« MCFAJ 第7戦 金勝山 | トップページ | 節約 »

2006/10/03

スコルパSY250F

0601001
写真はこの11月からデリバリーを始めるスコルパSY250F。
スコルパ社(フランス)から発売されるヤマハのエンジンを搭載した4stのトライアルマシンだ。
MCFAJの大会当日に会場(金勝山)で試乗会があったので、大会終了後乗ってみた。
その印象を
・カタログ数値ではCOTA 4RTより重いスコルパだが、乗って見るとその重さが感じられない。マスが集中しているのか?重心が低いのか?不明だが、振った感じなどはRev-3とさほど違いを感じ無かった。
・始動がメチャクチャ良くて、おまけにキックが軽い。女性にも軽々とキックできると思う。疲れたときのキックはボディーブローの様に効き、体力を奪っていくのでこれは助かる
・噂では『低速が薄い』と言われていたが、そんなことは無い。エンストすることも無く普通に扱えた。
これくらいの方が滑る路面では良いと思う。
・多少ではあるがココロが揺らいだ(笑)

*画像はtr-133さんからいただきもの。

« MCFAJ 第7戦 金勝山 | トップページ | 節約 »

インプレ」カテゴリの記事

コメント

自分も同じような感想を持ちました。
特にキックにはあっけないほどビックリ!
音もいいし‥COTAとはまた違った魅力を感じましたが、ボディがちょっと安っぽちぃかなと!
4ストもこれから楽しみですね~GASGASどうするんだろ?

”ゆっくり”ってほんとにむずかしい、
まだよくわかんないです。
本人ゆっくり丁寧に走ってるつもりがただダラダラ走りだったり、ある程度のリズミカルで速度が
要求される局面でなんか速度足らずにはまってみたり・・。
メリハリのメリとハリをどう使い分けるのか
これはたくさん走って覚えるしかないのでしょうね・・。

>tr-133さん
>GASGASどうするんだろ?

4st化がなし崩しになるという説も。
どうなるんでしょうね。

BETAはKTMのエンジンを積むとか。。。

>つっちー
このゆっくり走りができるようになったら、次のステップとしては上手い加速の練習をしようと思う。
ステップアップしていくと、助走の無いステアーケースが出てくるでしょう。そのための練習を。。。

某ショップでハカリに乗せたところ・・
バリバリ軽量化のRTL-Fで76kg
SY-Fで75kg
2stSYで73kg
だとか・・・
初回ロットからは考えられないくらいマトモに
なってるってなお話でした。>SY-F

やっぱりね。
いくら鈍感な私でも公表されている数値はウソだと
分ります。
友人がSY-Fを注文したので、いまから楽しみです。(をいをい)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スコルパSY250F:

« MCFAJ 第7戦 金勝山 | トップページ | 節約 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ゆかいな仲間たち

お世話になってます

2019BETA EVO 300st

  • 1902034
    2019年から主力マシンです。

2013Factory300

  • 相模川
    2019 BETA EVOとスイッチ。贅沢にもサブマシン。

TLR200

  • 2015-03-01
    ツインショック大会のためのマシン。メンテナンスが楽しい。

GASGAS RANDONNE

  • Img01718
    出番は少ないのですが、公道を走れる唯一のナンバー取得車です。
無料ブログはココログ