フォト

ゆかいな仲間たち

陽気な仲間

お世話になってます

2019BETA EVO 300st

  • 1902034
    2019年から主力マシンです。

TLR200

  • 20220418tlr
    ツインショック大会のためのマシン。メンテナンスが楽しい。
2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 内山&真壁 | トップページ | 2008関東トライアル選手権8戦 マカベ大会 »

2008/10/15

第3水曜スクール

雨上がりの滑る土の斜面で練習してきました。
ネコで土の斜面は慣れているはずだけど、たまに走っておかないと忘れてしまうようで、今日は(も?)ボロボロでした。

緩やかな上り坂の途中にある直径30cmから50cmのヒューム管または丸太を満足に越えることができなかった。
原因はハンドルを上に持ち上げていることと、ステップの踏み込みが一瞬で、その反動でトラクションが抜けてしまうこと。

先生からのアドバイス&模範走行から。
・ハンドルは背筋力を測定する要領で引く。
・ステップを踏んだ後にすぐに膝を伸ばさない。
・リアホイールのスピンドルシャフトの上に身体があるように意識する。
・アクセルは開け過ぎない。

これができるようになれば、滑る路面で障害物を越えられるようになるだけではなく、上半身がかぶさる悪いクセも直るかもしれない。

« 内山&真壁 | トップページ | 2008関東トライアル選手権8戦 マカベ大会 »

練習」カテゴリの記事

コメント

原因が分かっているのに直せない。
でもって、原因の奥が深い。

奥の深いスポーツである...

>奥の深いスポーツである...

職人技の世界ですな。
飽きが来ない。
息が長いスポーツでもある。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 内山&真壁 | トップページ | 2008関東トライアル選手権8戦 マカベ大会 »