を越えつつガラガラしたところを上って③エンド。
①斜め岩が出てきて、この岩で滑り、上りで苦労している人がけっこういた。
②思ったラインで走れればその先でトッ散らかることは無いと思うけど、それがなかなかねぇ。しおしお
③止まって再発進に苦労したよ。

10 10sec(1.0.2)E本さんセクション 久々に会いました。
インして右ターン①、デンガラデンガラ走り、左ターンしながら岩を下る。更に下って、沢を右ターンし、ザクザクした斜面を上って②エンド。
①どうしてもここでうまくターンできなかった。
②このセクションはこの日ラスト前のセクションで、おやぢはかなり弱っていた。ハンドルにぶら下がった状態で上ったので制御不能に陥った。

結果は42人中16位のノーポイント。しくしく
ビールの祝杯も無く、寝込むほど猛省することもなく、悔しい思いをしつつ、普通に食事して寝たよ。む~ん

反省点
・ラップを重ねるごとに悪くなっている。
・体力(集中力)が続かない。
・ハンドルの押さえか利かない。
・クラッチ操作が雑になる。
・腰の切れが悪い。

2009/06/10

さる練

チームZが練習しているおやぢの難所。

先日の嵐山釣り堀の前にもエンヂェルちゃんとここで練習した縁起の良い場所?だ。
腰を引きすぎ、腕が伸びてしまいハンドル操作が満足にできてないことを教えてもらった。

きょうは、腰の引きすぎを注意しながら、岩井@組長とのコソ練のことを意識してマシンを倒し、腰を回してみたところ、以前のように外に膨れることなく、上ることができた。

プラグ

0906102 『セクショントライ中、エンストするようになった。』『アイドリングが一日を通して安定しない。』などの症状が出てきた。調べてみると3ヶ月以上使っている。

マニュアルには3コンペ毎となっているが、1ヶ月毎の交換にしていた。
それでも財布に優しくないので、『調子が悪くなるまで』と思っていたが、そのときが来たようだ。

ちょっと焼けすぎか?
ということで、ノーマルのエアーフィルターに戻してみた。結果は後日。。。

ブレーキペダル変形

0906101 こんな風に曲がります。

もうこうなったら踏みにくい、っていうかブーツの側面に当って邪魔になるので、修正します。

2009/06/08

ダウン

サッカーのウズベキスタン戦を見終わったあたりで腹がグルグルゴロゴロ。
その晩はトイレの往復でろくに寝ることができなかった。
6時にセットした目覚ましを解除し、ギリギリ10時まで様子を見たが状況は良くならなかった。

12時、食欲も無いし熱っぽかったので、測ってみると37.6度。「風邪か!?」と今ごろ気が付く。
重い身体を引きずって医者へ、「ウイルスが腸に来たようですね」ということで整腸剤などをもらって一安心。
医者へ行って安心したせいかとにかく良く寝た。昨晩は「昼間にあんだけ寝たら寝られないだろ」。なんて心配をよそに今朝までぐっすり。

練習はできなかったけど、これだけ寝られたらそれはそれで良かったのかも。なんて。。。

2009/06/03

コソ練

きょうは岩井@組長と午後から某所で練習。

反省点

  • ターン時にマシンの倒しこみが少ない。
  • 〃 〃  腰のキレが悪い。
  • 〃 〃  上半身が内側に入る。
  • アクセルにメリハリが無い。
  • 下りが早い。

2009/06/02

一葉さん、英世さんs、出張でっす。

Dscn2260_2 伸び悩むおやぢは、懲りないおやぢでもあった

2009/06/01

月例コンペ神奈川大会第2戦

090531 会場に06:30に着いたら、晴れていた。
天気予報とはずい分違う。でも、そんなにもたないだろうなぁ。などと。。。

いつものごとくカメラ片手にセクションの下見。
一見して、つり橋より下流がネチネチターンセンション。上流はイッパツものセクション。
という印象だった。
下見のときはいつものことだけど、『難しい・・・。』と感じるもの。それでも調子が良いときは『思っていたほどではなかった』ということもあるし、『その通り』というときもある。
で、今回は『思っていた以上』というセクションだった。

4secからインしたけど、(勝手に思っている)ライバルたちが5点を喰らっている。
走ってみると自分も3点ギリギリ。ちょっとした失敗が5点になる可能性大だった。
メンタルよわよわなおやぢはセクションをトライしていくうちに『クリーンを出しにいく』という意欲がポロポロと。。。
緊張しすぎも悪いけど脱力はもっと悪い。そんな一日だった。

上流に4sec、下流に4secの合計8セク。スタートは09:00、ゴールは13:00の持ち時間4時間。そこを3ラップ。連続トライOKだった。

01 1sec(3.3.3)昔からあるセンションらしい
インしてすぐに左180度ターン①、斜面を上って、下って、沢を走り、最後は左ターンして岩を越えて②エンド。
①は振らないと無理だと思うけど。。。
①でゆっくりまわっているとその後の濡れた土の斜面を上れなくなる。
②手前の岩が越えられれば良いがそれは無理。奥に斜面を走ろうとするとおっかねぇ。

02 2sec(5.3.2)土の斜面セクション
インして斜面を上り木を右に回り込み下る①、岩のまわりを左ターン②してから上り、右ターンして下る。
広いところで右ターンして根っ子③を越えてキャンバー走行または下ってオフキャンバーターン④。下ってエンド。
①をゆっくり下らないと②で回れない。
③ウエアーの泥はここででんぐり返ったため。2本目の細い根っ子で抜重しないと滑ってタイヤが空転、マシンだけがその場に残ってしまい、ライダーは谷底へ。。。
若干左に向いてから右ぎみに進入し、根っ子のところで止まらないと具合が良かった。
④キャバー走行に失敗するとマーカーを弾いていまう。安全を考えて下りてオフキャンバーで行くと滑って上れなくなる。

03 3sec(2.0.5)oniyuriさんセクション
インして斜面を上り、木を左ターン、下って右ターン①、岩を越えた直後に左ターン②、丸い岩のステアケース③を越えて右ターンしてエンド。
①埋まっている岩の向こう側にフロントタイヤを通すと良いと思う。
②手前でターンしている人が多かったけど、ライン一杯にフロントを通すと③の岩の手前の平らに岩に乗らなくて済む。岩を下りたところのターンは辛くなるけど、こっちの方が良いと思う。
③3ラップ目はこの岩でバランスを崩し、付いた左足でNBのマーカーを蹴飛ばしてしまったよ。しくしく

04 4sec(3.2.3)
インして斜面を上り左キャンバーターン、下って①丸い岩②を右に回りこみ、右ターンして上り③、左へ下ってエンド。
①が怖い。速度が落とせないと②に乗ってしまい、更に恐怖が。。。
③はラインが3本(くらいしか考えられなかった)あり、下から岩をS字を描くように逃げて上った。
後で聞いた話だと、左のオーバーハングの岩が楽だったらしいが。。。スキル不足。しおしお

------------上流セクション-------------

05 5sec(5.3.3)木を回るいつものところ
インして下り、上り①、洗濯板みたいな岩を左キャンバーターン。下って、岩を越え上りながら右ターン②。岩が点在する斜面を上って左ターン・右ターンして岩を越えてエンド。
①下見のとき、右に下るライン(難しい)を見ていたので、こちらのラインでは無いことを分かっていたが、ついつい。。。涙
②のターンで上半身が内側に入っていたんだと思う。でなきゃ、あんなに滑るわけが無いよなぁ。

06 6sec(3.3.3)砂防ダムがある対岸のセクション
インして沢を渡り、右ターンして、沢を渡り、細い岩の間をデンガラデンガラ上り、デンガラデンガラ下り、①ステアケースを下りた直後にデンガラデンガラ上り、右ターン。デンガラデンガラ上って、左ターンしてエンド。
①はステアケースを下りないラインもあるけど、先のターンが難しくなる。
こんなところをサクサクと走ってみたいもんだ。む~ん

07 7sec(5.0.1)対岸からスタートするバス裏セクション
インして上り、岩と木の間①をギリギリ左ターン。岩を下りて、沢を渡り、右ターン②しながらバス裏の亀石(仮称)を正面③から上って右ターンしてエンド。
これはクリーンセクションなんだろうなぁ・・・。
①ここのターンでポロっと足が出てしまう。
②目印の岩にフロントタイヤを乗せてから正面の岩に向かってアクセルを開けると案外行ける。
でも、かな~りおっかねぇ。岩井@組長とY星さんがサポートに立ってくれた。幸

08 8sec(3.5.5)一番上流のセクション
たぶん一生忘れることができないセクションになると思う。
インしてデンガラデンガラ、斜面を上った直後に右ターン、斜面を下って、岩を下りた直後に左ターン。岩を越えて①、斜面を上りエンド。
①3回ともここで撃沈。普通にクリーンセクションに見えたが、それが間違いだったのはおやぢだけだった。
他の人たちはクリーンを連発している。つーか、ここしかクリーンが出なかった。という人もいるのに。。。
悔しくて放課後に練習したら、岩に指をヒット。現在親指が2本あるよ。
で、最後までクリーン出ず。号泣

猛省
岩井@組長から当日言われたことだけど、チラ見してなかったようだ。していても不十分だったと思う。エンヂェルちゃんにも注意されていたのに。。。しくしく
ターンしてからステアケースとか岩とかはこれから行くところをチラッと見ないと、行きたいところへの精度が落ちる。今回ステアケースで失敗しているのはこれが原因。

結果は27人中15位。
もう涙が枯れました。。。

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ゆかいな仲間たち

お世話になってます

2019BETA EVO 300st

  • 1902034
    2019年から主力マシンです。

2013Factory300

  • 相模川
    2019 BETA EVOとスイッチ。贅沢にもサブマシン。

TLR200

  • 2015-03-01
    ツインショック大会のためのマシン。メンテナンスが楽しい。

GASGAS RANDONNE

  • Img01718
    出番は少ないのですが、公道を走れる唯一のナンバー取得車です。
無料ブログはココログ