« 地味練 | トップページ | 裏道 »

2007/05/15

山梨県大会3戦 嵐山釣り堀

山梨県大会に参加するため、嵐山釣り堀へ。
春合宿をやったところなので、「今回はポイントが取れるかも?」などと甘い考えで参加したわけだけど、見事に惨敗。課題をたくさん残すことになってしまった。

今回は全部で10セクション。
9:00から11:30までに奇数番号をセクションを3ラップし、11:30から14:00までに偶数番号のセクションを3ラップするものだった。連続トライができないので、すべてのセクションを走り切るとルートを6周することになる。

今回、間違ってもクリーンが出ないと思われたのは5セクションと10セクション。
自分のスキルとは大きな隔たりを感じた。そこを優勝した人はクリーンを出しているわけですから、まだまだ修行が足りないことを痛感した。
5セクは川側の入口のすぐに右側にある。今回は上流側から川に入り、右ターンしてコンクリートの斜面を上るようになっていた。右ターンはホイール2/3ほどの水深があるため、ここで足を付かずに走ることは至難の技。手前でターンすると、底の石に阻まれる。それでもその石を越えても大回りになるため、コンクリートの斜面に上る角度がきつくなる。奥を回って水深を選ぶか?手前を回ってきつい斜面を選ぶか?である。クリーンを出している人は手前を回って斜面がきつくなる方をチョイスしてたな。相模川の2スパンを思い出せば良かった。と今、この日記を書いていて悔しがる。。。
10セクは一番奥の大岩のところ。最初に下って沢をターンして、沢の中をガシガシと走り、ザクザクのところを一機に駆け上がる。なんて言っても沢のターンが苦手なおやぢにとって、トッ散らかってばかり。まともに走らさせてもらえなかった。一度リズムを崩してしまうと、修正が効かないし、体力も消耗してしまう。
相模川のゴロゴロ石のあるところでターンの特訓が必要だな。

前半の奇数番号セクションは22点。この時点ではポイントが取れないものではなかった。
しかし、後半セクションが良く無かった。集中力に欠け、上半身が動いていない(後で知り合いから指摘された)。中でも悪かったのは上半身が前のめりになってしまうクセが出たこと。
リアタイヤのトラクションが抜けてリアが振れ、失速、バランスを崩してしまう。バランスを崩せば足が出る。足を付くと加重が抜けるので、トラクションが抜ける、の悪循環。。。
もっと落ち着いて、腰を落とし、リーンアウトで走りた~い。目標物に視線を移し、柔軟な膝でショックを吸収できるようになりた~い。

結果は47点。36名中19位だった。

« 地味練 | トップページ | 裏道 »

大会参加レポート」カテゴリの記事

コメント

ヤヤコシイ回り方なんですねぇ。
普通にラップさせた方が集計もラクだと思うのに・・

特有の地形ってーのはハマらないと苦労しますよねぇ
(沢系は特に・・)

・・
遅れ馳せながら・・IさんPオメデトー

年間通じて大会数が多いのが、ここ嵐山釣り堀なの。
得手・不得手とか言っている場合ではなく・・・。
練習あるのみでっす。

わんさん
ありがとうございます。
半分ずつ回るのは、そうすればオブザーバーが半分で済むからです。その分商品にお金を回してるそうです。
なかなか良いところですよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 地味練 | トップページ | 裏道 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ゆかいな仲間たち

お世話になってます

2019BETA EVO 300st

  • 1902034
    2019年から主力マシンです。

2013Factory300

  • 相模川
    2019 BETA EVOとスイッチ。贅沢にもサブマシン。

TLR200

  • 2015-03-01
    ツインショック大会のためのマシン。メンテナンスが楽しい。

GASGAS RANDONNE

  • Img01718
    出番は少ないのですが、公道を走れる唯一のナンバー取得車です。
無料ブログはココログ