« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006/11/27

MCFAJ 最終戦 道志の森キャンプ場

朝から曇天だったが、気分は良かった。というのも先週の練習で、思いのほか乗れたので、少々自信がついていたから。
あわよくば入賞なんてことも???考えていた。
そんな中スタート。3セクまでクリーンが続く。4セクの出口で1点付くが、気を取り直して5セクへ向う。
ここは沢の中を走るセクションで、最後に大きな岩---ダム型ステアケース---を越えて出口になる。
ここで自分が考えていたラインとは違うラインでクリーンを出したNさん。こちらの方がターンが楽になるので、急遽、ラインを変更した。これが失敗の始まりだとは知らずに。。。
結局は、最後の大岩の前ですでに4点を喰らっていて、気分はしおしお。でも、「こんなはずは無い。。。」と気を取り直し、6セクへ。
最初の滑る丸太は、何度が練習していので、問題なかったが、その次の次の丸太で引っ掛る。
最後のヒルクライムを前にして、すでに4点を喰らってしまう。とほほ
7セクはラインに乗れれば、そんなに難しくないセクションだが、ポイントになる上りの手前の沢で失速してしまい。ポツポツと足が出た。相変らず、焦ると悪いクセが出る。
”焦る⇒上半身が前にいく⇒リアの加重が抜ける⇒リアタイヤが空転⇒失速”の図式ができあがるという始末。
その後のセクションは2点、1点、クリーンで1ラップ目を終えた。

2ラップに入るころには雨も本降りになり、セクションが豹変。土の斜面なんぞは5点の連発。気持ちも5点になってしまい精神面の弱さもでまくり。
結局、3ラップを走り終えたときには68点(自己採点)---詳細を書くのも滅入る---という大叩き。
朝の自信は道志の森の沢に流されてしまったのだった。

反省点
総じて難所となるべきポイントはそれなりに走れたが、走れたときはその手前のアプローチが思っていたラインに乗っていたときに限る。バランスを崩し、あらぬ方向へ行ってしまうと修整が効かず、難所が難所になってしまう。
これは師匠のTさんにも、先輩のKさんにも言われ続けていたことだった。まだまだ修行が足りん。む~ん

2006/11/20

グランドチャンピオン大会 マカベ

061120
NAのチャンピオン大会だけど、NBもポイント取得者であれば参加することができる。
そういう大会なので、セクションはすごく難しい(私的には)。恐ろしいところは無いけど、厳しいターンの連続でNBのポントランカーですら、とても刃が立たないものばかり。三桁倶楽部員の続出だった。

個人的にはトライアルは平均2点/1セクションが楽しいところギリギリ。それ以上になると辛いばかりであまり楽しくない。終ってしまえば、そうでもないが障害物でバタバタしている最中は「どうしてこんなことを・・・?」と落ち込んでしまうほど(~~;;

今回はつちのこ隊長のメカニックとして参加。
マシントラブルの際の手助けや、ライダーの工具、水、着替えなどの私物を担ぎ、難所ではサポート(オブザーバーの許可を得る)を役目とした。
タイムキーパーをやったのはナイショだ。

結局は持ち時間を使い切り、失格になったとさ。
でも、すご~く楽しかった♪

もしかすると再来年に中部地区でグラチャンをやるかもしれない。そのときまで、練習に励もうぞ。

リザルトはこちらです。

2006/11/16

ハンドル幅

061116
振られたときに力が入るので、ハンドル幅は出荷時の815mmのままで使ってしたが、先日780mmのに乗った後、自分のマシンに乗ってみたら長過ぎのようだ。
アクセルワイヤーも、クラッチホースもギリギリ。だからアクセルの遊びは少々多めだ。

そこで、800mmに切ってみたところ違和感は無い。アクセルの遊びも少なくすることができた。
ちょっと嬉しい。

2006/11/13

わいわいトライアル大会

高座郡寒川町で営業するワキオートショップが主催するわいわいトライアル大会に参加した。
会場はミロク山荘。ここはゴロゴロ岩が多い河川敷のセクションで、苦手なところだ。
苦手なところでは悪いクセが出る。ターンを早く走ってしまうので、操作が雑になり、良いことがない。今日もそのクセが出てしまい、つまらないポロ足が多かった。
岩のセクションこそ、今のテーマであるメリハリのあるアクセルワークが必要だというのに、それができなかったので、結果はともかく納得はできていない。

8セクション3ラップで18点だった。一桁を目標にしたが、今回も達成することはできなかった。

2006/11/08

Fブレーキラインの構築

061108
COTA 4RTのFブレーキホースを細くて黒くて格好が良いRTLのものに交換。

そこで、イージーミスが。。。
サクサクっと作業してしまおうと安易に考えていたが、何度もエアー抜きの作業をしても、目一杯レバーを握らないとブレーキが効かない。とは言ってもロックするほど強力なものではない。
何となくエアーを噛んだような嫌な感触のまま2時間格闘。最初のうちに出ていた気泡が出なくなり、ウンともスンとも無く、状況は好転しない。。。

よ~~~く考えてみたら、マスタシリンダーを押すロッドの調整をやってなかった(滝汗)

2006/11/06

マカベで練習会

5日は再来週にマカベトライアルパークで行われるグラチャンのための練習に行った。おやぢはグラチャンには出られないので、冷やかし。。。
メンバーはK村さん・S田さん・S吉さん・私の4名。やっぱりNAクラスの人たちは上手いわ。手も足も出なかったが、得るものが多かったので、メモメモ。。。

・メリハリが足らない。
・ターンしながらの登りで上半身が内側に入ってしまう。


K村さんの280GASGASは低速はマイルド、開けると凶暴、でもって軽くて。良いわ~

2006/11/04

道志の森キャンプ場

昨日は道志の森キャンプ場でトライアルの合宿に参加してきた。ここには沢あり、長~いヒルクライムあり、土ありでいろいろなセクションが作れる。こんなに面白いところは関東には無い貴重なところなので、大切にしたい。

近ごろでは寒くなってもキャンプを楽しむ人たちが増えてきたので、この時期でもかなりなキャンパーがいる。小さい子どもが大勢遊んでいるので、いままでのようにテントサイト近くを走ってしまうと、キャンパーからキャンブ場にクレームが出そうだ。
ましてや、人身事故にでもなったら二度とバイクの乗り入れはできなくなってしまうだろう。
キャンパーの迷惑にならない奥までは、徐行し、慎重に移動しなければならない。

バイクに興味のないキャンパーにとって、私たちは迷惑な存在なはずだから。。。

それと、キャンプ場内の東屋は基本的にはバンガローの人たちのために用意されたものなので、利用を希望する場合は予めキャンプ場の許可を取っておいた方が良い。
勝手気ままに使うのでキャンプ場でも困っているようだ。

2006/11/02

メンテと徳を積む

0611021
0611022
昨日は変形してしまったドリブンスプロケットを同じ41丁のアファムに交換した。形状はもとより、刃先にもずい分と違いがあるもんだ。
左がアファム、右がノーマル。


0611023
0611024
午後は徳を積むために新横浜ラーメン博物館へ。
写真は熊本ラーメン『こむらさき』。同店お勧めの王様ラーメンは800円だった。
とんこつラーメンで麺は細麺。ブタ臭くなく、あっさりした違和感の無い味。スープが若干塩辛かったが、飲み干して完食。
入館料大人300円と駐車料金30分ごとに250円を必要とする。ただし、入館者には最初の30分は無料となる。

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ゆかいな仲間たち

お世話になってます

2019BETA EVO 300st

  • 1902034
    2019年から主力マシンです。

2013Factory300

  • 相模川
    2019 BETA EVOとスイッチ。贅沢にもサブマシン。

TLR200

  • 2015-03-01
    ツインショック大会のためのマシン。メンテナンスが楽しい。

GASGAS RANDONNE

  • Img01718
    出番は少ないのですが、公道を走れる唯一のナンバー取得車です。
無料ブログはココログ