« BETA EVO 2T | トップページ | チタンサイレンサー退院 »

2009/04/07

リア飛ばし

いろいろなステアケースがあるように、それを越える方法もいろいろ。
最初は低いステアケースを一度ブカシで越え、次は二度ブカシ。その次はリアタイヤをステアケースに当てる方法、当てない方法。さらにフロントタイヤを置く方法、置かない方法。そしてアクセルを開ける方法、開けない方法などなどなどなど。
ステアケースを越える組み合わせは、何通り・何十通りにもなり、レベルが上がるにしたがって、いろいろな方法で越えなければならなくなる。よく言われる「引き出しを増やす」ということなんでしょうね。

しかもそのステアケースが単品でできても、セクション内で使えなければ何の意味も無い。フルロックターンの直後にマシンが斜めの状態から、これらのステアケースを越えなければならいことは多々。。。
真っ直ぐに進入すれば簡単なものでも、斜めの状態から越えるにはまた別の引き出しが必要になる。
おやぢも早く多くの引き出しを身に付けて単品アホォーマンスから脱却したいもんです(できるのか?)。

これはベータさんのリア飛ばし。
エンジンに頼らず、全身を使ってリアを飛ばしているのがわかります。
下がえぐれているステアケースや、上から見て斜めの滑る岩などはこの方法で越えられると強い。

こっちはおやぢのもの。
一見良さそうだけど、フロントタイヤを岩に刺しているので、この岩が上から見て斜めだと横に飛ばされて、身体もマシンも痛い思いをする。最悪はフロントフォークのインナーがキズだらけになることも。。。(経験者談)
また、エンジン音からもわかるように駆動に頼っているので、加速するところが滑る場所だと使えない。しくしく

続く。。。

« BETA EVO 2T | トップページ | チタンサイレンサー退院 »

練習」カテゴリの記事

コメント

おお!これおいらの理想的なステアの越え方なんです。

ちとワープ入ってない?

◇おけけさん
 こんどいっしょに修行しましょ。

◇こくぼにゃん
 イスカンダルは遠いのぉ。。。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« BETA EVO 2T | トップページ | チタンサイレンサー退院 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ゆかいな仲間たち

お世話になってます

2019BETA EVO 300st

  • 1902034
    2019年から主力マシンです。

2013Factory300

  • 相模川
    2019 BETA EVOとスイッチ。贅沢にもサブマシン。

TLR200

  • 2015-03-01
    ツインショック大会のためのマシン。メンテナンスが楽しい。

GASGAS RANDONNE

  • Img01718
    出番は少ないのですが、公道を走れる唯一のナンバー取得車です。
無料ブログはココログ